We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

夫のちんぽが入らない(1)

通常価格:
630pt/693円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.7) 投稿数60件
夫のちんぽが入らない(5巻完結)

作品内容

発売即13万部を突破し、各メディアやSNSで大反響を呼んだ衝撃の私小説『夫のちんぽが入らない』(こだま・著)。繋がれない痛みの中で懸命に生きる女性の半生を、『R-中学生』『水色の部屋』のゴトウユキコが鮮烈コミカライズ!学校、社会、そして男女の関係。様々な場所において彼女を苦しめたのは、「普通」という名の「呪い」だった――。生きづらさを抱えたすべての人達に捧ぐ、絶望と希望の人生譚が幕を開ける!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全5巻完結

  • 夫のちんぽが入らない(1)
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    発売即13万部を突破し、各メディアやSNSで大反響を呼んだ衝撃の私小説『夫のちんぽが入らない』(こだま・著)。繋がれない痛みの中で懸命に生きる女性の半生を、『R-中学生』『水色の部屋』のゴトウユキコが鮮烈コミカライズ!学校、社会、そして男女の関係。様々な場所において彼女を苦しめたのは、「普通」という名の「呪い」だった――。生きづらさを抱えたすべての人達に捧ぐ、絶望と希望の人生譚が幕を開ける!!
  • 夫のちんぽが入らない(2)
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    累計23万部を突破し、Yahoo!検索大賞小説部門を2年連続受賞した話題の私小説が鮮烈コミカライズ!倉本慎と付き合い始めてから4年。“入らない”問題は、いまだに鳥居さち子を苦しめていた。誰にも言えない悩みを抱え、教師となった彼女を襲う厳しい現実とは‥‥!?この痛みは、決して他人事ではない。
  • 夫のちんぽが入らない(3)
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    赴任先の小学校で学級崩壊に直面したさち子は、心身ともに追い詰められていた。夫の風俗通いも発覚し、仕事の悩みもうまく相談できず、限界まで達した彼女はやがて死を頭の片隅に置くようになる。そんな時、インターネットで知り合った“おじさん”に誘われ、待ち合わせをすることになったさち子。しかし、連れて行かれた先はラブホテルだった――。思いも寄らぬ展開に動揺する彼女は‥‥!?


    累計23万部を突破し、Yahoo!検索大賞小説部門を2年連続受賞した話題の私小説が鮮烈コミカライズ!倉本慎と付き合い始めてから4年。“入らない”問題は、いまだに鳥居さち子を苦しめていた。誰にも言えない悩みを抱え、教師となった彼女を襲う厳しい現実とは‥‥!?この痛みは、決して他人事ではない。
  • 夫のちんぽが入らない(4)
    登録して購入
    通常価格:
    660pt/726円(税込)
    教師を辞めたさち子は無職になり、怠惰ながらも心安らかに日々を過ごしていた。
    だが二十八歳のある朝、病魔が突如彼女を襲う。手足が委縮してしまう自己免疫疾患の一種に罹患し、通院を余儀なくされたさち子。
    そんなさち子に元職場である小学校から卒業式の招待状が届く――。
    さち子には担任だったクラスの子供達に渡さなければいけないものがあった。
    重い身体を引きずりながら卒業式に向かうさち子が届けたかったものとは……!?
  • 夫のちんぽが入らない(5)
    登録して購入
    通常価格:
    660pt/726円(税込)
    生きづらさの底にある希望の物語。ついに堂々完結。ひとりの女性が二十年の歳月をかけ、辿り着いた答え。

    三十代半ばを迎えた倉本さち子はすべての性活動を終了させる。ずっと悩み続けていたコンプレックスから解放され、やっと手に入れた安寧の暮らし。
    そんな時、高校教師である慎の携帯電話に警察から連絡が入る。問題を抱えた生徒にも根気よく接する夫の姿を見て、全面的に支えたいと願うさち子。
    だが、身を削り生徒指導にあたっていた慎に異変が起きてしまう。
    世の中の「普通」に呪われた女性が、絶望の果てに見つけた希望とは‥‥!?

