電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
僕たちがやりました(1)

僕たちがやりました(1)

600pt/660円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

金城宗幸(神さまの言うとおり)×荒木光(ヤンキー塾へ行く)が織りなす、「今日」に満足してる若人たちの「そこそこ」を目指す青春譚。だが、このタッグが、それだけで終わるハズがない!! 因果応報、驚天動地、賛否両論の第1巻!!!!!

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全9巻完結

  • 僕たちがやりました(1)

    600pt/660円(税込)

    金城宗幸(神さまの言うとおり)×荒木光(ヤンキー塾へ行く)が織りなす、「今日」に満足してる若人たちの「そこそこ」を目指す青春譚。だが、このタッグが、それだけで終わるハズがない!! 因果応報、驚天動地、賛否両論の第1巻!!!!!
  • 僕たちがやりました(2)

    600pt/660円(税込)

    「なるほどね…これは、金じゃ どーにもならんやつや」友達のマルが、矢波(やば)高校の不良にボコボコにされた仕返しに、奴らの校舎にお手製の爆弾を仕掛けたトビオたち。少しだけ驚かせるつもりが、死傷者が出る程の大きな爆発が起きてしまう。パイセンのあり余るお金を使っても、どうしようもない事態に彼らは……!? 第1巻衝撃のラストから、物語は風雲急を告げる問答無用、絶体絶命、愛別離苦の第2巻!!
  • 僕たちがやりました(3)

    600pt/660円(税込)

    「今日」に満足してた若人たちの青春逃亡録。死傷者多数の矢波高校爆発事件を起こしてしまったせいで、「そこそこ」の生活が激変してしまったトビオたち。捜査が進展する中、海外逃亡を試みたところ、空港でパイセンが捕まってしまいました。手元に残ったのは、パイセンから貰った300万円の逃亡資金のみです。
  • 僕たちがやりました(4)

    600pt/660円(税込)

    過失殺人を犯した若人たちの青春迷走録。軽い悪戯心から、たくさんの死傷者を出してしまった矢波高爆破事件。容疑者としてパイセンが逮捕されたことで、トビオたちはそれぞれの逃亡生活に放り込まれることになりました。そんな中、全ての前提を覆す、パイセンそっくりの「真犯人」が出頭してきて……。既刊続々重版! 各界著名人も大注目! 七転八倒、暗中模索、有為転変の第4巻!!
  • 僕たちがやりました(5)

    600pt/660円(税込)

    罪に向き合えない若人たちの青春模索録。多数の死傷者を出した矢波高爆破事件の容疑者として、逃亡を続けているトビオたち。しかし、パイセンそっくりの「真犯人」が出頭したことによって、警察の捜査が打ち切りになることが決まりました。その事実を知らず、思い思いの逃亡生活を送る彼らをよそに、ついにパイセンが釈放されて……!? 既刊続々重版の大問題作! 右往左往、大驚失色、懊悩煩悶の第5巻!!
  • 僕たちがやりました(6)

    600pt/660円(税込)

    愛を求める若人たちの青春奪還録。矢場高校爆破事件の真犯人が出頭したことで逃亡生活に終止符が打たれたトビオたち。釈放されたパイセンとお祝いしていると、実はパイセンの父親が金と権力で「真犯人」をでっちあげ、事件をもみ消したことが判明しました。その事実を知って以来、バラバラに日常を送る4人。そんなある日、トビオが屋上から飛び降りて……!! 合縁奇縁、破釜沈船、生離死別の第6巻!!
  • 僕たちがやりました(7)

    600pt/660円(税込)

    学校の屋上から飛び降りて大怪我を負ったトビオは、病院が一緒だったことから、事件の被害者・市橋と友達になりました。事件の罪悪感で苦しんだ分、幸せになろうと蓮子と付き合うことになったトビオ。蓮子と付き合っていることを市橋に告げた直後、市橋は飛び降り自殺を図り……!! 罪も幸せも、自分が決める。いま最もキテる青春譚!! 不倶戴天、進退両難、熟慮断行の第7巻!
  • 僕たちがやりました(8)

    600pt/660円(税込)

    多数の死傷者を出した矢波高校爆破事件の罪を背負わないで済むと知って、バラバラに日常を送っていた4人。しかしトビオは親友である市橋(いちはし)の自殺、パイセンは自分を棄てた実の父との対面、伊佐美(いさみ)は彼女である今宵(こよい)の妊娠、マルは言い知れぬ孤独感に苛まれる。そして再結集した4人は、「最高の自首」をするために計画を立てる。予算は1億2千万円!!!!
  • 僕たちがやりました(9)

    600pt/660円(税込)

    矢場高爆破事件について「最高の自首」を目指した4人だったが、目的を果たすかと思われた瞬間に、パイセンの異母兄弟・玲夢たちに車で拉致されてしまう! パイセン以外は逃げる事を許されたが、トビオだけはその場に留まる事に。だがそのトビオの眼前で、パイセンは怜夢を刺殺! パイセンはその場で逮捕され、「僕たち」は散り散りに。それから長い時が経ち、それぞれの人生は――。

