漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

きっと愛だから、いらない 8

通常価格:
420pt/462円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.2) 投稿数155件
きっと愛だから、いらない(8巻完結)

作品内容

余命一年の少女の恋、ついに完結!

円花の病気に治療法があることが分かり、2人の恋に希望の光が差し始める。さらに、円花と光汰のバンドのデビューも決まり、何もかもうまくいくかのように見えた。ところが、デビューライブで円花の症状が悪化してしまい…。円花と光汰の運命はどうなる…!?この恋の行方は涙なしには読めない!最初で最後のピュアラブストーリー、堂々完結。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全8巻完結

  • きっと愛だから、いらない 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    余命1年の少女の、最初で最後の恋

    わたしは恋がしたいです
    命の砂が落ちる、その時間まで

    重い病を患う円花(まどか)は、余命宣告されたことをきっかけに「恋がしたい」と願うようになる。円花が恋の相手に選んだのは、学校一のプレイボーイ・光汰(こうた)。

    恋がなにもわからなかった円花だけど、光汰と一緒にたくさんの「はじめて」を経験するうちに、自分の中にある、今まで知らなかった感情と出会って…?

    センチメンタル&ドラマチックラブ、第1巻!
  • きっと愛だから、いらない 2巻
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    人生で一番忘れられないキスをする…

    1年後にわたしが死ぬって言ったら、吉良くんは変わらず笑ってくれるのかな

    彼女ってなにをすればいいんだろう?

    光汰(こうた)に喜んでもらいたい。その一心で、新しい挑戦を続ける円花(まどか)は、光汰たちのバンド合宿に参加することに!

    病気になってから初めての「仲間との旅行」に胸を躍らせる円花だけど、円花のことをよく思っていない、光汰のおさななじみ・結愛(ゆあ)の不満が爆発して…!?

    センチメンタル&ドラマティックラブ、波乱の第2巻!
  • きっと愛だから、いらない 3
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    大切なファーストキスの記憶がない!?

    たくさんの人の前でしたファーストキス…だけど、私はそれを覚えていなかった――

    バンドのライブ中に倒れてしまった円花(まどか)。ついに病気のことを仲間たちに打ち明けたけれど、余命のことまでは、どうしても言えずにいた。

    合宿中にファーストキスをした円花と光汰(こうた)だったけど、迫る病魔によって、円花はその記憶を失ってしまい――。

    その事実に動揺する円花に、光汰は「もう一度ファーストキスをしよう」と言って…?

    切ないドラマチックラブ、第3巻。大ヒット「なみだうさぎ~制服の片想い~」の新作エピソードも収録♪
  • きっと愛だから、いらない 4
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    吉良vs久世、円花をめぐる三角関係!?ねぇ 吉良くん「さくらさんのこと 今も好き?」独占欲なんて病気よりタチが悪いわ。チャラチャラして見える光汰の瞳の奥に隠された想いがあることに気づきはじめた円花。その想いの先にいるのはバンドの前ボーカル・さくらで、光汰が初めて好きになった女(ひと)だと知った円花だけど、自分は自分の生き方で光汰の胸の中に残りたい、と思い…?ついに余命のことを光汰に打ち明けようと心に決めるけれど――!円花と光汰の出会いや文化祭でのラブラブエピソードも盛りだくさんの第4巻です。
  • きっと愛だから、いらない 5
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    ついに円花の「生きたい」という想いが―!今 高宮を諦めるより傷つくほうがいいどんな風にもひとりで立ってる強くて誰よりやさしい高宮を好きでオレはうれしいんだ円花から「余命」を告白されて取り乱した吉良を見た円花は自らの判断を悔やむ。そして吉良とさくらの間に起こった悲しい過去を知り…さらに、運命の歯車に翻弄される2人の前に音楽プロデューサーを名乗る怪しげな男が現れ、ラズライトをテレビ出演させると言い出して…!?円花、光汰、そして久世…それぞれの想いが爆発したその先には――!感動必至の第5巻!
  • きっと愛だから、いらない 6
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    新章開幕! 運命の歯車が大きく動き出す!

    神様どうか
    1秒でも長く
    わたしを吉良くんのそばで
    生きさせてください


    2人で病気と向き合っていく覚悟を決めた円花(まどか)と光汰(こうた)。

    もっと吉良くんにぴったりくっつきたい…そんな円花の気持ちを察するかのように光汰は円花をクリスマス旅行に誘って…?

