漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

大阪ハムレット 4巻

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.3) 投稿数15件
大阪ハムレット(5巻完結)

作品内容

ヤンキー高校生、女の子になりたい男の子、大学生と偽って23歳の女性とつきあう中学生。一癖ある人間たちの日々を浪花の下町情緒の中に描く!!あっけらかんとした“浪花節”にくすっと笑い、ほろっと涙する!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全5巻完結

  • 大阪ハムレット 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    ヤンキー高校生、女の子になりたい男の子、大学生と偽って23歳の女性とつきあう中学生。一癖ある人間たちの日々を浪花の下町情緒の中に描く!!あっけらかんとした“浪花節”にくすっと笑い、ほろっと涙する!!
  • 大阪ハムレット 2巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    ヤンキー高校生、女の子になりたい男の子、大学生と偽って23歳の女性とつきあう中学生。一癖ある人間たちの日々を浪花の下町情緒の中に描く!!あっけらかんとした“浪花節”にくすっと笑い、ほろっと涙する!!
  • 大阪ハムレット 3巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    ヤンキー高校生、女の子になりたい男の子、大学生と偽って23歳の女性とつきあう中学生。一癖ある人間たちの日々を浪花の下町情緒の中に描く!!あっけらかんとした“浪花節”にくすっと笑い、ほろっと涙する!!
  • 大阪ハムレット 4巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    ヤンキー高校生、女の子になりたい男の子、大学生と偽って23歳の女性とつきあう中学生。一癖ある人間たちの日々を浪花の下町情緒の中に描く!!あっけらかんとした“浪花節”にくすっと笑い、ほろっと涙する!!
  • 大阪ハムレット 5巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    手塚治虫文化賞短編賞+文化庁メディア芸術祭優秀賞ダブル受賞の本作、待望の第5巻!。かつて本作は松坂慶子主演で映画化、大好評を博しました。この第5巻も相変わらず喜怒哀楽てんこ盛りです。愛らしい4コマ漫画キャラ、アザラシのゴマちゃんで有名な『少年アシベ』を描き一世を風靡した著者がストーリー作品に挑み、人生の哀歓を深く描き切り、読む者を感動させた新境地です。手塚治虫文化賞と文化庁メディア芸術祭優秀賞ダブル受賞をしてからも更にその内容を充実させています。約7年ぶりの刊行となる第5巻は、WEBコミックアクションで配信された2シリーズ、計6作品をまとめたもの。

レビュー

大阪ハムレットのレビュー

平均評価:4.3 15件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) これぞ森下ワールド
    パンサークローさん 投稿日:2021/6/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 西日本にすんでさえ、ガサツで平気で人にズケズケとモノを言ってくるというイメージで見られがちな、大阪の人。 それは、半分ホントで、半分間違いかもしれないが、本作では、大阪にも、ふんわり優しい人たちがいることを教えてくれます。(当たり前なんですが) 心が、少しつらい時に読みすすめると、涙が流れてきます。何度でも、心の汚れを、洗い落としてほしい。 全編、主人公はピュアな人たちばかり。救いようのない悪人や、事情あれども許されない登場人物があまり制裁されなかったり、それどころか幼少期に救ってくれた友人が困窮していても助けの手を述べず、かつての共通の敵と仲良くなったりと、必ずしも全員ハッピーエンドではないことも。 それもまた、現実で、だからこそ、おお甘にならない展開に、心を刺されながら、プラマイゼロからの、ややプラスで救われる、そんな感じの珠玉の名作です。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 四コマ漫画の天才が書いた傑作漫画。
    しろくろうさぎさん 投稿日:2021/5/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 もう15年前に執筆されてたんですね。 今読んでも色褪せないどころか、今でも斬新的。LGBTも積極的に書かれてます。 海へ還るバスでも思いましたが、女性同士が多いかな。 少年アシベの頃から追い掛けてます、森下裕美先生。ふわふわな明るい話もダークな話も、しっかりオチも上手。 毎日の様に四コマをかかれて居るので、構成力、考察力、観察力が違うな。 20代で読んだ時あまりの内容に衝撃的過ぎてちょっと言葉にならなかったのですが、30代に読むと前と違う登場人物に感情移入してしまい泣きそうになった。また10年後読んだらどんな感情が出るかな。先生やっぱり天才だな…なんてアホな感想しか出てこない。 嫉妬、尊敬、感謝、復讐、愛情、苛め、介護、子供、同性愛、お金、仕事、結婚、離婚、家族、宗教 人間の弱さとか強さ優しさ色々詰まってます。良くここまで性別、年代、立場の違う人物が書けるものですね。 個性的で憎めないキャラクター。可愛らしい絵柄ですが正直、登場人物の毒有ります。アシベとかのふわふわ系にも毒があって面白かったですが更に毒を濃縮した感じ。猛毒でも中毒性が有り、媚薬でもあるストーリー。更に関西弁が自然と入って来るので憎めない。 個人的には3の女忍者が心に残りました。早く逃げて欲しいけど、良い思い出が邪魔をするんだよね。 焦れったいけど、ちょっとリアルで絶望した。こんなに辛くて悲しいのに思い出も世界も変わらない。 4の阿倍野マリアの大阪弁のおじちゃんも良い清涼剤になって良かった。クレーマーがファンになってる(笑) 重く書いてますけど、全体的に最後は少し救いが有りますのでスッキリです。是非とも一読を。 続きを読む▼
  • (5.0) 読んで良かったです!
    yukiさん 投稿日:2017/10/7
    1話ずつ読む事に、とても心が満ちていきます。人生にある悲しさ、切なさが誤魔化されることなく描かれていて、どんどん引き込まれていきます。そして、登場人物が身近にいるように感じます。だからこそ、それは誰にでもあることで、皆何かしらあって、それで も笑顔で生きていると感じることが出来る作品です。読むとなぜだか明るいきもちになっちゃいます! もっとみる▼
  • (5.0) 涙がポロリ
    bokaさん 投稿日:2021/4/25
    少年アシベのゴマちゃんのぬいぐるみを今ももっていますが、こちらの作品は読むと涙がポロリとこぼれる物語がたくさん描かれています。生きていると辛いことや予期しない出来事が発生するけれども、明日はどんなことが起こるのかなと、また前を向いて歩いてい けます。森下先生、いつまでもお元気で。 もっとみる▼
▲ページTOPへ