マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少年・青年マンガ青年マンガ双葉社月刊アクション京都寺町三条のホームズ(コミック版)京都寺町三条のホームズ(コミック版) 13巻
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
青年マンガ
京都寺町三条のホームズ(コミック版) 13巻
13巻配信中

京都寺町三条のホームズ(コミック版) 13巻

660pt/726円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

京都の寺町三条商店街にある骨董品店『蔵』でバイトする女子高生・真城葵は、この店のオーナーの孫であり、『寺町三条のホームズ』と呼ばれている家頭清貴とともに、店に舞い込む奇妙な依頼を受けることに。2人が同時に調査していた仏像の連続盗難事件と、ある女子高生の失踪事件が繋がりはじめ、巨大な組織的犯罪が裏に存在していることが判明。真相を暴くべく清貴は、探偵の小松とともに組織の本丸へ乗り込む!長編『新緑のサスペンス』ついに決着。第4回京都本大賞受賞の超人気小説、コミカライズ第13弾!

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  13巻まで配信中!

  • 京都寺町三条のホームズ(コミック版) 11巻

    640pt/704円(税込)

    京都の寺町三条商店街にある骨董品店『蔵』でバイトする女子高生・真城葵は、この店のオーナーの孫であり、『寺町三条のホームズ』と呼ばれている家頭清貴と二人、店に舞い込む奇妙な依頼を受けることに。ついに恋人同士になった清貴と葵。『蔵』でも互いを意識して嬉しいやら恥ずかしいやら。そんな折、二人は仏教関係の芸術品が連続盗難に遭うという奇妙な事件を耳にして!?長編ミステリー『新緑のサスペンス』を収録した、第4回京都本大賞受賞の超人気小説、コミカライズ第11弾!
  • 京都寺町三条のホームズ(コミック版) 12巻

    660pt/726円(税込)

    京都の寺町三条商店街にある骨董品店『蔵』でバイトする女子高生・真城葵は、この店のオーナーの孫であり、『寺町三条のホームズ』と呼ばれている家頭清貴とともに、店に舞い込む奇妙な依頼を受けることに。恋人同士になった2人は、仏像の連続窃盗事件と、ある女子高生の失踪を同時に調査していた。別々だと思われた事件が繋がり、巨大な組織的犯罪の影が見え隠れするなか、依頼者にも危害が及び…!?長編『新緑のサスペンス』はクライマックスへ。第4回京都本大賞受賞の超人気小説、コミカライズ第12弾!
  • 京都寺町三条のホームズ(コミック版) 13巻

    660pt/726円(税込)

    京都の寺町三条商店街にある骨董品店『蔵』でバイトする女子高生・真城葵は、この店のオーナーの孫であり、『寺町三条のホームズ』と呼ばれている家頭清貴とともに、店に舞い込む奇妙な依頼を受けることに。2人が同時に調査していた仏像の連続盗難事件と、ある女子高生の失踪事件が繋がりはじめ、巨大な組織的犯罪が裏に存在していることが判明。真相を暴くべく清貴は、探偵の小松とともに組織の本丸へ乗り込む!長編『新緑のサスペンス』ついに決着。第4回京都本大賞受賞の超人気小説、コミカライズ第13弾!
アニメ化

「京都寺町三条のホームズ」

【声の出演】

真城葵:富田美憂 / 家頭清貴:石川界人 / 梶原秋人:木村良平 / 円生:遊佐浩二 / 滝山利休:小林沙苗

【あらすじ】

京都の寺町三条商店街にポツリとたたずむ、骨董品店『蔵』。女子高生の真城葵はひょんなことから『蔵』の店主の息子、家頭清貴と知り合い、アルバイトを始める。清貴は、物腰は柔らかいが恐ろしく勘が鋭く『寺町のホームズ』と呼ばれていた。葵は清貴とともに、客から持ち込まれる骨董品にまつわる様々な依頼を受けていく。

【制作会社】

スタジオ・セブン

【スタッフ情報】

原作:望月麻衣、秋月壱葉(「月刊アクション」双葉社刊)

