漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

八雲立つ 1巻

通常価格:
609pt/669円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.6) 投稿数104件
八雲立つ(10巻完結)

作品内容

七本の神剣を集め、古代の怨念を昇華せよ! ──島根県の山奥の村で49年に一度だけ行われる秘祭・神和祭(かんなぎさい)の取材に同行した七地健生(ななちたけお)は、巫女として舞っていた少年・布椎闇己(ふづちくらき)と出会うが…!?

作品ラインナップ  全10巻完結

レビュー

八雲立つのレビュー

平均評価:4.6 104件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) 読みごたえがあります。
    みさちゃんさん 投稿日:2021/1/13
    じっくり読ませていただきました。奥深いストーリーです。何度も読んでしまいます。
  • (5.0) クラちゃん
    eikoさん 投稿日:2020/10/28
    くらちゃんの色気があり過ぎて、接する女の人みんなを虜にしているのが、すごいけど読んでいるこっちも本当にドキドキさせられる。 でも、そんなくらちゃんにとって、女性はアウトオブ眼中というのがまたいい。 かっこいいけど、不安定さ、儚さ、脆さが あり、本当に好き もっとみる▼
  • (5.0) 大感動!
    mmさん 投稿日:2020/8/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 なんといっても、衝撃的なラスト!びっくりしすぎて涙も止まらず、しばらく引きずりました...読むのに体力がいる作品です。 しかし本当に素晴らしい終わり方でした。作者様の画力もすごいです!!1巻からゆっくりじっくり読み進めることをオススメします!! 続きを読む▼
  • (5.0) 壮大かつ美麗
    ボリスさん 投稿日:2020/8/19
    古代から続く怨念を昇華させるお話。古事記を参考によく練られており、重厚感がありとてもおもしろいです。 稀代の巫覡・闇己が鍛冶師ミカチヒコの血統・七地と共に7本の神剣を探します。 最初は地方の一族の話だったのにどんどん広がります。魂自由自 在だし、壮大すぎる! ちょいちょい古代編が挟まれてて、これ必要なの?って思っちゃってごめんなさい。古代と現代ちゃんと繋がります! 今更だけど、なんで名前に"闇"なんて入れたんだろう!? もっとみる▼
  • (5.0) 面白かった
    るるさん 投稿日:2020/6/29
    キーまんのように思われたくらきくんのお父さんがよくでてくる。登場する神話や名前は難しいが、物語のテンポがよくて読み進めやすい。
スタッフオススメ!
  • 名作
    闇巳と健生の名コンビに夢中になった方も多いはず!島根の秘祭をきっかけに出会い、二人の運命は大きく変化する!呪いとは?神剣とは?サイキックとサスペンスが絡み合い、大きな流れに巻き込まれていく様に、未読の方も夢中になること間違いなし!さらに続編が始まり益々盛り上がってます!
    編集:アロマオイル
▲ページTOPへ