電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

例えば雨が降ったなら 1巻

通常価格:
648pt/712円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.5) 投稿数90件
例えば雨が降ったなら(1巻完結)

作品内容

久我は、共同経営者に金を持ち逃げされ、ビルの屋上に立っていた。 飛び降りる勇気も出ず空腹が先にたち、しかも死ぬ前に初恋の「男」に会いたいと思いとどまった久我は、友人の探偵の協力もあり、初恋の男・充のもとへ。 しかしそこは、地方の場末のストリップ劇場で……!? どん底無職バツイチ純情45歳×元美少年45歳のラブストーリー!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全1巻完結

  • 例えば雨が降ったなら 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    648pt/712円(税込)
    久我は、共同経営者に金を持ち逃げされ、ビルの屋上に立っていた。 飛び降りる勇気も出ず空腹が先にたち、しかも死ぬ前に初恋の「男」に会いたいと思いとどまった久我は、友人の探偵の協力もあり、初恋の男・充のもとへ。 しかしそこは、地方の場末のストリップ劇場で……!? どん底無職バツイチ純情45歳×元美少年45歳のラブストーリー!

レビュー

例えば雨が降ったならのレビュー

平均評価:4.5 90件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) オジさんと言えば、カサイさん
    まるさん 投稿日:2022/7/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 ☆3.6ぐらい。さすがカサイさん、オジさん描写に関しては右に出る者がいない。表紙は100点満点ですが、状況設定や舞台はもう少し説明が必要だったかなと。ひなびた温泉地のストリップ劇場(まるで夢○代日記)も昭和生まれの中高年読者が読むと、あまり現実味がなく…。所々すかっと抜けていたり、不自然にぶち切れていたり、姪っ子の存在が意味不明だったりと、突っ込みどころも多数。編集者は何をしていたんでしょうか。もっと磨けた作品なのに、もったいないですね。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 初恋をもう一度
    vamさん 投稿日:2021/11/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 今まで読んで来たカサイ先生の作品全て、どうしてこんなに心が揺さぶられるのだろう。と、思えてしまうくらい心の内の描写が素晴らしい。 30年も前の初恋は、自分のせいで苦く切ないものにしてしまった久我。好きな男を傷つけ、傷つけてしまった事に自分も傷ついた久我。あの瞬間の充の表情は、絶対忘れる事の出来ない表情だった。あの表情は胸をグサリと刺す。言葉にして表すには難しい。セリフもなく表情だけで表す悲しみが、何とも言えないくらい胸が痛みます。カサイウカ先生の真骨頂とでも言いましょうか。ほんとに切ない。 初恋が忘れられないのは、傷つけたからだけでなく、まだ心にくすぶる想いが残るから…くぅ〜。人生どん底の45歳。くたびれたおっさんになっていても、恋はキラキラ輝くんだぁ。くたびれてたっていい。カッコ悪くったっていい。もう一度、初恋を取り戻そうよ。なんて素敵なおじ恋だろ。 久我の前から姿を消した充もまた、忘れる事が出来ずにいながら、違う男に身をまかし… うぅ…やっぱり充の泣き笑いのような顔がたまらなく切ない。年なんて関係ないよ。ただ愛されたいだけ…屋上で交わす二人の会話が、涙を誘います。もう二度と後悔しないで、手を離さないで欲しい。 そして、交わした約束を守って、必ずこの場所へ帰って来て下さい。 もう、これは『例えば雪が融け合うように』が気になって仕方ないです。彼等の幸せな姿を最後まで見届けたい! はぁ…年齢層の高い恋ですが、大人の恋にしびれます。ヤクザの丹崎もまた、充に本気で惚れていたのかなと勝手に思って、不器用だなとしみじみ思います。手を引く事が最後の愛情の証しだったのかな…考え過ぎ? ストリップ劇場が舞台となって、登場する踊り子のお姉さん方もいい人ばかりで、温かい場所です。その居場所に久我の帰りを待ちわびたい。 ちなみに、グッと来たシーンは、煙草の火を移し合う時に近づく顔。わぁぁぁ、素敵。ドキドキします。 続きを読む▼
  • (5.0) 純愛だーーーーー(「紅」風に)
    M2さん 投稿日:2021/9/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 フォロー様方の猛烈プッシュがなければ、絶対に読まなかった作品。(おじcpは自分的にやはり選ばず‥) ステキな出会いを与えてくださり感謝です。 死のうと決めた時に思い浮かんだ顔が、親でも友達でも妻でもなく、初恋の人だった‥。初恋ってどちらかというと、自分の中の聖域といいますか、綺麗に取っておきたい部分ですが、それを敢えて歳を重ねた今の彼に会いに行くことにした。そしてその理由が明かされていくわけですが‥。高校時代の後悔の理由となった場面、こういう会話、現実でもきっと大なり小なり飛び交っていたのだろうな‥。そこで人知れず消えていった恋、傷ついた恋が沢山あったんだろうと想像すると、胸が痛くなりました。それでも2人とも数十年経っても、ずっと胸の中の奥底にずっと消えない炎があって。 もう、ホントくたびれた男たちなのです。漫画だしもっとイケメンに描いても‥と思うくらいに。目の下のクマとか、疲れ切った感じとか、月日の経過を明らかに感じさせるものがリアルで。その男たちが、最後の屋上のシーンではすごくかっこよく見えてしまうのです。 あのとき残してきた後悔は充に対してでもあり、同時に自分の想いへの裏切りに対してでもあったんだなぁ。 歳を重ねてきたからこそ最後に見えた、消えることのない数十年前の想いへの自覚であり、そこにケジメをつけにいったんだなぁと思うと、この歳月は必要だったんだなと。 ものすごい純愛を見せてもらった気がして、圧倒されました。 他にもたくさんおじさんたちが出てきますが、どのおじもある意味イケてないおじたちです。でも、どこかカッコよく見えてしまう。不思議だなぁ。 続編も読んでみたいと思います。 続きを読む▼
