マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少年・青年マンガ少年マンガ集英社ジャンプSQ.ジャンプコミックスDIGITAL憂国のモリアーティ憂国のモリアーティ 12
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
憂国のモリアーティ 12

作品内容

残酷なる脅迫王は人々の破滅を嘲笑う―― 脅迫王・ミルヴァートンこそが、メアリーの“秘密”を握りジョンとの結婚を破談させようと目論む張本人だった。自らの愉悦のためだけに、罪なき人々を破滅させるその卑劣な手口からジョンたちを救うべく、シャーロックはミルヴァートンとの直接対決を決意する!! ロンドンを掌握する強大な悪意に、裁きは下るのか…!?

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全19巻完結

  • 憂国のモリアーティ 11

    456pt/501円(税込)

    婚約者に漂うは奇妙な“事件”の香り―― ジョンの婚約者・メアリーは、不可解な“謎”を抱えていた。幼き日の父の失踪、毎年1粒ずつ届く真珠の贈り物、そして新たに、会談を求める差出人不明の手紙が――。メアリーに対する違和感を拭い切れぬまま、彼女の“謎”に足を踏み入れるシャーロックだが…!? 血塗られた“四人の署名”が、欲深き人間の業を暴き出す!!
  • 憂国のモリアーティ 12

    456pt/501円(税込)

    残酷なる脅迫王は人々の破滅を嘲笑う―― 脅迫王・ミルヴァートンこそが、メアリーの“秘密”を握りジョンとの結婚を破談させようと目論む張本人だった。自らの愉悦のためだけに、罪なき人々を破滅させるその卑劣な手口からジョンたちを救うべく、シャーロックはミルヴァートンとの直接対決を決意する!! ロンドンを掌握する強大な悪意に、裁きは下るのか…!?
  • 憂国のモリアーティ 13

    456pt/501円(税込)

    緋色に染まった両手の血を拭い去ることは出来ない―― 「犯罪卿の正体はウィリアム・ジェームズ・モリアーティ」 ――シャーロックによるミルヴァートン殺害を引き金に、大英帝国中を揺るがす衝撃の報道が駆け巡る。市民と貴族、その両者から忌み嫌われながらも、ウィリアムは自らの“計画”に基づき、特権階級の人間を粛清し始める。全ての罪を一人背負うウィリアムに対し、ルイスたちは…!?
  • 憂国のモリアーティ 14

    475pt/522円(税込)

    生きろ――魂の叫びが運命をも凌駕する―― 女王陛下からシャーロックに、犯罪卿逮捕の勅命が下る。無二の友としてウィリアムを救おうとするシャーロックだが、自らの死で大英帝国の浄化の完成を望むウィリアムにより、“モリアーティの物語”は着実にその結末へと近づいていく…。犯罪卿と名探偵、それぞれの胸に秘した想いが交わる時、炎上するロンドンで“最後の事件”は最終局面を迎える!!
  • 憂国のモリアーティ 15

    456pt/501円(税込)

    贖罪の為、己が罪と向き合う時―― ウィリアムとシャーロックがテムズ川へと消えた“あの日”から三年――。大英帝国とロシア、二大国間のパワーバランスを揺るがす重大機密の漏洩を阻止すべく、作戦を開始するルイスらMI6。だが、1発の弾丸が裏に潜む“意外な人物”を炙り出し…? 大国間のグレート・ゲームによる戦争の火種が燻り始める中、それぞれの、止まっていた時間が動き始める――
  • 憂国のモリアーティ 16

    456pt/501円(税込)

    振り返るな、前だけを見ろ。その言葉は男の支えであり、呪いでもあった―― 英仏協商の破綻を狙うバルモラル卿の暗殺を目論むモラン。殺人による解決を止めるべく、ルイスはモランと対峙する。ウィリアムへの思いの強さ故、2人は激しく衝突し…!? 一方、家長として罪を背負い幽閉されたアルバートは、ウィリアムへの懺悔で、夜ごとその身を灼いていた。幼き日、彼がウィリアムと出会い、犯した“原罪”とは!? 物語の“始まり”へと導く、その禁断の扉がいま開く――。
  • 憂国のモリアーティ 17

