漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

エスケープジャーニー 2【電子限定特典おまけつき特別版】

通常価格:
712pt/783円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.8) 投稿数1,234件
エスケープジャーニー(3巻完結)

作品内容

お前と2人っきりで逃げたっていい――。順調なお付き合いで、少しずつ成長し喧嘩も減ってきた頃。直人との卒業旅行(温泉旅行券)をかけて、太一が“ミスターS大”に出場することに。全力で茶化しつつも応援する直人だったが、学校内で太一とキスしているところを、美術部の仁科 京に見つかってしまい――? コミックス描き下ろしは甘イチャ年越しカウントダウンH★ 電子書籍版は、一部ページをカラーで収録&電子限定直筆コメント追加した特別版!

作品ラインナップ  全3巻完結

レビュー

エスケープジャーニーのレビュー

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) 偏見や葛藤に晒されるのはお腹いっぱい!
    師走さん 投稿日:2020/11/21
    【このレビューはネタバレを含みます】 同性間の恋愛についての偏見や葛藤はもうお腹いっぱい、理解も進んできてるし同性間の恋愛を気軽にでも時には涙したり楽しみたい!というスタンスで普段はBLや百合を楽しんでいてこの話も元カレものか〜!と軽いノリで手を出したら、もう頭ん中や涙腺がえらいことになりましたよ! リアルな偏見や葛藤を主人公2人、友人達、家族を通して胸糞悪くなる手前で上手く絡めて、それぞれどうするか、どうしていくか、どうしたいか(これが一番重要だと思います)、という心境が丁寧に書かれていて、もう涙目で読んでしまいました。 エッチはめちゃエッチなのに、話が気になりすぎて飛ばしてしまったのは初めてですよ、エロ厨の私が!!!(200デシベル) 一巻ではふみちゃんに、三巻ではふみちゃんはもちろん他の子達がもう、素敵で素敵で、こんな風になりたいと思いました!私的に帽子の子の、台詞が一番いわゆるフツーの子のソレらしくて、ああ、分かる分かる・・・!ともう涙が・・・! 家庭不和だった攻めのお母さんの温かい家族云々を、温かさを得られなかった攻めが淡々と論破するところは、いわゆるフツーの家族でも子供がいても必ず幸せになるとは限らないな、と改めて思ったし、受けのお母さんが養子縁組を考えている2人に対して、2人の関係に反対はしないスタンスで、諭すところがもうほんとーにああ、親の愛!となりましたね、戸惑ってたお父さんの家族になるかも云々の笑顔もほっとします。 気になるところはゲイは遺伝子の異常なんだから云々と擁護したつもりで偏見丸出しだったお兄さんが、受けに俺も異常だと思うのかとキレられた後に、どう思ったのか気になります。たぶん、戸惑いながらも反省して同性愛とまではいかずとも2人を理解してくれたのかとは思いますが、そこが気になりました。(ちなみに同性愛は遺伝子の異常ではありません、念のため)(更に言うなら自然の動物でも同性愛はあります) 恋人に裏切られた過去を持ち、主人公2人を引っ掻き回す仁科も明るくて真っ直ぐな受けに惹かれていく姿が切ない・・・最後の髪をかきあげて泣き笑いで、でも前を見る姿は幸せな未来を掴むだろうと思わせてくれて良かったです! 主人公2人を囲む友人、家族、これから出会う良い人達、みんな幸せになれ、私もリアルで幸せを応援する人になりたい・・・!生きづらさを感じる人達が、生きやすくできる世の中に私達がしていこうな・・・!(決意) 続きを読む▼
  • (5.0) 「めでたしめでたし」の先に何がある?
    ムックさん 投稿日:2019/7/21
