漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

最後の医者は桜を見上げて君を想う 第1巻

通常価格:
550pt/605円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.3) 投稿数6件
最後の医者は桜を見上げて君を想う(3巻配信中)

作品内容

映画化企画進行中! シリーズ累計40万部突破の衝撃と感動の医療ドラマ、コミカライズ刊行開始!!

描き下ろし番外編収録!


【あらすじ】

あなたの余命は半年です――ある病院で、医者・桐子は患者にそう告げた。死神と呼ばれる彼は、「死」を受け入れ、残りの日々を大切に生きる道もあると説く。だが、副院長・福原は奇跡を信じ最後まで「生」を諦めない。対立する二人が限られた時間の中で挑む戦いの結末とは?究極の選択を前に、患者たちは何を決断できるのか?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • 最後の医者は桜を見上げて君を想う 第1巻
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    映画化企画進行中! シリーズ累計40万部突破の衝撃と感動の医療ドラマ、コミカライズ刊行開始!!

    描き下ろし番外編収録!


    【あらすじ】

    あなたの余命は半年です――ある病院で、医者・桐子は患者にそう告げた。死神と呼ばれる彼は、「死」を受け入れ、残りの日々を大切に生きる道もあると説く。だが、副院長・福原は奇跡を信じ最後まで「生」を諦めない。対立する二人が限られた時間の中で挑む戦いの結末とは?究極の選択を前に、患者たちは何を決断できるのか?
  • 最後の医者は桜を見上げて君を想う 第2巻
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    ★映画化企画進行中!★
    シリーズ累計40万部突破の衝撃と感動の医療ドラマ、コミカライズ第2巻!

    【あらすじ】
    あなたの余命は半年です――ある病院で、医者・桐子は患者にそう告げた。死神と呼ばれる彼は、「死」を受け入れ、残りの日々を大切に生きる道もあると説く。だが、副院長・福原は奇跡を信じ最後まで「生」を諦めない。対立する二人が限られた時間の中で挑む戦いの結末とは?究極の選択を前に、患者たちは何を決断できるのか?
  • 最後の医者は桜を見上げて君を想う 第3巻
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    シリーズ累計40万部突破の衝撃と感動の医療ドラマ、コミカライズ第3巻!

    【号泣必至!】余命を告げられたら、どうしますか?
    対立する二人の医者、親友の医者の最後の願いに涙が止まらない!

    描き下ろし番外編漫画収録!
    ニコニコ静画好評連載中!!

    あなたの余命は半年です――ある病院で、医者・桐子は患者にそう告げた。死神と呼ばれる彼は、「死」を受け入れ、残りの日々を大切に生きる道もあると説く。だが、副院長・福原は奇跡を信じ最後まで「生」を諦めない。対立する二人が限られた時間の中で挑む戦いの結末とは?究極の選択を前に、患者たちは何を決断できるのか?

レビュー

最後の医者は桜を見上げて君を想うのレビュー

平均評価:4.3 6件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 内容が重くて
    amaneさん 投稿日:2020/11/19
    読むのに元気がいるので進むか迷ってます、2人が噛み合えば良いバディになれそうなのに中々そうはいかないですね。

高評価レビュー

  • (5.0) 正反対の医者の話
    わかさん 投稿日:2020/8/27
    【このレビューはネタバレを含みます】 命を繋げるために、最後まで諦めず、手を尽くそうとする医者。死に向き合って、きちんと終わりをつけようとする医者。3人の友人関係の話です。3人目は、治療法のない病気を持つ女性と向き合い、医者として大切な事を学びます。ですが、進行癌により、治療か死を選ぶ立場となります。2人の医者は自分の思いを否定することはありません。ただ、死を選んだ方が自分自身として生きられることもあるんだと、感じることが出来ました。 続きを読む▼
  • (5.0) 死とどう向き合うか
    いっちゃんさん 投稿日:2020/11/8
    生きている上で決して逃れる事は出来ない死という現実。 それとどう向き合っていくかという重いテーマながらも、目を背ける事が出来ない作品です。 主要キャラは医者という立場から描かれてはいますが、家族、友人の立場からも死とどう向き合うかも描か れております。 決して正解のない事ですが、自分なりの答えを考えるには良い作品でした。 もっとみる▼
  • (5.0) 考えさせられる作品
    いそちゃんさん 投稿日:2020/10/25
    生に執着するか死を受け入れるか、医者でもなく家族でもなく、自分自身で決める。その状況にならないと理解できないし、苦しいくらいに悩むとは思う。そんな死生観について考えさせられる作品でとても感動しました。 続編の「雨上がりの空に〜」の漫画も読 んで見たいです! もっとみる▼
  • (5.0) 感動しました。
    蒼い海さん 投稿日:2020/3/13
    死を目の前にそれぞれが思う道と、患者が思う道、様々な選択肢の中で何を選ぶか、どう選ぶか。 難しい選択の先に見えてくるものはなんだろうか、とても考えさせられる作品でした。
  • (3.0) 怖い…癌を患った人は読まない方がいかも
    マヨラ-13さん 投稿日:2020/10/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 確かに話は「医療とは何か」「生きるということ、死ぬということ」それは深く正解に辿り着けない、正解の無い命題。本格医療コミックスにある「超難関オペ後の奇跡の生還」や「世界に数ケースしか成功例の無いオペをこなすスーパードクター」などは登場しません。ただただ迫りくる最期に人間は無力であり、どう対峙するかしか選択は許されないという真理。医者ですらそれに心をかき乱される。 いやー、私はステージ3Bの癌でしたが、寛解出来てよかったわー!としか言えない。 読んでるとちょっと怖くなってくる。その場所に当人として直面したことのある人間はこれ読んじゃだめだ。怖い。 今更ながら自分は死なないなんて、何で思えてたのだろうかとか、不必要に考えてしまう。癌の死線から生還して今も気合で生きている私達としては、これを読むと、もう戻りたくない場所に引き戻されてしまう。いい話だけど怖い話でもある。 続きを読む▼
▲ページTOPへ