漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
魔法使いの嫁 1巻

魔法使いの嫁 1巻

通常価格:
550pt/605円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.4) 投稿数323件
魔法使いの嫁(15巻配信中)

作品内容

少女を金で買ったのは、ヒト為らざる魔法使い――……。羽鳥チセ15歳。身寄りもなく、生きる希望も術も持たぬ彼女を金で買ったのは、ヒト為らざる魔法使いだった……。新進気鋭の作家が描く、英国を舞台にした異類婚姻幻想譚が堂々、開演!

作品ラインナップ  15巻まで配信中!

レビュー

魔法使いの嫁のレビュー

平均評価:4.4 323件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) コアでマニアックなダークファンタジー。
    シマシマねこさん 投稿日:2020/3/15
    ああ、大好きwしかし、最近のレビューに「良さがわからない」という感想を書かれた方がいらっしゃって、なるほどなあとも思いました。『ドラゴンと勇者と魔法使い!心踊る冒険モノ』だとか『妖しくも美しい、異種交流が織り成す感動モノ』といったような陽の 気のファンタジーがお好きな方には、湿気を孕んだ暗い空気や、膨大で緻密な情報量からくる説明臭さなどが足を引っ張って、楽しめないという事はあるかもな、と。逆に、この仄暗いとこが好き!と言えるタイプの方にはたまらない魅力のある作品といえるでしょう。キラキラしくはないけれど地力の高い絵柄にはナゾの説得力のようなものがあって、知識垂れ流しの台詞の応酬や、ともすれば薄っぺらくなりがちな厨二全開の世界観を、根本からガッシリと支えている。当たり前だけど、やっぱりマンガって設定と画風の相性や画力の高さって大事なんだなぁー。 現時点13巻、少年少女たちとの触れ合いが楽しい学院編ではありますが、きな臭さも強くなってまいりました。今作品のファンの一人としましては、チカラはあるけれどヒトとしては足りないモノが多いエリアスとチセ、師弟二人の変化と活躍を末永く見守っていきたい所存であります。 もっとみる▼
  • (5.0) 癒される…
    あーたんママさん 投稿日:2014/9/11
    エリアスとチセが、ほのぼのカップルなので癒されました…(T-T) チセの幼少期、あまり幸せな生活を送ってないみたいですが、一巻のプロローグしょつぱなから、いきなり奴隷の人身売買?!と暗くなったのもすぐに魔法使いのエリアスに買われて、幸せな 毎日。 チセが、エリアスと共に幸せな夫婦になってほしいなーと願っています。 最初、悪魔?と思うようなエリアスの骨頭も、チセの目線だととても優しく見えていてこちらまで、幸せになります。 妖精の無邪気な残酷さや怪異との出会いの中で、チセが、大変な事になったらどうしようと思うこともありましたが、思うほどエグいことにもならず、残酷さを強調しがちな最近のどんなマンガとも違っているけど、私はこの作品がとても大好きになりました。 読むと幸せになります。私はね(笑) 早く続きがでないかな〜♪ もっとみる▼
  • (5.0) 穏やかなファンタジー物
    トリプルショコラさん 投稿日:2016/3/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 骨頭な魔法使いエリアスが、孤独な日本人の女の子、チセを競り落とし弟子&嫁にしていろんな人ならざる者達と関わったりする話…ですかね?(^-^; 女の子の生い立ち(特に父親と弟)、エリアスの過去も気になります! ドラゴンの国のネヴィンとチセとの会話が特に深くていい!! イギリスを舞台にしているせいか、これを読んでいる時はアールグレイの紅茶を飲みたくなりますw アニメ化もされたので観てみましたが、かなりこの原作に忠実に再現されています。映像表現と音楽、アニメとこちらの原作の読み比べも楽しめるかと思います。猫絡みの話は話が進むにつれて意外にグロい表現もあるのでグロ苦手な方は要注意です! 最新巻を読み終えてチセが可愛いくてキュンキュンしました次巻から新章突入でとても楽しみです!! 続きを読む▼
  • (5.0) 男性でも楽しめる女性マンガ代表作かも?
    出世千太郎さん 投稿日:2021/3/31
    最初は、シーモアの表紙ページからのジャケ買い(笑)で、後から女性マンガと知りました。 内容は、ファンタジーそのもので、題名から想像されるような、夫婦の日常みたいなものを描くほのぼのとしたものではなく、どちらかというと、おどろおどろしい 描写もある、わりと攻めた作品です。 ただ、内容の情報量が非常に多く、この作品の解説書?的な本も購入しましたが、ついていけませんでした かなり下調べをして作品を作っていることは伝わりました、十分過ぎるくらい(-_-;) 男性の描写が、いささか女性に都合がいいところが、女性マンガと言われる所以かもしれませんが、男性でも引き込まれる良作だと思います もっとみる▼
  • (5.0) 淡々と命の尊さと惨さを訴えかける
    しぃさん 投稿日:2019/3/10
    世界観が完全ファンタジーなので、現実と切り離して読めます 生と死に対しての考え方が、立場によって違う 命の定義がない魔法使いと、死に対しての恐怖心が薄いヒロインが、これから先、生きていくために、お互いを欲し、傍に居ることを選択します この時点で、やはり生に対する執着心や希望は捨てていなかったのだと感じました どのストーリーも、生死に纏わることばかりで、考えさせられます 淡々と、静かに死を受け入れることが、生きることにも繋がっていきます じっくり読み込んでいないと、小さく、少しずつしか進展しない心の変化に気付かず、展開を急に感じてしまうこともあるかもしれません もっとみる▼
スタッフオススメ!
  • これがファンタジー!
    「夜の愛し仔」(スレイ・ベガ)である、チセこと羽鳥智世が闇のオークションで異形の魔法使いエリアス・エインズワースに500万ポンドで落札され弟子になるところから物語は始まります。スレイ・ベガとは何なのか、魔術師と魔法使いの違いとは?魔法使いの弟子となったチセは今後どう成長していくのか、など今後の展開が気になることばかりです。何より作品の雰囲気にピッタリな綺麗な絵で現実世界には存在しない生き物や魔法が描かれており、まさにファンタジーといった作風でワクワクします!著者:ヤマザキコレさんの他の作品「ふたりの恋愛書架」もオススメです。
    設計:人参次郎
▲ページTOPへ