レビュー

僕たちがやりましたのレビュー

平均評価:3.6 205件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) エロくて読んじゃう
    photoさん 投稿日:2022/6/8
    エロくて読んじゃいます。 女のコが魅力的すぎるんです。 青年誌系美人をお探しの方は最後まで読んじゃうんじゃないですかね。

高評価レビュー

  • (5.0) 面白かった!!
    わたちさん 投稿日:2017/7/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 人は犯罪を起こすと、普通の感覚を持っていればこうなるのかなって思いました。 やっぱり今までのようにはいられないし、罪を償えない事は辛いんだなって。 人を殺してしまった事を背負っていくってこーゆー事なのかなって。 キレイごとだけでなく、人間らしさがとても現れてて良かった。 最後は社会の闇が罪を償えなくさせたけど、こーゆーお金でなかった事にって普通に現実でもあるのかと思うと怖い。刑事さんみたいに真相がわかっても法で裁けない事多そう、、、(;´д`) 私はそーゆー事も含めて人間味溢れる読んで良かった漫画でした!! 私的にはだんだん市橋が好きになりました!!真実を知らずに死んでしまったのは本人には良かったのかな(-_-;)マルは嫌い!!もっと痛い目みれば良かったのに!!トビオはカッコいいだけしか好きなとこないな〜(^^;笑 続きを読む▼
  • (5.0) 読ませる…
    茶子さん 投稿日:2021/11/5
    内容はアホで最低なんだけど、不思議に読ませる力がある。 絵も絶妙。表情とか結構ツボです。「ウルトラソウル」とかも(笑) 無料1巻読んだけど、購入すべきか、でもいくらなんでも内容が下らないし、読んでも不快になるのはわかってるので悩み中。 【追記】後日、結局最後まで読みました(笑) 「内容が下らない」と書いたのですが、意外に深かった。というか、そもそも人の人生、それも高校生くらいの頃なんて、結構毎日下らないものなんですよね。で、このマンガは、下らなさの中の真理みたいなものがある。 しょうもない我々の、しょうもない日常の、しょうもないミスによるとんでもない出来事に、どう向き合うか、どう向き合えないか、みたいなことを考えました。 読んで損はない。 もっとみる▼
  • (5.0) 何度読んでも面白い
    Ronさん 投稿日:2021/8/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 「そこそこクズ」だけど「ものすごく下衆」なわけじゃない高校生たちと「パイセン」による事件と顛末、未来。気になるのはこの作品に出て来る大人達。全員事なかれ主義で愚かで無関心で、子供たちを安易に切り捨てる。トビオの闇を見ようともしない母親。何かに気付きながら見過ごす教師。パイセンに対して無責任かつ残酷な父親。全てを知りトビオたちを追い詰めておきながら土壇場で保身に走り「何もなかった」を通そうとする刑事。そして最終的に何の責任も感じず一人勝ちするマル、それなりに生活立て直してる伊佐美とパイセン、不幸にならずに済んだ女の子たち、それと対照的に闇に飲まれたままのトビオが印象的。 続きを読む▼
  • (5.0) 読んで損無し!
    ぽんさん 投稿日:2020/1/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 漫画を全巻読んでから、先日ドラマを全部見ました。 なんと、ラストが違うんですね! そこまでは大体同じ。 で、原作のラストは結構後味が悪くて「うーん」、、ってなりましたが、ドラマのラストがそれを補っていた。。ドラマのラストに原作でもして欲しかったです(逆なので、仕方が無い事ですが)。 全編通して1冊読んだら止まらなくて全巻読んでしまう漫画です。 でも、読んで後悔も無いと思います。 とにかく凄い漫画です。 パイセンが個人的には凄く好きでした。 本当に色んな気持ちで考えさせられました。 繰り返し読みたい、と思う漫画です。 続きを読む▼
  • (5.0) 傑作
    こしさん 投稿日:2017/7/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 罪悪感、後悔、懺悔、逃避。 その記憶と意識は消せませんし、消そうと思っても消せません。 快楽だけがそれを忘れさせてくれるが、そう長くは続かない。 そして、それに依存すれば身も心も底辺まで転げ落ちる。 すごいリアルな描写でした。 幸せってのは自由や誠実、金持ち、結婚などではなく、平和であることなんだと思いました。 だから何があっても秩序を乱す行為はしてはいけない。 しちゃうけどね。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

俺たちが殺しました
編集:クリアブラック (シーモアスタッフ)
金城宗幸先生が原作、荒木光先生が漫画のTVドラマ化された逃亡漫画。主人公の増渕トビオと、友人の丸山友貴、伊佐美翔、パイセンの小坂秀郎、4人の男の物語です。リアルな絵で生々しく描かれていて、背中がゾッとする感じが癖になります!見てはいけないものを見てしまったような、罪悪感が生まれてきます!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