  • (5.0) 人生捨てたもんじゃない!
    りんさん 投稿日:2021/12/10
    【このレビューはネタバレを含みます】 初読みの作者様なんですが。セールで購入した「あとは恋だけ…」が良すぎて、只今1人カサイ先生フェア実施中(*´艸`)♪ ガチムチか綺麗めの絵が大好きで。絵柄で今までノーマークでしたが、6冊読み、ギャグ・シリアス・ライトな感じなど、作風がマルチである上にキャラの心情がとても丁寧で違和感がないことに感服しました。どの作品も好きだったのですが、こちらの作品は特に秀逸。 主人公2人が男性であるのでカテゴリーBLですが、第三者の手助けナシには這い上がれないどん底から一筋の光を見出だしたストーリーは、もはやヒューマンドラマかと。続編の「例えば雪が…」と合わせて、読後、心地よい余韻を引っ張りました。二夜連続ドラマを見た気分(笑) クオリティーがとても高かった(^^) 45歳。人生折り返しに入ってる年齢設定が、人生の悲哀をリアルに感じさせたのかもです。 人生諦めて惰性で生きていた充さんと何もかも失って本当に人生を終わらせようとしていた久我さん。 この2人を取り巻く鍼沢さんやまりかさん、光ちゃんの台詞があたたかい。そして黄金座の女性陣が強くてしたたかであり、しやなか。 場末のストリップ小屋が舞台であることが、言葉にする以上に言葉にされないもの全てを物語ってくれているように思えました。 黄金座を久我さんを守るために充さんがした選択のあたりは読むのが苦しかったですが、それも充さんが歩んで来た人生で。久我さんの言動が心に染みました。 久我さんを受け入れたいのに、受け入れられない充さん。2人の関係も、ひと山越えはしましたが…。 続きを読む▼
  • (5.0) 初恋は30年後に…!?
    ムギさん 投稿日:2021/9/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 冒頭からシリアスなのに、そうなりきれない久我のキャラが面白い。友人の鍼沢も良いやつ笑。生卵はダメで温泉卵… 初読み作者さんですが、いろいろと芸が細かくて、お話もとても素敵でした。 さて、久我達彦 四十五歳ということで、仕上がりはかなりリアルなおじさんです。せっかくの良作、とっかかりや読者の引き込みとして、あと少し、ほんの少しだけ小綺麗に… なんてことを思わなくもないですが、キラキラした初恋との対比や哀愁、おじさんだって恋をしたらカッコ悪くて必死なんだぞっていう、この作品はこの久我と充じゃないとダメなんですよね。 以下ネタバレを含みます。 へぇプロはああやって縛るのかとまずは感心。三人のシーンは、若いと感情のままに突っ走ってるところだろうけど、久我さんいいっ。取り乱しはしないけど、心の中は激しく揺れてるってなんか萌えます。それに引き替え いつもと違う必死な充。丹崎は本気で好きだったんだね…。最後呟いた言葉が切ない。そして若い頃の丹崎が久我に似てるとか、もう全部このおじさんたちに萌えすぎて。お互いに自分にとって大事で、でも相手にとってはそうではないと思っていた初恋。人生の心残りとして30年ぶりに思い出した久我と、心の奥底でずーっと引きずっていた充。最後の屋上での会話が印象深いです。久我さん、行ってらっしゃい。充と続編で待ってます。(続編はより最高なので、是非読んでほしいです。) 続きを読む▼
  • (5.0) 是非読んで欲しい、控えめに言っても最高
    ボッチャさん 投稿日:2022/4/8
    これは凄い作品に巡り会えました!!控えめに言っても最&高、最高です!本っ当に出逢えて良かった。凄く幸せな気持ちになりました。カサイウカ先生ありがとうございました!人に人生有りとはよく言ったもので、ある程度の年齢になった時、何故かわからないけ ど魅力的な人っているんです。思うに、そういった人は必ず人生のどこかで人知れず苦悩している。この主人公が正にそう。最初は魅力があるのか無いのか、くたびれた男。それもそのはず今まさに飛び降りようとしている。順風満帆な人生から転落し、ビルの屋上で脳裏をよぎったのが初恋の人、最期に会いたい、、。もう魂の救済、続編とペアで読む事をおすすめします。最初、主人公の住む東京の大都会から始まり、雪の降る場末のストリップへと舞台は変わり、初恋の彼の心と身体が大切にされ大きな包容力で包んだ時、読んでいる私まで心が癒されていったのです。この主人公の、何がなんでも彼を悲しませたくない、守るという強い決意を何度も感じ、愛されてる事を初恋の彼も知ったと思います。あ、これ続編でよくわかると思います。もう人生復活劇ないのじゃないか、という所から大ハッピーエンドを続編で迎えるまで、垢抜けていったり、素直になったり、本当にこの漫画で癒されていきました。読後感の良さ、はぁー、本当良かったーとなるはずです。感動作です。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