漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

屍町アンデッド 4巻

通常価格:
580pt/638円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.1) 投稿数9件
屍町アンデッド(4巻完結)

作品内容

深淵を覗く、覚悟はもう、出来ている。 千田灰博士の最後の施術が始まる時、狂気渦巻く「箱」の中で葛城柘榴と妹・小桃が迎える禁断のクライマックス!! 新感覚ダークホラーアポカリプス遂に完結!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全4巻完結

  • 屍町アンデッド 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    先生は、地獄の底まで堕ちてでも生き延びる覚悟です。 圧倒的に巨大な黒い箱が存在する街、鹿羽市鹿羽町。ある日高校教師・葛城柘榴の担任するクラスで突如生徒が生徒を喰らい始め、学校は大パニックに陥るが…!? そして教師・葛城には裏の顔が…!? 新鋭が描く新感覚ダークホラーサスペンス登場!
  • 屍町アンデッド 2巻
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    廃病院には、狂気が巣食っているものです。 巨大な黒い「箱」で隔離された鹿羽町から逃れた、高校教師・葛城柘榴と屍体化した妹・小桃。森の奥、屍体蠢く廃病院で悪夢の事態が彼らを待ち受ける…! 戦慄の新感覚ダークホラーアポカリプス第2巻!
  • 屍町アンデッド 3巻
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    その黒き「箱」の中には肉塊が詰まってる。 屍体蠢く廃病院で生死不明の高校教師・葛城柘榴…。暗躍する「箱」エージェント達の思惑が交錯する中、全ては事態の元凶「黒き箱」へ集約していく!驚愕のダークホラーアポカリプス第3巻!
  • 屍町アンデッド 4巻
    登録して購入
    通常価格:
    580pt/638円(税込)
    深淵を覗く、覚悟はもう、出来ている。 千田灰博士の最後の施術が始まる時、狂気渦巻く「箱」の中で葛城柘榴と妹・小桃が迎える禁断のクライマックス!! 新感覚ダークホラーアポカリプス遂に完結!!

レビュー

屍町アンデッドのレビュー

平均評価:3.1 9件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 切ない…
    あおさん 投稿日:2020/10/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 ゾンビから逃げる話はいくらでもあるけど、これはちょっと毛色が違うというか…変わり果てた家族を治すために生かすために奔走する主人公たちが哀しい。。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (4.0) 面白い
    シオンさん 投稿日:2018/2/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 評価が低かったので購入を迷い、取り敢えず試し読みから始め、既刊全て購入。 ホラーだけどヒューマンドラマ的な要素の方が強いかな…と。 ホラーはとにかくグロくしとけば良いと思ってる作者が多いので、作画も荒く汚い。 でも、この作者はそう言った風潮もなく、グロいのが好きじゃない私には丁度良いです。 イラストも綺麗なので見やすい。 箱の人間の名前が独特で(コードネームらしい)、最初は読み方に違和感がありましたが、まぁそのまま読めば良いのでそのうち慣れます。 内容は、屍体化(いわゆるゾンビ)した妹を治そうと必死な兄(主人公)の話…と至ってシンプルです。 そこに『箱』の人間が絡んできて、話を複雑にしていますが、理解出来ない程ではない。 箱って何?と書いてる人もいるけど、普通に読んでれば早期に箱の謎は分かります。 私は試し読みの時点で箱とは何か、大方は理解出来ました。 ただ、箱の人間の目的は3巻まで読んでも未だ良く分かりません。 表向きは『屍体化した人達の治療』となっているけど、本当は『屍体を増やして何かをする』のが目的なのでは…と思わせるような描写もあり。 人によって全然思惑が違うみたいで、それがより箱で働く人間達の関係を複雑化している。 主人公がそれに飲み込まれるのか、抗うのか今後の展開が気になる所です。 続きを読む▼
  • (4.0) よかったけど
    ころさん 投稿日:2018/5/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 1巻無料で続きが気になりどんどん読んでしまいました!レビュー低めですが面白かったと思います。 主人公がSっぽくてよい。ゾンビ化した妹もちょっとかわいく見えてくる不思議。世界観も練られていたと思うしただのグロではなかったです。 けどオチが強引すぎな感じ。最終巻はイマイチでした。打ち切りになったのか? 謎多い組織のエージェントやら反対組織やらマスコミやら出てきて、2巻3巻これから面白くなりそうだったのに!世界規模になる伏線もあったはず。 科学兵器開発の悪だくみだったのに、なぜか途中からあの世とこの世を結んで黄泉がえりみたいな話に強引にすり替わってたイメージ。 作者は、この作品描けて幸せって殊勝なこと書いてたけど本当?もっと別のオチがあったんじゃないの?と思ってしまった。 じいさんの左目に小さいじいさんの顔があって、それが屍語みたいなのをしゃべるシーンがシュールギャグに見えて笑えた(笑)妹も屍語しゃべっててなんかギャグっぽかった最後…。 ないような気がしますが続きがあるなら話広げてほしい。科学なのか非科学なのかはハッキリしてほしい。 続きを読む▼
  • (4.0) 読みやすい!
    柏餅さん 投稿日:2017/11/26
    絵がきれいで読みやすいですし、話の内容も巻を進めるごとに興味深くなっていると思いますよ♪ 妹や組織の人など、キャラに個性があってワクワク資ながら読んでます!
▲ページTOPへ