漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

はだける怪物(上)[小冊子付特装版]

通常価格:
980pt/1,078円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.8) 投稿数618件
はだける怪物(2巻完結)

作品内容

セフレから始まって、恋人同士になった秀那(しゅうな)と林田(はやしだ)。そんなある日、秀那に大阪支社への転勤の辞令が出て……。ピアス跡だらけの『怪物』林田と、器用な恋しか知らない秀那。おげれつたなかが剥き出しにする、「好き」のその後の物語。
林田が秀那と出会うよりずっと前、「かんちゃん」だった頃の恋が腐食していく日々を描いた『はだける怪物』前日譚「薊」(あざみ)を収録した特装版!「薊」は2015年刊行の同人誌を復刻したもので、リバ表現があります。
※こちらは[小冊子付特装版]です。小冊子収録のない[通常版]と本篇の内容は同じです。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全2巻完結

  • はだける怪物(上)[小冊子付特装版]
    登録して購入
    通常価格:
    980pt/1,078円(税込)
    セフレから始まって、恋人同士になった秀那(しゅうな)と林田(はやしだ)。そんなある日、秀那に大阪支社への転勤の辞令が出て……。ピアス跡だらけの『怪物』林田と、器用な恋しか知らない秀那。おげれつたなかが剥き出しにする、「好き」のその後の物語。
    林田が秀那と出会うよりずっと前、「かんちゃん」だった頃の恋が腐食していく日々を描いた『はだける怪物』前日譚「薊」(あざみ)を収録した特装版!「薊」は2015年刊行の同人誌を復刻したもので、リバ表現があります。
    ※こちらは[小冊子付特装版]です。小冊子収録のない[通常版]と本篇の内容は同じです。
  • はだける怪物(下)【電子限定おまけ付き】
    登録して購入
    通常価格:
    700pt/770円(税込)
    セフレだった秀那と林田は、恋人同士になり、今は大阪と東京での遠距離恋愛中。秀那は大阪で、偶然林田の元カレ・弓と出会う。弓は、かつて林田が暴力を振るっていた相手で、今も林田の部屋の壁に貼られた写真のひとだった。そしてある時、秀那は弓の体に未だ残る、林田の暴力の痕を見てしまい……。『怪物』だった林田と、彼を好きになってしまった秀那。「好き」だけで終われない、いびつなふたりの物語、いよいよ完結。