監督:佐々木勅嘉

シリーズ構成:山下憲一 / キャラクターデザイン・総作画監督:伊藤陽祐

レビュー

京都寺町三条のホームズ(コミック版)のレビュー

平均評価:4.3 179件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) 清貴くんと葵ちゃんの未来も楽しみ
    チャウプーさん 投稿日:2021/9/10
    この作品を知ったのは 2018年に放映されたアニメでした 毎週楽しみに拝見していたので 今回読ませていただき 当時のアニメを懐かしく思い出しました この作品の中では骨董品店でバイトしている オーナーの孫(通称ホームズ)の清貴 くんが 色々な人から相談を持ちかけられ それを解決をするわけなのですが その中で出てくる骨董品や歴史上の人物 京都についてなど清貴くんが朗々と語ります それの説明はとても分かりやすく 単なる推理物語というだけでなく 私は色々な面の勉強としても楽しめました そんな中でも私がとっても好きなのは 普段は標準語を話している清貴くんが 怒った時に京都弁になるところです 私は京都弁の男性に色気を感じちゃうんですが その時の清貴くんは はんなりとした京都弁にもかかわらず とても怖く感じるくらい怒っているのがよく伝わり その切り替わりがとっても人間らしくて大好きです それから難問解決とは別件ですが 清貴くんと葵ちゃんは共に似たような失恋経験をし 恋することに臆病になっているようです それでも お互いをバイト仲間以上に想い始めているようなので 是非その想いが成就すれば良いなぁと (10巻の終わりでは互いの気持ちを伝えることができ) 清貴くんが巻き込まれる難事件の解決と共に 二人の恋の結末に 祝福の鐘の音を聞く事ができるところまでいくのかを 楽しみにしています もっとみる▼
  • (5.0) いい話
    XJAPANさん 投稿日:2020/1/31
    【このレビューはネタバレを含みます】 最初は名前のタイトルにあるホームズをみて探偵ものかなと思い試しに読んでいました。読んでみて、自分が思ってたのとは少し違い、物の鑑定と一緒にそれに込められた想いなども推理してしまい、確かにホームズだなと思いました。またホームズと呼ばれる家頭の名推理で繰り広げられる物に込められた想いはどれも感動を貰い、続き気になって止まりませんでした!さらに家頭と真城の関係も進展していくのでそこら辺も見どころです!この作品はアニメ化もされているので原作などを読んでいる人はアニメの方もオススメです! 続きを読む▼
  • (5.0) 相性バツグン
    もりもりさん 投稿日:2021/9/11
    望月先生の原作ファンで、コミックも気になり 読み始めたのですが、イメージがピッタリで ご機嫌です。 本作はミステリーを交えながら、 古美術の奥深き世界へ誘ってくれるのですが、 新参者でも解りやすく、興味をひきたてる流れが 緻 密で秀逸です。 そして、脇を固める人間の温かさと絆がとても 愉しく、飽きが来ないのです。 主人公2人の距離感も、今後の楽しみのひとつです。 これからも、葵とホームズの軌跡を 辿って行きたくなる素晴らしい作品です。 もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

京都の骨董品店で繰り広げられるミステリー
制作:焙煎男(シーモアスタッフ)
引っ越し先の京都にある寺町三条商店街の骨董品店「蔵」でバイトを始めた主人公の女子高生・真城葵。葵は、オーナーの孫で「寺町三条のホームズ」と呼ばれる鑑定士見習いの家頭清貴と共に、店に舞い込んでくるさまざまな依頼を受けることになります。葵の亡き祖父の骨董品を鑑定してもらったお店には、洞察力と観察力に優れた鑑定士見習い・清貴がいました。葵が作品の価値を見抜く目を持っていることに気づいた清貴は、彼女にバイトしないかと提案します。こうして葵は清貴と共に依頼を受け、解決へと導いていくことに。京都の商店街周辺で起きる出来事を中心にしたミステリー漫画ですが、骨董品についての知識や歴史的背景もしっかりと書かれているので、読んでいて勉強にもなりますよ。望月麻衣先生原作のミステリー小説を、秋月壱葉先生の作画で漫画化。2018年には、テレビアニメ化もされています。骨董品や京都をテーマに描かれる謎解きを楽しみながら、読んでみるのがおすすめです。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