We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

角の男 1巻

通常価格:
560pt/616円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.3) 投稿数3件
角の男(2巻完結)

作品内容

かつて「人族」のユエには、鬼と蔑まされる種族「角族」のジャオという親友がいた。幼いころ誓った「空を一緒に飛ぼう」という夢を叶えるためユエは10年ぶりにジャオと再会する。だが、彼は人間の奴隷として過酷な労働を強いられていた。二人は憎悪が渦巻く種族間の軋轢に巻き込まれていく――前作『兎が二匹』で「このマンガがすごい!2017 オトコ編 第9位(宝島社)」を受賞した実力派作家 山うたが描く、苦しくて切ない友情の物語!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全2巻完結

  • 角の男 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    560pt/616円(税込)
    かつて「人族」のユエには、鬼と蔑まされる種族「角族」のジャオという親友がいた。幼いころ誓った「空を一緒に飛ぼう」という夢を叶えるためユエは10年ぶりにジャオと再会する。だが、彼は人間の奴隷として過酷な労働を強いられていた。二人は憎悪が渦巻く種族間の軋轢に巻き込まれていく――前作『兎が二匹』で「このマンガがすごい!2017 オトコ編 第9位(宝島社)」を受賞した実力派作家 山うたが描く、苦しくて切ない友情の物語!
  • 角の男 2巻(完)
    登録して購入
    通常価格:
    670pt/737円(税込)
    人間の奴隷となっていた「角族」の親友ジャオを救ったユエは、国に認められた研究者である立場を利用し、より多くの「角族」を救うことを決意する。しかしそんな彼をあざ笑うかのようにユエと角族に次々と苦難が降りかかる。それでも「少しでも多くの命を……」とあがくユエに、ジャオ達 角族は……。『兎が二匹』の実力派作家 山うたが描く、苦しくて切ない友情の物語、堂々完結!

レビュー

角の男のレビュー

平均評価:3.3 3件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (2.0) 1巻はおもしろかった
    緑のふわふわさん 投稿日:2021/9/30
    最初はおもしろくなりそうだと思ったけど、ユエがしようとしていることが早々にわかって白けてしまった。 こういうのは読者にわからないように進めないと。 描き方が違えばとてもいい作品になっただろうから残念。 あと善悪がハッキリしすぎていて、 話に深みがない。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (4.0) 流石です
    くろしゅうさん 投稿日:2020/5/30
    この方の作品にすっかり魅了されました。 テーマは差別と泣かせる友情ものだけでは終わらせない、エゲツない展開も期待を裏切りません。 ただ一つ言わせて頂くなら…ユエのウソにジャオの仲間たちも早く気付いて欲しかった。幼い鬼っ子がユエの本性に気 付いているのに。 それに、ユエ自身がネタバレをしている時は正直、恩着せがましいと思ってしまった。 それもラストにかけての信念貫きで打ち消されましたけどね。 それにしても兎が二匹の時と言い、クズ親ばかり。 ユエの母親には殺意わきました。 もっとみる▼
  • (4.0) 独特、個性的
    ぐりぐりさん 投稿日:2019/2/19
    山うた先生、個性的な作風で好きです。次はどんな作品書くのかな。楽しみ。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • 鬼と角ナシ
    同じ生き物なのに角があるのとないので何が違うのかとちょっと考えさせられる漫画だった。主人公の"鬼"ジャオとその友達の"角ナシ"ユエの幼い頃の絆と、それを結果的に裏切ってしまったユエとの再会に心が痛みました。著者である山うた先生が今後をどう描くのか気になります。
    制作:わっきー
▲ページTOPへ