電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

文豪ストレイドッグス(21)

通常価格:
640pt/704円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.1) 投稿数136件
文豪ストレイドッグス(21巻配信中)

作品内容

吸血鬼増殖という世界危機を脱するため、欧州から日本に運ばれる封印されし異能兵器。すべての黒幕・福地にそれを渡してはならない――!! 探偵社、決死の奪還作戦の幕が今、上がる!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  21巻まで配信中!

  • 文豪ストレイドッグス(21)
    登録して購入
    通常価格:
    640pt/704円(税込)
    吸血鬼増殖という世界危機を脱するため、欧州から日本に運ばれる封印されし異能兵器。すべての黒幕・福地にそれを渡してはならない――!! 探偵社、決死の奪還作戦の幕が今、上がる!

レビュー

文豪ストレイドッグスのレビュー

平均評価:4.1 136件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) おいおいっと思いつつ見ちゃう
    いずみさん 投稿日:2021/9/14
    好きな文豪があっさりと出番が終わるとショックを受けますが、ついつい見ます。話が面白い。戦国BASARAが面白いと思うならばいけます。

高評価レビュー

  • (5.0) 最高!出会えて良かった!
    しりこさん 投稿日:2018/3/1
    アニメで見て、絵がとても綺麗で気になり始めて、今では全巻&グッズも買うようになり、どっぷりハマっています( 'ω' ) キャラクターは実際の文豪の特徴を掴んだ設定が多いため、国内外問わず文豪ファンならニヤニヤしてしまうポイントが多くあると 思います。逆に、ガチな文豪ファンさんからは「文豪をバカにしてる」というような批判も少なくないようですが、私はそのようには思いませんでした。実際、太宰治信者の母(56)も文豪ストレイドッグス大好きです。私はお恥ずかしながら梶井基次郎の『檸檬』を読んだことが無かったのですが、文ストで梶井基次郎の檸檬爆弾を知ったことがきっかけで、そこから読み始めたりもしています。 ストーリーですが、戦闘モノという意味でも面白いですし、私の好きなポイントとしては、『生きる意味』とか『生きる価値』とか、そういう哲学的なものを度々訴えてくるところです。なぜ人を救うのか、というところで主人公の敦と太宰には深い理由があるし、敵役の芥川のバックグラウンドや思想にも深く肩入れでき、読み進める度にどんどん好きになっていけるキャラです。 この漫画に出会えて良かった!と思っています。映画化もされるので、映画館に見に行ってきます!是非読んでない人にもこれから読んでもらって、お気に入りの文豪キャラを見つけて楽しんでもらいたいです(^^) もっとみる▼
  • (5.0) 文豪好きにはたまらんです
    黒兎さん 投稿日:2016/1/7
    学生時代の卒論がきっかけで手に取った本なのですが、今はあの時の自分にお礼を言いたいです。 登場するキャラクターは美男美女ぞろい。それだけでもテンションが上がりますが、注目したいのが異能力持ち、という点。文豪達は自身の作品にちなんだ異能を駆 使してバトります。絵柄が繊細なのに最初からバトルシーンが盛りだくさんで、1巻から飛ばしている印象が強いです。 またそれぞれ派閥を持って対立している図式も面白いですね。顔見せだけのキャラクターもいるので、彼らの活躍はいつ見れるのだろう、とドキドキしてます。 アニメ化も間近で今読むべき漫画と言っても過言ではありません!ぜひご覧ください^ - ^ もっとみる▼
  • (5.0) 言葉 (言葉遣い?) が 新鮮
    チャウプーさん 投稿日:2018/3/29
    TVアニマが好きでコミックを読み始めました 基本的には現代口語で会話は進みましが 所々 漢字が難しかったり昔の読み方をしたり 昔の言葉遣いがあったりするのが新鮮で アクセントになっていて個人的にとても好きです また文豪と同 名のキャラクターの能力名が 文豪の代表作のタイトルと同じで なんか学生時代の国語の時間を思い出します←(笑) 変なレビューですみません ただただバトルしてるだけでなく 何気に人の心というものにも触れていて 私は読んでいて 気持ちが温かくなることもありました もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
同時期放映メディア化作品
▲ページTOPへ