漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

どるから (6)

通常価格:
720pt/792円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで

360pt/396円(税込)

(4.6) 投稿数7件
どるから(6巻配信中)

作品内容

脱税の罪で実刑判決を受けたK-1の創始者・石井館長。
1年間の刑期を終え静岡刑務所を出所した石井館長だったが、その直後、トラックにはねられ即死。
そしてその魂はなんと女子高生・ケイに乗り移ってしまう!
K-1創世記から20年――格闘界のフィクサー・石井和義が女子高生に憑依(!?)し、もう一度「空手」に向き合う青春浪漫ストーリー。
★単行本カバー下画像収録★

作品ラインナップ  6巻まで配信中!

レビュー

どるからのレビュー

平均評価:4.6 7件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) 石井館長、女子高生になる。
    ちるちさん 投稿日:2020/6/9
    実在する空手家・石井和義氏(新日本空手道連盟 正道会館の館長。K-1プロデューサー)が、事故で死んでJKの体を不可抗力で乗っ取る話。※実在の石井氏はご存命。やっぱりちゃんと知識と経験のある大人がストーリー作りの段階で加わっているというのは面 白い。ただ、ここから個人的好みの問題になるが、ややスッキリしない話運びが多い。主人公が石井館長だけど「俺ツエー」にならないのはとても好感が持てるのに、主人公ではない敵キャラ(途中で味方に戻る)が「俺ツエー」状態になり、主人公が勝負から退場したまま敵キャラ勝利! という展開に少々フラストレーションが溜まる。そして女子高生の母親が今度はツエー状態(つまり新たな敵)になるので、なんだか気が削がれてしまった。こういうとこ、昔からあるマイナー誌の青年漫画っぽいディレクションだなーと思うんだけど、マイナー誌の悪いところ出てるなあというのが正直な感想。 もっとみる▼
  • (5.0) おーい、佐竹。これ読んでみろ!
    cozyさん 投稿日:2020/1/27
    ケンカもカネも底抜けに強い、ご存知元K-1の石井館長の漫画。 合理主義というか、功利主義というか。キレイゴトでなく「お金は大事」「勝った奴だけが強い」と言い切る潔さが心地よい。 けど、人情にモロかったり、時には損も買って出る人間 味もあったりする。 そんな風に読んでた時、佐竹との一件(というか一方的な言い分)を思い出す。佐竹は「館長はカネに汚い」と言うが、館長はそんな批判は屁とも思わないから弁解もしないんだよ、たぶん。佐竹の「外人ジャッジがおかしい」との主張にも、「そういうお前は一度もスッキリ勝ってないやろ!」とツッコみたくなる。 おい、佐竹。「押忍、館長!」と飲み込むのが男やぞ。 もっとみる▼
  • (5.0) どるから
    Fullkyさん 投稿日:2020/1/21
    K-1創始者、石井和義館長とハナムラさんじゅっさいなどの作者ハナムラ先生がタッグをくんだ作品
▲ページTOPへ