漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

春を抱いていた ALIVE 1

通常価格:
619pt/680円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.7) 投稿数249件
春を抱いていた ALIVE(6巻完結)

作品内容

春抱き新章スタート! 大河ドラマで岩城演じる信長が大ブレイク! それに便乗するかの如く香藤にも「信長」役のオファーが舞い込んだ。あざとすぎる企画に、即答をさける香藤。そんなある日、小説家の佐和とテレビ局で偶然再会。ところが佐和の人格が以前とは豹変しており戸惑いを隠せない香藤…。一方、岩城は撮影現場で佐和の恋人である雪人と再会する。佐和の庇護を断ち切って、ADとして働く彼。いったい二人の間に何があったというのか…!?

作品ラインナップ  全6巻完結

レビュー

春を抱いていた ALIVEのレビュー

平均評価:4.7 249件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0)
    いえちゃんさん 投稿日:2021/4/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 最後は、年取った二人が桜の木の下でたくさんの人に囲まれて花見してるのを想像してた。 幸せ胸いっぱいにして頂いて終わってほしかった・・ たくさん、いろいろ経て絆を深めてやってきた二人なのに・・・ こんな最後はない〜〜あの世じゃなくてこの世で幸せな二人を満喫したかった。 二人は幸せそうに死んでいったけどさっ、 私は涙ボロボロで満足ではなく怒りさえ覚えた。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 太陽と月のような二人
    すあまさん 投稿日:2021/1/27
    ALIVEは皆さんのレビューの絵文字を見て何となく予想がつき怖くて購入を躊躇っていました。やっと購入してからも最終巻は読みたいけど怖い…の繰り返しで数日経過。ようやく読み、伏線の見事さや二人の再会の美しさに本当に感動しましたが、それでもやっ ぱりこの先もずっとずっと大好きな二人を見ていたかったなぁ。今番外編を連載してるらしいのでその発売を楽しみにロスを乗りきろうと思います。新田先生、素晴らしい作品をありがとうございました! もっとみる▼
  • (5.0) さみしい
    ふーさん 投稿日:2021/1/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 春抱1〜14巻ALIVE1〜5巻は何度も何度も読み返していますが、ALIVE6巻だけは2回目すら読めません。 切なすぎて。 ずっとずっと幸せが続くと思いたかった。 続きを読む▼
  • (5.0) 恋愛とは
    ムーさん 投稿日:2021/1/9
    心のやり取りや、その時発する言葉にグッと引き付けられました。こんな風に相手の事を思って行動出来れば、、、できないから感動するんだと思いますが。絵も素敵なので、好きです。何回もよ見直してます。
  • (5.0) 終幕
    きょうすいさん 投稿日:2021/1/2
    無料版ではまって全巻20冊紙本購入しました。ラストは涙が止まらず。二人で歳を重ねていく姿をもっと見たかったけど、こんなにも愛する人に出会えた二人はやっぱり幸せだったんだと思います。二人が再会できた場面は本当に美しかった。
  • (5.0) 前作シリーズより深い!
    むにさん 投稿日:2021/1/2
    「春を抱いていた」の続編なのですが、 実は前作は14巻中4巻までしか読んでません。 でもこちら続編の1巻が無料だったので読んでみたら、 なんか続編の方が、深みがあって面白い! もちろん10巻分間が空いているので、話が分からない部 分もあるのですが、 登場人物の基本は入ってるので、ほぼ問題なく読めました。 恋愛関係や人間関係や仕事に関する、 複雑な感情と想いを(前作より)表現していて、 こちらの想像を越える感じでした。 BLを(レビュー書いてないのも含め)1500冊以上読んでいると、 だいたいどこかで見た想いの表現や展開になりますが、 なるほど、これは深い!と思うところが複数ありました。 個人的にクールなキャラが好きなので、 主人公どちらも比較的感情が豊かなこちらの作品は、 定価で即買いするほどではないのですが、 キャンペーン期間中に、複数巻買ってみよう〜と思いました。 ちなみに前作は発刊が古いので白抜きが全然ないのが素晴らしいのですが、 こちらは流石に白抜き入ってます。残念。 1巻196ページ、2巻184ページ。 もっとみる▼
スタッフオススメ!
  • 伝説のカップルが再び
    BL界の伝説の作品『春を抱いていた』の続編が帰ってきました……!年下ワンコな香藤×健気男前な岩城が繰り広げる恋はお互いをどこまでも想い合う愛で満ちており、思わず涙がこぼれてしまうこと間違いなし。そして変わらずな重厚なストーリーと繊細な心理描写には新田祐克先生の萌えがたっぷり詰まっています!
    制作:そのめろ
▲ページTOPへ