    「そう思えただけでも 私が死にたい気持ちと向き合った日々は 無駄ではなかったと思う」

レビュー

夫のちんぽが入らないのレビュー

平均評価:3.7 60件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 夫婦の話
    あんさん 投稿日:2021/8/6
    ごとうさんの生々しい絵が好きで、タイトルのインパクトもあり無料分から読んでみました。思っていた内容とは違っていて、読み進めるとそれだけじゃないいろんな感情が生まれます。気づいたら全巻購入していました。途中気持ちが引きずり込まれそうになります が最後まで読んで欲しいです。救われます。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 他人事じゃないリアルさがある
    わさびさん 投稿日:2020/7/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 話題になってたのは知ってたけど触れることは無く無料分を読んで引き込まれ購入しました。主人公の悩みや職場での出来事、日常や結婚してからの心情…とてもリアルに描写されてて胸が痛くなります。不倫なんて普段なら最低で許せない行為だけどこの主人公の場合なんだか責められない…。性欲を目的とせず、何度も他人と体を重ねる度に夫との事を思い知らせる悲しさ、何故夫とは出来ないのだろうという心情がリアルで切ない。体を繋げることが出来ないという事がこれ程までに心を蝕んでいくんだなと少し怖くなりました。夫に関して批判意見もチラホラ見ますが最後まで読んでからにしてほしい。全巻読んでみて個人的にはとても素晴らしい夫だと思いました。どんな時も妻を責めず否定せず受け入れ、自分よりも妻を優先して考えられる人。風俗に行くのも本当は体を繋げる事を望んでいる妻を傷つけたくない無理させたくないという考えからなのではないかとそう思います。仕事を辞めた時も本の事がバレた時も明るく受け入れ、両親に強く言い返す姿も愛情を感じたし本当は欲しいはずの子供をすんなりと諦めるのは容易ではないと思う。夫の妻への深い愛情を私は感じました。原作者さんの実体験を元にしてるらしいですが道理でとてもリアリティがあるなと思いました。読んでて本当に本当に切なくて見てるこちらまで苦しくなりました。色々考えさせれる作品なので是非読んでほしいです。独特なタッチのゴトウさんの絵も暗く重い雰囲気とマッチしててとても読み応えがあります 続きを読む▼
  • (5.0) 沢山考えさせられた。
    Simejiさん 投稿日:2020/7/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 夫の男性器が大き過ぎて入らない事で主人公が悩み、苦しんでいるのがとても辛かった。 はじめの方は主人公のせいみたいな描写で、一方的に口でさせられたり、正直胸糞悪くなる瞬間もあったが、20年前の価値観は今と違うし、主人公は初めての経験で分からず、自分が悪いと思い込んでしまったのだろうと思う。 でも夫は飄々としているけど器の大きな優しい人だと思える場面も多々あって、最後の方で夫婦の関係が変化しつつも、読んでいて幸せそうだなと思えるような結末で本当に良かった・・・。 自分も諸事情により子供はほぼ諦めているが、周りからの親切心というかお節介な言葉で、とても傷つく事もある。 詳しい事情を話せないせいで分かってもらえない苦しさ。 最後の最後に主人公が言えて良かった。 原作者夫婦がこれからも幸せに過ごせるように願う。 そして漫画化した作者さんにはこんな良い作品に出会わせてくれてとても感謝している。 続きを読む▼
  • (5.0) ゴトウさんファンになりました。
    ピツさん 投稿日:2020/9/28
    原作も読んで、ドラマもみたから知った内容なのに人物の表情やコマ割りが良くてグイッと引き込まれました。 主人公が愛おしくなります。 それは、ゴトウさんの原作者への愛情とリスペクトなのかなと巻末に毎巻添えられた往復書簡から伺うことが出来て、 二人の信頼関係からも温かいものをもらえました。 ちんのことだけでなく人生をがんばる人みんなに励ましを与える作品だと思います。 もっとみる▼
  • (5.0) 意外にも鬱漫画だった
    フクロウさん 投稿日:2020/5/4
    夫婦生活でのレスがテーマの作品かと思ったらそうではなかった。 タイトルからは想像できない、結構な鬱漫画。 夫婦仲だけではなく、田舎・教育・いじめなど様々な点での苦悩が描かれていて、それ系の話が好きな人は絶対に楽しめる作品。 日常や心理 描写の描き方が上手いのでかなり引き込まれる。 ただ、細々と救いがないと無理な人にはきついかも。 もっとみる▼
  • (5.0) タイトルのインパクトに怖気付いて
    ゆうちさん 投稿日:2020/9/14
    きっと、タイトルから想像する内容と大きな話の相違はなかろう、と思って…たしかにその通りだった。 そして "それだけ" ではなかった。 性の話が中心だけれど、性 交 出来ないのに共にいたいと思う気持ちの話でもある。 卑屈にならずに前向き にあれこれしてみるところが主人公の良いところ。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