    忘れられない夜を過ごした2人…そんな時、ラズライトの映像が街頭ビジョンに流れ――!
  • きっと愛だから、いらない 7
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    円花の恋と夢が走り出す・・・!

    円花と吉良のバンド「ラズライト」が、人気バンド「シリウス」のデビューライブにゲスト出演することになった。はじめてのライブのために、新曲を用意した円花たち。ところがライブ当日、シリウスがその曲を先に歌ってしまう。曲を盗られた円花が取った行動とは…!? 好きな人のために命の限り歌いたい、円花の夢はかなうの・・・!? 期限付きの恋と夢が走り出す、ドラマチックラブストーリー第7巻。
  • きっと愛だから、いらない 8
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    余命一年の少女の恋、ついに完結!

    円花の病気に治療法があることが分かり、2人の恋に希望の光が差し始める。さらに、円花と光汰のバンドのデビューも決まり、何もかもうまくいくかのように見えた。ところが、デビューライブで円花の症状が悪化してしまい…。円花と光汰の運命はどうなる…!?この恋の行方は涙なしには読めない!最初で最後のピュアラブストーリー、堂々完結。

レビュー

きっと愛だから、いらないのレビュー

平均評価:4.2 155件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 良かった!
    Mikaさん 投稿日:2021/4/26
    無料分を読んで、続きが気になり、だんたんとハマってきて、最後まで購入しました病気などのテーマは、辛くなっちゃうので私はあまり買わないですが、凛として1年を懸命に生きる円花ちゃんがとても魅力的で吉良くんが、お顔も心もカッコよすぎて2人を 見守りたい気持ちが大きかったです きゅんきゅんと、切なさと、涙と心が忙しかったです。素敵な2人の愛に感動しました 最後が、展開が早くてちょっと寂しかったですが、、円花ちゃんのこの1年の物語だから、と納得しました 題名の意味が、まだ私は分かっていないので、またゆっくり読み返したいなぁと思っています もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 最高
    昆布さん 投稿日:2019/3/28
    【このレビューはネタバレを含みます】 私はまだログインしていない時に初めてこの作品を読みました。だから1巻しか読めませんでしたが、レビューを書かせていただきます。はじめに私はヒロインの女の子が病気を患っている(余命宣告されている)所に興味を持って読もうと思いました。そしてなによりも「ヒロインは学校の高嶺の花と思われる存在でありながら、学校一のチャラ男?!と思われている男の子にどんどん惹かれていく」という設定に最も関心を持ちました。まだ一巻では彼に病気を患っていることを知られていないけど、この先きっと知る時が来るはずですよね。どのようなシチュエーションで知られるのか1巻から先が読んでみたくなりました。 続きを読む▼
  • (5.0) 良かった!
    ちこさん 投稿日:2020/7/15
    【このレビューはネタバレを含みます】 病気のため余命短い美少女とちょっとチャラめのイケメンな彼との純愛です。病気のせいもあるけど、主人公の彼女は最初冷たい感じがします。それが彼と出会って恋をし、歌う幸せを感じることでだんだんと温かく素敵に変わっていくのが読んでいてよく伝わってきました。彼も彼女を愛することで、強く頼りがいのある男性に成長していくのが良かったです。二人の恋愛はもどかしいけど、とても純粋で、思いの強さが感じられました。ラストはどうなるか心配でしたが、納得の展開でスッキリ読み終えることができました。 続きを読む▼
  • (5.0) 病気と向き合い強く生きる女の子と彼氏に涙
    まりんころさん 投稿日:2020/7/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 命の重みと大切さについて考えさせられる深い物語です。余命1年なんて悲観してヤケになってしまってもしょうがないですが、周囲の励ましのお陰でやりたい事に物怖じせず強く生きる円花が強く美しいです。また、円花の病気に真っ直ぐ向き合う光汰を見て、1巻の頃はチャラ男だったのに本当に変わったなぁと感動しました。全体的には大満足でしたが、欲を言えば最後は記憶が元に戻ってすぐ終わってしまったのでもっと続きが見たかったです。 続きを読む▼
▲ページTOPへ