We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
この巻を買う/読む

最愛の花

通常価格:
620pt/682円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.5) 投稿数94件
最愛の花(2巻配信中)

作品内容

病弱な公女ソフィアと、周囲から忌み嫌われていた従騎士ドラーク。追いやられた“廃宮”で出会った二人は、やがて惹かれあっていく。だがある日突然、引き離されることに。「必ず戻る。それからは二度と離れない」そう誓うドラークだったが、六年後に再会した彼は、有能な騎士となり、ソフィアの妹の夫となっていた。それなのに、彼は強引にソフィアを組み敷き、欲望を放ってきて……。「あなたは何も知らなくていい」と告げ、ソフィアを抱き潰すドラークの真意は!?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  2巻まで配信中!

  • 最愛の花
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    病弱な公女ソフィアと、周囲から忌み嫌われていた従騎士ドラーク。追いやられた“廃宮”で出会った二人は、やがて惹かれあっていく。だがある日突然、引き離されることに。「必ず戻る。それからは二度と離れない」そう誓うドラークだったが、六年後に再会した彼は、有能な騎士となり、ソフィアの妹の夫となっていた。それなのに、彼は強引にソフィアを組み敷き、欲望を放ってきて……。「あなたは何も知らなくていい」と告げ、ソフィアを抱き潰すドラークの真意は!?
  • 最愛の花 ~特別番外編 花冠の竜が眠る場所~
    登録して購入
    通常価格:
    150pt/165円(税込)
    執着系乙女ノベルのソーニャ文庫に、
    【甘い日常】をテーマにした番外編シリーズ、
    『ソーニャ文庫SweetDays』が登場!
    甘美でHでラブラブな二人の日常をお楽しみください!

    国を巡る旅を終えて帰城したソフィアとドラークは、懐かしい“廃宮”でしばらく生活することに。そこへ、ドラークの父である西の辺境伯が現れる。警戒したドラークは、ソフィアを隠したまま話を進めるが、横暴な辺境伯の態度に怒ったソフィアは――。

