漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

理不尽な愛人契約

通常価格:
500pt/550円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(2.1) 投稿数19件
理不尽な愛人契約(1巻完結)

作品内容

8年ぶりに帰省したパイパーに知らされた衝撃の事実。それを告げたのは、かつて彼女が愛を誓った男ウェイドだった。病に倒れ、長患いのすえ亡くなった父は彼から莫大な借金を負い、彼女が受け継ぐはずだった財産はすべてウェイドの名義になっているというのだ。彼女に遺されたのは莫大な借金だけ…。呆然とするパイパーにウェイドは冷たく言い放つ。「僕の子供を産んでくれたら君の借金は帳消しにしよう」突然、突きつけられた理不尽な交換条件に、パイパーは…!?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全1巻完結

  • 理不尽な愛人契約
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    8年ぶりに帰省したパイパーに知らされた衝撃の事実。それを告げたのは、かつて彼女が愛を誓った男ウェイドだった。病に倒れ、長患いのすえ亡くなった父は彼から莫大な借金を負い、彼女が受け継ぐはずだった財産はすべてウェイドの名義になっているというのだ。彼女に遺されたのは莫大な借金だけ…。呆然とするパイパーにウェイドは冷たく言い放つ。「僕の子供を産んでくれたら君の借金は帳消しにしよう」突然、突きつけられた理不尽な交換条件に、パイパーは…!?

レビュー

理不尽な愛人契約のレビュー

平均評価:2.1 19件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (1.0) 最後あっさり
    mskさん 投稿日:2019/5/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 思い込み激しいヒーローですね。お父さんもヒーローも色々思う事があっての溺愛なんでしょうけど、せめて話しは信じてあげなよ。ゴシップ信じるのもどうかと思うし。 最後はあっさりプロポーズして終わっちゃったよ。せめて産まれた子供を書くとかさぁ 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 頁数以上の読み甲斐と、自立と保護の意味
    romance2さん 投稿日:2016/8/27
    彼の誤解を解くというHQが大好きなパターンですが、その中にこのストーリーは自立と保護の一種反対のことを巡って父娘、幼い自分から年月を隔てヒロインが彼に認めてもらう迄の成長ぶりについて彼とヒロイン、幼少期の彼、箱入りだった彼女の空白の8年間の 体験などなど、多様な描写を散漫なくつぎはぎ感もなく入っているのに終わりまですっきり進みます。 なんだか、料理上手にやられてしまった、というような読後感。 彼の謝罪も、それまでの言動を悔いる場面をコマを割いて表してくれたあとのことだから、とても溜飲が下がるのです。 決定的な誤解の基は固い塊のままに8年残っており、復活愛でも二人の間にはいつまでも存在してました。。 このストーリーで、素晴らしいのは、証拠などなくても彼女を信じようとした、その結論に至るまでの彼の思考する姿。その決意のシーンがあるからこの作品の魅力が深まっています。 その上で、証拠出現からの懺悔。 愛していたことを自覚すると同時に信じることを選択している彼をストーリーに確認したとき、わたしはヒロインの幸せが見え始めて、また一方、親心を見つけヒロインが親との確執を別の視点に置き換えることができたとき、和解のようにわたしには見えて、物語のヤマ場が来ました。 二人がそれぞれの壁を越えたと感じるクライマックス直前は、本当に読者的に気持ちがいいところです。 星もう一個加えられるならこれはつけるな、と思います。 もっとみる▼
  • (5.0) 良かったぁ〜!
    ゆうさん 投稿日:2016/6/16
    1話ごとに購入ではなく、一気に読めるように購入した方が良いです。私は様子見で1話ごと買ったのですが、続きが気になってポンポン購入。なんで、一巻で買わなかったんだぁ〜!と後悔。折角、素敵なお話しなのに何回も購入ボタンを押さなきゃならないなんて …素敵なヒロイン、ヒーローでラストは感動しました!!王道展開ではありますが、私は大好物♪二人のすれ違いにヤキモキしながら読みました。本当にオススメです! もっとみる▼
  • (3.0) 前説明以上のものは無し
    suuyanさん 投稿日:2019/5/2
    パイパーの当たり前にあるものの有難さに気づいていない愚かさは父親による超過保護といえる生活のせいだった。ウェイドはそれを理解せずパイパーの甘えだと思い込んでいた。それぞれの内なる結び目が一つずつ事象を伴いほどかれていくのだけれど、ロマンスが 今一つ。なぜなら、お互いのすれ違った事柄をお互いの会話で解消するのではなく、一人きりの物思いの中でのみ解消していく様がその原因とみられる。例えば、パイパーはあの時どう思って何を考えていたの?とウェイドが直接聞き答えを得る場面とか二人のやり取りの中で解消するとかなど。そこにこそ それぞれへの感情の起伏が得られるのであって、ロマンティックになると考えるからだ。物思いで解消されるべきなのは、パイパーの父親が何を感じて考えたのかという部分だけでよい。ことさら推測をたて、そうなのだと頭の中でだけの理解でつまらない。極めつけは自然流産の真相。この流れなら保険会社の書類をウェイドに直接突き付ける展開でもよかったと思う。そのほうがウェイドの後悔と懺悔とパイパーへの気持ちがヒートアップするではないか。頭の中で捏ねていてもドラマは生まれないのである。事件は会議室で起こっているのではない。現場で起こっているのだ(笑) もっとみる▼
  • (3.0) 思い込み
    トマトさん 投稿日:2019/5/13
    ヒーローのヒロインへの思い込みが酷すぎて気の毒に思います。 本来の姿が理解されて良かったです。 父親の溺愛も方向を間違えると…ね 最後にヒロインの気持ちが通じて良かったです。
  • (3.0) 愛の葛藤
    ふくさん 投稿日:2019/2/22
    やること全て悪い方向へ空回りし、誤解を受け続ける反抗期を抜け出せずにいるようなヒロインが精神的に自立していく過程が良かった。ヒーローの魅力がよく伝わらないのが残念でした。
▲ページTOPへ