    456pt/501円(税込)

    光が照らす。歩む道がどんなに不確かでも――。 三年の時を経たウィリアムの帰還は、ルイスやアルバート、MI6の面々にとって、何物にも代え難い喜びとなった。懐かしい顔ぶれとの再会、新たな日々の始まりを祝して、シャーロックやジョンたちを招いた食事会が催される。その席上で語られる、米国へ渡ったシャーロックとウィリアムが、ニューヨークで過ごした“空白の時間”――運命という絆で結ばれた2人の物語が今、明かされる!!
  • 憂国のモリアーティ 18

    456pt/501円(税込)

    失ったものは二度と、取り戻せない――。米国政府からシャーロックに届いた“依頼”――それは法から外れた“ならず者”たちと結託し、残忍な手口で弱者の土地を奪う、地上げ屋を排除せよというものだった。その任務への同行を強く希望するビリー。その陰には故郷と親友にまつわる、ビリーの悲しい過去があった…。一方、犯した罪の重さから“何が最善の罪滅ぼしか”を探すウィリアムは、ニューヨークの街で一人の少女と出会い…!?
  • 憂国のモリアーティ 19

    494pt/543円(税込)

    答えはきっとない でも僕達はそれを探し続ける―― 卑劣な地上げ屋・マギンティと武装集団・スコウラーズが、ヴァーミッサの町への襲撃を開始。シャーロックとビリーは住民たちと共に周到な作戦と巧妙な罠で迎え撃つが、想定を上回る敵の勢力により次第に追い込まれて行く。一方、親友の危機を察したウィリアムは急ぎ白馬を駆る。“贖罪”の道を探し続ける二人が、揺るぎなき誓いを立てる!! 名探偵と犯罪卿の語られざる物語、第一部ここに完結!!
アニメ化

「憂国のモリアーティ〜百合の追憶〜」

【スタッフ情報】

脚本:石井風花 / 絵コンテ:石山タカ明、野村和也 / 演出:渡辺正彦、野村和也 / 作画監督:植田実、新野量太、細田沙織、松浦里美、斎藤美香、張益、山本径子、根津壮志、山田裕子、大野勉、天崎まなむ、宮本佐和子、渡辺愛、具志堅眞由、押田萌絵、斎藤晴輝、Tran Hoang、無錫市淏明動画 / 原画作画監督補佐:渡邉麻衣、小谷杏子

