漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

裂けたパスポート 7巻 ~セルリアンブルー~

通常価格:
400pt/440円(税込)
(4.0) 投稿数5件
裂けたパスポート(7巻完結)

作品内容

豪介と離れて、独りバイクで旅に出たマレッタ。目的地はパリから南西250キロにあるトゥールの町。といっても、本当は何処でもいいのだ。農家でお茶をご馳走になり、独りでホテルに泊まっていく。仕事をしながら、そんなマレッタからの連絡を待つ豪介。そばに居ないことで、逆に浮気も出来なかった。バイクがパンクした時、修理をしてやろうと言い寄ってきた男を追っ払い、一晩かかって自分で直したマレッタ。結局旅で分かった事は、帰るために出発するものなのだと言うことだった。さあ、パリまでもうひと踏ん張り!「ビットミストラル」以下「タタミゼと黄禍」「TGVを襲撃せよ」「セルリアンブルー」「雷鳴轟く孔雀の夜に」「過去からの報酬」「青く遠い広い空」「見上げてごらん そして」を収録。

作品ラインナップ  全7巻完結

レビュー

裂けたパスポートのレビュー

平均評価:4.0 5件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 内容は良いが
    しひろさん 投稿日:2009/12/7
    内容は奥深くて、大人の劇画の教科書の様な作品。申し分無し。マイナス点は、購入ポイントが安い為なのか、他の作品より、画面の解析度が悪い。

高評価レビュー

  • (5.0) マレッタが
    菊一文字さん 投稿日:2008/9/20
    シリーズをとおしてだんだんマレッタが大人になっていい女になっていく
  • (5.0) ここにしか咲かない花
    エビアンさん 投稿日:2007/11/18
    題名と最初の数話までおそらく作者は別の展開を考えていたのではないか。 もう一人の主人公のマレッタが登場するころから主人公ラモーの絵のタッチも大きく変わってくる と同時にストーリーの骨格も少女マレッタと中年男ラモーの愛の曲折にヨー ロッパ全土にわたる国際ミステリーを絡ませることに変わってきた このころからの話の展開は秀逸で読んでいても飽きることがない。 モラトリアムな少年少女諸君はBLやTLと言ったインスタントでテンポラリーな深みの無い一過性の恋愛ものと大きく一線を画す大人の愛の物語をじっくりと味わうべし もっとみる▼
  • (4.0) う〜ん、懐かしい!
    キュイジニエさん 投稿日:2008/4/17
    1980年頃に青年紙で連載してましたね。はまって読んでました懐かしい!久々に読み返すと、冷戦や中東戦争それにテロや学生運動といった何処かしらきな臭いのしていた70年代の雰囲気が良く出ていて、フィルムノアール当時のフランスやイタリア映画を観て るようで嬉しくなりました。時事ネタに強い作者ならではの作品でしょう。さて物語はパスポート一つを頼りに日本を飛び出し、単身パリに住み着き、法スレスレのアウトサイダーな仕事をヨーロッパ中でこなしていた中年のゴースケがマレッタという一人の少女と出会い、と進んで行きますが。最近めっきり少なくなった骨太の、作者のメッセージのこもった漫画といえるでしょう。お勧めです。 もっとみる▼
▲ページTOPへ