    【このレビューはネタバレを含みます】 最高を超えて尊いになる作品です。本音を言うと、最初は一巻を読み終わった時に、「このままでいいじゃない?」「2巻もあるから何か新しい当て馬キャラが出てこないとストーリー進めないな」と思ったこともあったが、それが3巻を読み終わった時全部ブッ飛ばしました。 「そして王子様と王子様はいつまでも幸せに暮らしましたとさ」の後、誰も必ずしも「やっと幸せになった!この後どうなる?」で疑問を懐きにも関わらずその回答を誰も知らない。もっと悪い言い方をすると、読者は全ての作品(bl以外も)の「めでたしめでたし」の後のことを考えようとしない。例えるなら、『ロ○ガン』みたいにヒーローの末路、主人公たちの後話は誰でも考えのが怖いがから、敢えて考えないようにしています。その中でごく稀に向き合う作品もあり、その中の一つが「エスケープジャーニー」です。 とってもしんどい話ですが、おげれつたなか先生が2巻と3巻を絵描いてくださってほんとに感謝しています。太一と直人がお互いを愛し合って、守ろうとするが逆方向に行ったが、結局二人で助け合って世間と向き合う姿に胸がいっぱいになりました。こんなにも辛くて、その同時に暖かい世界は今まで読んできたbl作品の中で最も私たちの世界に近く感じます。それは非常に薄く、まるで手を伸ばせばその紙一重の次元壁を破って、そっちの世界に飛び降りるような感覚でした。結局読者が求めている物は、多分いつかその壁を超えるその100%に近く可能性です。それを感じさせるのがおげれつたなか先生の凄いところです。 3巻でちょうどよかった。これ以上お二人の生活を覗いでは行けない気持ちになります。もうこれからの太一と直人は決して「幸せに暮らしました」で終わる話ではない。きっとまだ喧嘩して、困難と向き合っては行けない。 それでも、直人のセリフをパクると二人はもう喧嘩と仲直りのプロフェッショナルだから、それが幸せであろうと不幸であろうと二人一緒なら怖くない。このセリフはきっと今まで見てきた全てのカップルにも応じますと私は勝手に認めます。「めでたしめでたし」の後も、キャラたちは生きていきますっと信じされるおげれつたなか先生ほんとにありがとうございます。 漫画は「完結」ですが、まだまだドラマcdも出ます。仁科のキャストが誰がやってくれのかすごく楽しみにしています。まだまだ彼らの逃げるの旅は続きます。 続きを読む▼
  • (5.0) 考えながら読むタイプの作品でした!
    りったんさん 投稿日:2021/4/12
    【このレビューはネタバレを含みます】 娯楽として読むというより、作品を通して同性愛の方々の葛藤とか生きづらさを考えさせられた様な気がします。 私の周りにも、同性だからというよりこの人だったから好きになったという友人がいたり、同性愛の方がいたりしますけど、どのパターンでも、友達だから打ち明けてくれたんだなーと思ってましたが、大切な友達だと思ってくれてるからこそ勇気を出して打ち明けてくれてたんだなーと認識を改めるきっかけにもなりました。 私もミカりんと同じで、誰を好きになろうと友達は友達じゃん?友達同士が付き合うとか皆仲良しでハッピーじゃん!と思ってたけど、本人達には泣きたくなるくらい救われる出来事になってることもあるんだなぁって思いました。 自分の過去の出来事を振り返りながら読んでしまいました。 それはそれとして。。。個人的には太一くんよりなおくんの方がイケメンに見えたのですけど(笑) 個人的に、最初は絵があんまり好みではないかなぁと思ってたんですけど、ストーリーが良すぎて気にならなくなりました! ていうか、段々なおくんが可愛かったりイケメンに見えてきました( *´艸`) 中身のしっかりしたBLがお好きな方には是非おすすめしたい作品です! 主人公二人が、ただお互い好きなだけではずっと一緒にいることは難しい、ずっと一緒に生きていくためにはどうしたらいいのかもがきながら苦しみながら、喧嘩もしながら、それでもお互いどんどん愛を育んでいくストーリーは素敵でした。 お互いがお互いを大切に思ってて、求めてのソレは読んで満足度が高いです。 やっぱお互いが大好きだぞーっていうのが伝わってくるキスシーンとかそれ以上とかは読んでて幸せになりますし感動しました 作者さんの名前にはびっくりして笑っちゃいましたけど(笑) 他作品もチェックしてみようと思います♪ 素敵なお話を描かれる作家さんです 続きを読む▼
▲ページTOPへ