【関連リンク】

公式サイト「憂国のモリアーティ〜百合の追憶〜」

レビュー

憂国のモリアーティのレビュー

平均評価:4.7 575件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 良いマンガに出会えました!
    おだっちょさん 投稿日:2024/5/25
    僕はシャーロックホームズの名前しか知りません。 モリアーティて名前すらも知らない状態でこのマンガに出会いました。 だから、ストーリーの中で出てくる事件とか人物とか、何も知らないまま読んだ感想です。 読んでて涙するとか胸が熱くなるとかはなかっ たですが、読み終えてすぐに最初から読み直しました。 登場人物も多くないのでわかりやすいし、ストーリーも変な難しさがないので読み疲れしませんでした。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 久しぶりの鳥肌作品!
    藻屑さん 投稿日:2020/11/2
    シャーロック・ホームズの原作の知識、文学史や英国史、ヨーロッパ史、さらに言うなら数学や医学の知識など、自分に知識があればあるほど、深く面白く読める作品です! ですが最低限、モリアーティ教授がシャーロック・ホームズの最大のライバルであるとい う原作の関係性だけ知っていれば、十分楽しめるようになっていると思いました。 作画も美麗で目の保養になります… 多少残虐な描写もありますので、苦手な方は気をつけた方がいい話もありますが、それを差し引いても読む手を止められなくなる作品です。 憂国とは、国を憂う、国の未来を思う愛国者、という意味です。読み進める度に『憂国』という言葉の重みが増していきます。 アニメも現在放送されていますが、現時点ではかなり構成が違っている印象です。 簡潔に1話にまとめられており、悪く言えば内容を端折っているため、アニメだけだとモリアーティ教授の憂国の信念に多少の違和感を覚えます なので漫画を読んだ方がより作品を深く理解できますよ! ただアニメも作画は神ですし声優陣も素晴らしいです! 作画が美麗過ぎる作品は、視覚に頼って内容が薄いものが多いように思いますが、この作品は本当に内容がしっかり作り込まれていますので、シャーロック・ホームズの原作ファンの方も十分楽しめると思います!! 作品中のモリアーティ教授の如く、見た目も中身も完璧な作品です!! もっとみる▼
  • (5.0) 必要悪を認めざるをえないやり切れなさ
    TJKさん 投稿日:2022/9/29
    子供の為に購入しているので、紙版で18巻まで読みました。壮大な歴史ロマンにも似た大作だと思います。フィクションの小説が元になっているとはいえ、あまりに有名な作品なので、本家の内容と相違ある筋書きは絶対にNGのはずです。そんな風に制約のある中 で、シャーロック・ホームズからモリアーティへとスポットライトを当て直した別視点からのストーリーが斬新で、犯罪卿・アイリーン=アドラー・ジェームス=ボンドなどの人物設定とストーリー展開などは、正にストーリーテラーと言えると思います。当時の貴族社会における社会の闇が想像以上に深く濃く、あまりの痛々しさ・無慈悲さに怒りを覚えるような場面もありました。歴史ロマンと言ったのは、階級社会から民主化への変遷を知る手がかりにもなるかなと思ったからです。物語の骨格とも言える《犯罪》ですが、一言で「完全悪」とは言い切れない複雑な事件・人間関係も見どころで、どう頑張っても《必要悪》を認めざるをえない、やり切れない気持ちにさせられ、深く考えさせられる作品です。中にはちょっと笑ってしまうようなウィットに富んだ軽い話もありますが、本質のテーマはかなり重く暗いと思います。歴史・文学・人間心理など色々と学びのある秀作ではないでしょうか。 もっとみる▼
  • (5.0) 何十年ぶりに感情移入して涙が出ました
    たまちゃんさん 投稿日:2021/9/1
    14巻のウィリアムからシャーロックへの手紙に泣いてしまいました。もしお互い普通の友達なら、ファミリーみんなの思いもなんとも言えなくて、色んな気持ちが込み上げて今14巻を読み終えて深夜3時…隣で家族が寝てる中、泣きながら読んで、レビューを書か ずにはいられませんでした。漫画の台詞が多いとパラパラめくってしまう癖がある私でも、この漫画は一言一句読み込んでしまうほど本当に魅力的なんです。久しぶりにいい漫画に出会えたなぁと、知れて、読めて良かったなと思ってしまうほど。そして、シャーロックホームズはコナンのイメージでしか知らなかったけど、漫画を読むごとに登場人物や地名等、ネットで調べながら読んでいました(これがまた面白いんです本当に!)。最後の事件のこともネットで調べてから読みましたが、まだ物語が続くようで良かった、、!これからも絶対読み続けたいと思える漫画です。※3/9追記 第一部完結とても良かったです…。またまた深夜に1人涙を拭きながら読みました。なんといっていいか、とても綺麗で心が温かくなる終わり方で…良かったですとにかく!!!真夜中のレビューでした。二部もまた見れるなんて最高… もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

ホームズの宿敵が主役
設計:チェック(シーモアスタッフ)
コナン・ドイル「シャーロックホームズ」シリーズを構成・竹内良輔先生、画・三好輝先生でコミカライズ!2019年ミュージカルも決定!あのシャーロック・ホームズの宿敵・モリアーティ教授が主役!腐った貴族社会を正すという信念の元、犯罪相談役として暗躍する物語。シャーロキアンならずとも必見の作品!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