We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
この巻を買う/読む
会員登録して70%OFFで購入

飼い犬に手を咬まれるな【SS付き電子限定版】

値下げ【期間限定】7/7まで
通常価格:
660pt/726円(税込)
価格:
462pt/508円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.3) 投稿数45件
飼い犬に手を咬まれるな【SS付き電子限定版】(1巻配信中)

作品内容

【電子限定版】書き下ろし番外編「飼い犬の咬み癖は矯正できるか」収録。●「おまえが忠誠を誓えば、俺が一生犬として飼ってやる」──新しく雇われた庭師の息子に、そう告げた13歳の御曹司・一稀(いつき)。従順に懐く猛(たける)が可愛くて、一稀は勉強や精通、自慰まで教え込んでいく。けれど高校に進学し、一稀に手を出した不良を猛が暴力でねじ伏せた時──歪んだ執着に怯え、猛を拒絶してしまう…。そんな別れから10年、若き総帥となった一稀は、パーティーで猛と再会して!? ※口絵・イラスト収録あり

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • 飼い犬に手を咬まれるな【SS付き電子限定版】
    登録して購入
    値下げ【期間限定】7/7まで
    通常価格:
    660pt/726円(税込)
    価格:
    462pt/508円(税込)
    【電子限定版】書き下ろし番外編「飼い犬の咬み癖は矯正できるか」収録。●「おまえが忠誠を誓えば、俺が一生犬として飼ってやる」──新しく雇われた庭師の息子に、そう告げた13歳の御曹司・一稀(いつき)。従順に懐く猛(たける)が可愛くて、一稀は勉強や精通、自慰まで教え込んでいく。けれど高校に進学し、一稀に手を出した不良を猛が暴力でねじ伏せた時──歪んだ執着に怯え、猛を拒絶してしまう…。そんな別れから10年、若き総帥となった一稀は、パーティーで猛と再会して!? ※口絵・イラスト収録あり

