漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

風よ、万里を翔けよ 1

通常価格:
400pt/440円(税込)
(2.5) 投稿数4件
風よ、万里を翔けよ(4巻完結)

作品内容

時は西暦611年、中国・隋末大乱の時代。老父に代わり、男装して従軍することになった少女・花木蘭を待ち受ける運命とは……!? 中華歴史大活劇、開幕!!

作品ラインナップ  全4巻完結

レビュー

風よ、万里を翔けよのレビュー

平均評価:2.5 4件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 淡々としている
    みかんさん 投稿日:2019/7/26
    中華の歴史をきれいなイラストで淡々と読んでいる感じしかしない。 戦いも、この漫画家さんでは激しさや葛藤が描ききれてないです。 キングダムと同じ中華の乱戦ですが、全く違います

高評価レビュー

  • (3.0) 中華ファンタジー好きには(^^)
    aaさん 投稿日:2017/4/26
    元々女王の花や暁のヨナなど中華的なファンタジーが好きで読んでみました。まだまだ導入部分なので続きが気になります。 因みに原作の方が同じのアルスラーン戦記も漫画、小説とも読んでますがお話がとにかく面白いので、こちらの原作小説も読んでみたいと 思いました。 もっとみる▼
  • (3.0) 今後に期待!
    まぁさん 投稿日:2017/4/22
    凄く面白いってわけではないけどなんとなく気付いたら全巻買ってた(笑)今後の展開次第では評価変わってくるかも!
  • (1.0) ちょっと。。。
    Marineさん 投稿日:2017/10/16
    元々小説で読み、後に秋乃茉莉さんのマンガを読みました。 うーん。。。 何故着物の前合わせが洋服のように男女で分けているのだろうか。。。 この漫画家は『女性を死者』としていて不快になる。 着物は男女とも「右前」なんだ。 それは中国( 隋唐時代)でも同じ。 現在は左前は「死者」。 作品の時代の左前は「尊い者」を表すそうだ。 それを倣ったのが聖徳太子。 左前の女性姿が出る度に不快になる もっとみる▼
▲ページTOPへ