レビュー

最愛の花のレビュー

平均評価:4.5 94件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 悲劇。
    でめきん@りおさん 投稿日:2022/1/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 ダークな作品が読みたくて高評価につられて購入しました。まあまあでした。病弱で日に当たれないヒロインと容姿のせいで避けられるヒーロー。廃宮での逢瀬で心通わせるも2人は引き離される。数年後ヒーローは我が儘なヒロインの妹と婚約するも事態は急変。普通に事情を話せば良かったのに、ヒーローがヒロインを犯す必要性はなかった気がします。と言うか呪いが解ける仕組みが良く分かりませんでした。この作品は様々な兄弟・姉妹間の僻み妬みが生んだ悲劇。自分を虐げても父、義理母、妹を心配するヒロインにいいこ過ぎてイラっとしました。挿し絵は綺麗で良かったです。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 後半もすごかった〜
    RyoMeさん 投稿日:2016/6/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 廃宮でひっそりと暮らす公女のヒロインは、亡くなった母親が不義密通をして産まれた子だと言われていた。 病弱で、日の光の下に出ると肌を火傷してしまうのだが、母親の不倫の罰を受けていると面白おかしく話の種にされている。 前世での罪業によって生まれると言われる赤毛で、魔女の手と言われる左利きのヒーローは、父親の子ではないと母親と共に家を追い出され、ギャク待を受けて育った。 見習い騎士として、ヒロインの異母妹の護衛につくはずだったのだが、相応しくないと外され、ヒロインの従騎士となる。 どこか似た境遇の二人はお互い惹かれあって強く結びついてゆくのですが、切なくて泣けますね〜。 後半、いろんな事実が分かってソーニャらしい展開に…。 この作家さんの「初恋の爪痕」がすごく良かったのですが、こちらも、お話の骨格がしっかりとしていて、人物が丁寧に描かれ読み応えのある作品になっています。 イラストもCielさんなので美麗で良かったです。 私も比べてしまうと「初恋の爪痕」の方が良かったな〜と思うのですが、それでも秀逸な作品だと思います。 ソーニャ文庫のサイトの番外編も泣けますよ。 是非合わせて読まれるといいかな〜と思います。 続きを読む▼
  • (5.0) TL作品では珍しく文章力が高い!
    コロナさん 投稿日:2020/3/7
    文章力の高い作家さんはだいたい主人公に苦難を与えるので、そこも好み。 初作家さんでしたが、この作家さんの他作品も購入しようかな。 とりあえずこの作品については、あらすじの「ヒロインの妹の夫となって戻ってきたヒーロー」の部分で敬遠してしまう一 途スキーさんもいるかと思うんですが(ネタバレに…なるかなー?)ヒロインもヒーローも本当に一途かつ人物好感度高しなので、安心してください。 エロはストーリーに沿ってきっちり描写も丁寧にあります。 ヒーロー視点もありヒロインにもヒーローにもキュンとしますので、そこも楽しくお読みください。 イラストも西洋ファンタジーにあった美しさ。 本文内イラストあります。 丸々表題作。 +おまけ番外編。 【評価基準】→ ☆5…希少で最上の作品!何度も読んじゃう!  ☆4…最高!人にもおすすめ♪(※他の人の☆5-4位)  ☆3…面白い〜一応、完読した(※他の人の☆4-3位)  ☆2…微妙〜二度読み無しかな(※他の人の☆3-2位) ☆1…つまんない!〜時間の無駄かな…  もっとみる▼
  • (5.0) 買って良かった!!
    うさ太郎さん 投稿日:2020/12/30
    可哀想な生い立ちのお姫様と、それを救う騎士…というありがちなお話なのかな?でも口コミは好評だし、どんなお話だろう、と手にとってみました。 ストーリーは予想に近かったものの、それ以外は全てが良い意味で予想を裏切るクオリティでした。 ま ず、文章がとても分かりやすく話に没入しやすかったです。 キャラクターの心情が伝わってきて読んでるこちらの気持ちを盛り上げてくれました。 そして、美しい物語に相応しくイラストもすごく綺麗で作品にマッチしてました。 お姫様はどこまでも可憐で、ヒーローがカッコいい! 主役のお姫様は、病身ながら心も容姿も美しく純粋で、守ってやりたくなる騎士の気持ちが分かります。 騎士サイドのパートもちょくちょく挟まれますが、騎士の内面が軍人らしく、武骨で男らしくてとても良かったです。 丁寧な話の運びで、このページ数なのにとても読みごたえあり、買って良かったです。 もっとみる▼
  • (5.0) 繊細で美しい!
    wkさん 投稿日:2019/2/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 赤毛で左利きとして生まれただけで家族から疎まれてきた、後に騎士となる少年と。同じく身内からの愛情をまったく受けず病のため陽に当たることすら出来ずに育った…けれど心優しく透明感のある美しい銀髪の公女。この不幸な生い立ちの二人が出会い、互いに心を通いあわせてストーリーが始まります。会えなかった時期が長いせいか、清廉に成長した公女と再会してからの騎士の暴走がツボ。笑 無論、ひたすら公女のことだけを想うが故の、でも抑えきれなかった激情ですけどね。イラストもぴったりですし、丁重に描かれた閨のシーンにも悶絶。王道の純恋愛、裏切りと策略に強引に抱かれながらも悦びを与えられ、ラストはちゃんと心も結ばれて…と、まぁ色々と満足感のあるお勧めの作品です! 続きを読む▼
  • (5.0) 花の意味が深い!
    カエルさん 投稿日:2018/1/21
    【このレビューはネタバレを含みます】 高評価にひかれて購入、一気に読みました。作者さんがあとがきに、自分の好きなテーマを全て入れて闇鍋的になっているかも、と書かれていたように、様々なことが起こりますが、まとまっていて納得でした。とにかくヒロインが可哀想過ぎます…涙。2人の気持ちが通い合うのは、最後の方だけですが、途中のヒーロー目線でヒロインへの深い愛情が見えたので、読み進めれました。2人の苦労が長かった割には、ラブラブな雰囲気は低いです。でも心の深い部分で繋がっているような落ち着いた2人にきゅんとしました。 他の方のレビューで、ソーニャ文庫HPでの番外編を教えてもらい読みました。花のくだりにも意図がありハッとさせられ、とても素敵だと思いました。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