レビュー

飼い犬に手を咬まれるな【SS付き電子限定版】のレビュー

平均評価:4.3 45件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) ハードめなお話し。
    あきさん 投稿日:2022/6/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 気軽に読みつもりが、不穏な空気が流れるシーンも多く不安な感情で読み進めました。 暴力シーンもあるので苦手ない人もいるかも? 表紙の子が受けかと思って歓喜したら、表紙の子は攻めだったので落胆したため☆ー1 挿絵綺麗です。エロも多い。ストーリーも読み応えあります。 後書きで作者さんが長いこと苦しんでいた様子が伝わってきて、創作の産みの苦しみを感じました。 作者さんの長く苦しい時期と、攻めの暗い心境が被りますね。 ラストまだ読んで、人生の幸せって愛する人(家族でも恋人でも)と楽しく食事したり、気を許して何気ない日常を送ることに勝るものはないなーとあらためて感じました。 2人が幸せに、明るくわちゃわちゃしてる姿もよんでみたいです とくに攻めの猛視点が読みたいな〜 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 歪な関係から執着のその先に
    律花さん 投稿日:2021/12/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 執着攻めとそれを受け止められず排除してしまった受け。少年の頃の歪だけど濃密だった関係から別れ、再会を経て2人はどこへ行き着いたのか。 山あり谷ありのなかなかに読み応えのある作品でした。先の見えないジェットコースター的なストーリーが面白かったです。 徐々に見えてくる猛のヤバいくらいの執着に、これはバッドエンドか?2人の幸せな姿が見えないとハラハラしながら読みましたが、最終的にはこれ以上ないハッピーエンドで、逆に驚きました。無理かと思いつつ望んでいた結末だったのですごく満足です。それぞれの心の動きの描写も丁寧で、感情移入しながら無理なく物語にのめり込むことができました。 執着攻めは苦手なんですが、この猛のは悲哀や必死さを感じさせる執着だったので大丈夫でした。むしろ自分だけはまともだという顔をして、頑なに自分の感情に蓋をする一稀にイラっとしたので、猛がこの一稀を一体どうやって落とすのかが気になって、ページをめくる手が止まりませんでした。 途中読んでて気分が悪くなる展開もありましたが、最後には全てのしがらみが溶けてなくなり、2人の関係だけが残ったのにジンとしました。 お互いに替えのきかない濃厚な関係を、まさに書き切った作品。お見事でした。読後は2人を最後まで見守れたことに充足感でいっぱいになりました。 続きを読む▼
  • (5.0) 壮絶な愛し方
    asuntaさん 投稿日:2021/2/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 試し読みから危険な匂いがぷんぷんして手を出していいものか躊躇いましたが、読み応え抜群だし重厚なストーリーだし買って正解、なんです。なんですけどね、今もって気持ちが乱れに乱れてまだちょっと落ち着かない‥。 もうね、想像を超えた壮絶な展開に心身ともにヘロヘロ、途中からヒリヒリする展開に過呼吸気味になっちゃって、こんな執着攻ってあり?ってくらい壮絶だったんです。いや、アイデンティティをぶっ壊すくらいじゃないと手に入れられないとしても、そこまでするか?と驚いちゃって。けど、紐解いてみると最後まで攻の愛情は変わらないんですよ。そこが分かると、もういたたまれない気持ちになっちゃって言葉にならない。。 最後の最後にようやく落ち着くところに落ち着いて、私の気持ちも落ち着きました(笑)これまでの事を思えば静かなラストが心地いい。そして、あのケーキのくだりは感涙ものでした。 この作品を仕上げた作者様の技量に感服いたします!初作家さんですが、他の作品も読んでみたいと思いました。 続きを読む▼
  • (5.0) 魂の拘束
    トマトさん 投稿日:2019/9/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 表紙の首輪の人が攻めです。これは、BoyがLoveという意味ではBL小説で間違いないですけど、萌え、とか、甘さ、とか、が、ないままかなりのページ数進んでいくので、話はとても濃厚で面白いけど、あれ?これ図書館で借りてきた普通の本だっけ?と思いました。執着攻めと、いうことにはなるとは思いますけど、BLらしいスタバリ執着、でも愛は深い、みたいなのともまた違う。粘着ーうーん、こじらせ、うーん。とにかく、重かったです。攻めの猛の一途なわんこの愛を信じて読み続けたいけど、受けの一稀の気持ちがぶれぶれなので、こちらも一緒にはらはらドキドキでした(語り手はずっと一稀なので)。長く苦しい場面もありますが、間違えだらけだった二人の関係が、一稀が覚悟を決めたことで、収まるところに流れ出した最後がとてもよかったです。読み終わると攻めの猛が愛しくてたまらなくなります。 続きを読む▼
  • (5.0) 執着を超えた狂気
    美都んさん 投稿日:2019/8/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 誰にも言えない歪んだ執着で関係をスタートさせてしまった2人の十数年にも渡る愛憎劇で、精神的に結構キツイものがありました。犬である自分に存在意義を見出し、犬でなくなったのなら自分は一体誰だという思考は複雑で、2人の関係性は最後まで病的でした。これはかなり読む人を選ぶ作品だと思います。一稀への想いは純粋なのに下克上を思わせる容赦ない追い詰め方と「貴方に忘れられるくらいなら憎まれる事で深く刻まれたい」という一稀への情念が凄まじかった。全てを奪い全てを捧げる猛の激しい愛し方は狂気そのものでした。自分のためには生きられない猛にとって一稀の犬である事が最高の幸せなのであり、2人で掴み取ったかけがえのない愛の形なのだと思います。 続きを読む▼
  • (5.0) 執着攻め下克上素晴らしい!
    りーんさん 投稿日:2022/2/21
    なかなかに長編でしたがよく練られたストーリーで、 二人の関係性は序盤から中盤、終盤と大きく変わっていくにもかかわらずキャラクターが途中でブレたり納得のいかない台詞があったりすることなく、登場人物の心情の流れを追いながら真っ直ぐに読んでいく ことができました。高慢美人受けは自分の好みではなかったのですが、丁寧な感情の行方を追うことができたので感情移入しながら、ときには切なくなりながらも読み進められました。攻めの猛の執着加減にはゾクっとしたし展開にも飽きなかったです。 この作者さまは初読みで偶然見つけた作品でしたが、見つけることが出来て良かったです! もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