レビュー

はだける怪物のレビュー

平均評価:4.8 618件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 泣けます
    匿名さん 投稿日:2021/5/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 かんちゃんの苦しみ、そしてしゅうなのかんちゃんを支えたいけどどうしたらいいのか分からなく葛藤していく様… かんちゃんがどうして暴力をふるうことになったのか、そして弓はその時どう感じていたのか、この二冊でとてもよくわかりました。 そして、弓が出て行くときどうして「ありがとう」と言ったのかやっとわかりました。 最後写真を貼っているときの表情……あれがすべてを物語っていると思いましたね。 弓が真山の事心のすみにあったと思うと、一途なかんちゃんがかわいそうと思ってしまうけど、今お互い大切な人と素敵な時間を進めれてるならいいかなと思いました。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 切なくてエロくてドキドキする作品
    ゆっくさん 投稿日:2020/1/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 会社の後輩秀那と付き合ってからのその後の話 上手くいってるようでやはり好きだった弓をDVで苦しめてしまったことが 忘れられず罪の重さに苦しみ過去にとらわれているのだなとと思いました。 もちろんどんな理由があれDVは許されないことでしてしまった加害者はそのことを一生忘れてはならない、だって被害者は一生消えない傷を心と体両方辛くて苦しめられてだからこそやった人はそのこと忘れて幸せになることは許されないと思う。 おげれつ先生はそこをちゃんとリアルに描いてるので読んでて苦しんでるかんちゃんの気持ちが痛い程伝わってきて先生本当に心情上手く描くなと思った。 かんちゃんと弓の過去辺が描かれた「薊」は何故あんなに笑顔が素敵で優しかった かんちゃんが弓にDVする様になったのかが描かれていてとにかくこれが読むのも辛くなるぐらい苦しい話、もうかんちゃんが就職して会社がブラックすぎて従業員もクズばかりでこれでは優しかったかんちゃんも変わってしまうのは無理ないなと思った。このシーンは読んでて1番辛かったです。 弓も家族や弓のために辛くて苦しくても懸命に頑張ってるかんちゃんに頑張れは言ってはダメだった頑張ってる人に一番言ってはいけない言葉言ってしまって一番理解して支えて欲しい人に言われてはかんちゃんも限界で壊れてしますのは分かる。 かんちゃんは本当に弓の事好きだったのが読んでて伝わってくるのだが 弓の方はかんちゃんと同じぐらい好きだったようには思えなかった。 本気で好きならまず昔好きだった男と繋がりがある物しかも壊れたケータイ いつまでも持っていないと思うし、しかもそのケータイ触ろうとしたら弓には珍しく激しく起こって、かんちゃんもビックリしてたし、やはり弓が本気で好きなのは真山なのだなとだからいつまでも壊れたケータイ捨てれなかったのだなと思った。 触れて欲しくないでも本当は触れて欲しい、弓の心の傷それを不器用なりにめげずに何度も向かって思いを伝えてくれる真山に自然と惹かれたのかなと錆びた読んだ時思った。 そしてかんちゃんを本当の意味で理解して欲しい言葉を言ってくれてどんなに酷いこと言われて拒否られてもめげずに笑顔で向かって行った秀那だからかんちゃんも傷ついた心も少しづつ癒されていったのだと思う。 あと最後までと弓とかんちゃんが再会することなく終わったのは本当に良かったと思う。 続きを読む▼
  • (5.0) 全BL作品の中で1番好き。かんちゃんらぶ。
    のんさん 投稿日:2017/12/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 心から、待ち望んでました!先生の作品は全て持ってますが、その中でもダントツで1番好きなかんちゃん。特装版を絶対におススメします。 もう本当に心が痛くなる。かんちゃんが心から笑ってくれれば私も幸せです。上下巻で終わるのがつらいです。。 弓とかんちゃんは会わずに終わっちゃうのかな。。 かんちゃんと弓はリバップルだったんですね。イケメン攻めが好きな私としてはねちっこい弓攻めを見たかった。かんちゃんから笑顔を奪った上司がめちゃくちゃ憎いけど、でもそれがなきゃこのストーリーが始まらなかったのでしょうがないけど。それにしても高校生かんちゃんがかわいいし、受けにしか見えない。かんちゃんならなんでもよいけど、昔みたいなかわいいかんちゃんに戻れる日がくるとよいなぁ。あー、最高です。本当かわいい。受けの才能ありすぎる。 ほどける怪物、はだける怪物ときて、次辺り消える怪物的な続編出してくれないかな、先生。次号のシェリプラスでクライマックスとか寂しすぎる。これ終わったら何を楽しみに生きて行こうって感じ。 下巻でかんちゃんと弓が会えて、かんちゃんが完全に解けて、しゅうなと生きていく道を選んで、さらに続編で2人が家族として生きていくぐらいまで描いて欲しい。。で、渋谷区で同性婚しても養子縁組してもよい。笑 妄想すいません。でも、本当に終わらないでほしい。。 かんちゃんを追い詰めたのは、会社50、家族40、弓10%だと思ってしまう。かんちゃんは弓の事本当好きだったしだからこそ、弓の心に踏み込めない人がいるのを気づいてただろうし。弓はかんちゃんの事本当に好きだったのかな。そうじゃないと弓に対して良い感情もてない。そんなのかんちゃんが悲しいすぎる。ケータイ触るなってひどい。 弓は相変わらずな生き方してて成長してないなーと思ってしまった。好きな人について行って住む場所を変えるって普通の責任感ある人ならできない選択な気がする。 続きを読む▼
