漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
小説・実用書
栗本薫・中島梓傑作電子全集17 [JUNE I]
この巻を買う/読む

栗本薫・中島梓傑作電子全集17 [JUNE I]

通常価格:
1,600pt/1,600円(税抜)
栗本薫・中島梓傑作電子全集(17巻配信中)
作品内容

「少年派宣言」から『元禄無頼』まで……、ボーイズラブの聖典「JUNE」に刻まれた栗本薫の軌跡!

中島梓のみならず、竹宮惠子、木原敏江、青池保子、大島弓子など、絢爛たる才能を集めて創刊された、ボーイズラブのバイブル的雑誌「JUNE」。著者が同誌に発表した小説のうち、『元禄無頼』、『元禄心中記』、『蝦蟇/蜥蜴』、『恋ヶ淵心中』、『逃げ水』などの時代物を収録。
さらにエッセイ「少年派宣言」、「花の美赤児学入門」、別名義・円城寺麗花で発表した詩「黄昏詞歌館」に加え、榊原姿保美(現・榊原史保美)、森内景生、江森備などJUNE作家との座談会、「JUNE」の当時の編集長・佐川俊彦氏による回想エッセイなど、「JUNE」の魅力を丸ごと凝縮した貴重なラインアップ。
このほか、盟友・木原敏江を語り尽くした「木原敏江論」、高校時代の文芸部部誌に発表した「ぬくもり」を収めた『接吻――栗本薫十代短編集』など、栗本薫・中島梓の耽美な世界を集大成した。
また、夫として、担当編集者として、最も近くで栗本を支えた今岡清氏が初めて綴るエッセイ(連載)、実母・山田良子氏の日記から栗本の誕生~大学入学までを記した「栗本薫の育児日記」(初公開)も大好評連載中。今回は栗本薫と歌舞伎の、初めての出会い!

※この作品の容量は、28.0MB(校正データ時の数値)です。

※この作品にはカラー写真が含まれます。

作品ラインナップ  17巻まで配信中!
レビュー
栗本薫・中島梓傑作電子全集のレビュー

この作品はまだレビューがありません。どんどんレビューを書いてね♪

▲ページTOPへ