  • (5.0) 傑作
    kikiさん 投稿日:2020/1/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 かんちゃんが救われてよかった。幸せになって良かった。ずっとかんちゃんの幸せを願っていたから。絶対に絶対に幸せになって欲しかったから。秀那のおかげ。秀那、ありがとう。かんちゃんを受け入れて、愛してくれて。二人が幸せになって本当に本当に良かった。 弓が、かんちゃんが再び笑顔になってくれる事をずっと願っていた事にも、贈り物にアルバムをくれた事にも涙。きっと何も貼っていない空のアルバム。これに弓の気持ちが全て詰まっているんだね。言葉を交わさなくても分かり合える2人。これで良かったんだよね。 かんちゃんと弓は間違えたかもしれない。でも確かにお互いを想う気持ちはあって。すれ違っただけでは済まない傷を負ってしまった2人だけど、苦しんで苦しんで苦しみ抜いたからこそ、もういいよ、もう十分だよ、幸せになっていいよって、赦されたんだと思う。だから新たな光と新たな愛に出逢えた。また同じ間違いを犯さないために、負わせた傷も負った傷も忘れずに、新たな道を歩き出すかんちゃんと弓の姿に涙が止まらない。そして、そんなかんちゃんを大きな愛で支える秀那にも。これからかんちゃんのアルバムが、かんちゃんと秀那の笑顔で一杯になりますように。 かんちゃん、秀那、弓。皆が幸せになって、希望のある未来へ歩き出す姿を見れて、本当に嬉しかった。幸せだった。 おげれつ先生なら、きっとこういう結末にしてくれると思っていました。 また傑作が生まれました。ありがとうございました。 続きを読む▼
  • (5.0) ★初めてだ。こんなみっともない恋
    nekoさん 投稿日:2017/12/9
    「錆びた夜でも恋は囁く」〜「恋愛ルビの正しいふりかた」収録「ほどける怪物」〜「はだける怪物・上」と読むとより深く作品を楽しめるかと思います。特に今作にでてくる二人の始まりがわかる「恋愛ルビ〜」はオススメです。 前作「ほどける怪物」で恋 人同士になった秀那と林田。林田の視線の先にある写真が気になる秀那に大阪転勤が決まり…。今まで自分がしてきた恋と全く違う林田との関係に戸惑う秀那。過去の弓との日々を思い返す林田。回想にでてくる「かんちゃん」と弓が呼ぶシーンに胸が締め付けられます。Hのシーンにも圧倒されますが、この作品はなんと言っても二人の揺れる心理描写が見事で、読み始めると読み手の心も持っていかれてしまいます。Hも濃厚なので、じっくり読める環境と尚且つ読む場所に注意が必要な作品です。下巻が出てから一気に読もうと思っていたのに、我慢できずに読んでしまいました…。先が気になってたまらないけど、とにかくラストは幸せな笑顔が見たいです。 「薊」小冊子 52ページ 「かんちゃん」こと林田と弓のお話。ただひたすらかんちゃんが変わってしまったきっかけの会社が憎い。そしてかんちゃんだけが背負っていた妹の学費のこととかたまらない気持ちになった。弓にしていたことはいけないことだったけど、かんちゃんが壊れていってしまった背景がよく分かって本当に辛かった…。 もっとみる▼
  • (5.0) もう下巻が読みたい!
    やあだねさん 投稿日:2017/12/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 これを勢い良く買う方は、もちろん前作「はだける怪物」や、「錆びた夜でも恋は囁く」を読んでる方がほとんどだと思うのですが、まだの方は「錆びた夜でも〜」と「恋愛ルビの正しいふりかた(はだける怪物)」が1月はじめまで安いみたいなので是非一緒に読んで欲しいです! 前置きが長くなりましたが、内容はサイコーです。待ったかいがありました!かんちゃん、エロかわい過ぎます。 順調に交際を続けている2人ですが、秀那が転勤することになり遠距離交際がはじまります。 秀那目線で話が進むことが多く、秀那の内面がわかります。いつもクールだった秀那が林田さんに対しては余裕がなくなる。特別なんですよね。でも林田さんの心には別な忘れられない人がいて…。お互い大事に思ってるのに不器用な2人が切ないです。 ラブラブではあるのですが、結構気になる終わり方をします。早く下巻が読みたい! 小冊子は心折れる内容だと聞いていたので覚悟して読みました。明るいかんちゃんの心がどんどんすり潰されていく様子が描かれていて、たなか先生の表現する力に圧倒されます。 全体的に重めの雰囲気の中、描き下ろしが明るい雰囲気で救われます。小冊子を読んだあと、描き下ろしを読んで心の安定を取り戻しました。 二人がずっと幸せに暮らせる日々が早く来ますように…。 続きを読む▼
スタッフオススメ!
  • 痛いほどの愛情と思い
    過去、恋人に暴力をふるっていた林田。秀那と出会って過去の過ちに怯える日々から解放されていきます。あと少し…!のところで林田の転勤が決まってしまいます。彼らの本当の笑顔は見られるようになるのでしょうか…。愛情の本質や慈しみを感じられるみっともなくも深い愛の物語です。
    制作:コーヒーマニア
▲ページTOPへ