漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
捨てられた皇妃 5
この巻を買う/読む

捨てられた皇妃 5

通常価格:
940pt/1,034円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.2) 投稿数373件
捨てられた皇妃(5巻配信中)

作品内容

自分に怯え続ける理由を知りたくてティアの領地に赴くルブ。
急な訪問にも卒なく彼好みの食事を用意するティアを見て、怯えるくせに何故そのような配慮を見せるのかと苛立ち、その理由を問い詰めるのであった。
「もう二度と彼を愛したりしない」と心に誓ったはずなのに…知らぬ間に彼に尽くしている自らの態度に気付き、やはり過去と同じ人生を歩んでしまうのかと恐怖に襲われたティアは、
ルブの目の前で気を失ってしまい――!?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  5巻まで配信中!

  • 捨てられた皇妃 1
    登録して購入
    通常価格:
    900pt/990円(税込)
    未来の皇后として育てられたアリスティア。しかしある日、異世界からやってきた少女 ・美優に皇后の座を奪われた上に、反逆罪に問われてしまい、儚く散り逝く―。だが、目覚めたら9歳の自分に転生していた!?果たして、残酷な運命は繰り返されるのか――!?
  • 捨てられた皇妃 2
    登録して購入
    通常価格:
    920pt/1,012円(税込)
    処刑され非業の死を遂げたが、9歳の自分に転生して自ら運命を切り開くことを誓い、新たに歩み始めたアリスティア。
    そんな矢先、ベリータ公爵の次男・アレンディスがアリスティアの元にやってきて、いきなり求婚してきた――!?
    一方で皇帝・ルブリスとの接点も増えてきて――。運命が動き始めた超人気フルカラーコミック第2巻!!
  • 捨てられた皇妃 3
    登録して購入
    通常価格:
    920pt/1,012円(税込)
    【フルカラーコミックス】
    9歳の自分に転生したアリスティアは、自らの運命を切り開くことを誓い歩み始める。
    そして新たに続き彗星の如く現れたのは、ラス公爵の次男・カルセイン。
    アリスティアとすぐに打ち解けたかと思えば、彼の態度が急変して…!?
    大人気フルカラー異世界ファンタジー第3巻!
  • 捨てられた皇妃 4
    登録して購入
    通常価格:
    940pt/1,034円(税込)
    遠征先から戻ったアレンディスは、帰還を喜ぶアリスティアと距離を縮める一方で、
    自分の知らないアリスティアの様子をカルセインから聞き焦りを感じ始める。
    そんなアレンディスに”心を開いてほしい”と言い寄られたアリスティアは、
    ついに秘密を明かす決意をして…!?
    大人気フルカラー転生ファンタジー第4巻!
  • 捨てられた皇妃 5
    登録して購入
    通常価格:
    940pt/1,034円(税込)
    自分に怯え続ける理由を知りたくてティアの領地に赴くルブ。
    急な訪問にも卒なく彼好みの食事を用意するティアを見て、怯えるくせに何故そのような配慮を見せるのかと苛立ち、その理由を問い詰めるのであった。
    「もう二度と彼を愛したりしない」と心に誓ったはずなのに…知らぬ間に彼に尽くしている自らの態度に気付き、やはり過去と同じ人生を歩んでしまうのかと恐怖に襲われたティアは、
    ルブの目の前で気を失ってしまい――!?

レビュー

捨てられた皇妃のレビュー

平均評価:4.2 373件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) お気に入り作品!
    ぽぽさん 投稿日:2021/4/11
    他サイトで無料で読んでましたが、また読み返したいと思い購入してます。絵が綺麗なのと、異世界の世界観がいいです!

高評価レビュー

  • (5.0) 泣いた!1巻目辛くて。緑の子推し!!
    きちたんさん 投稿日:2020/2/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 ルブゆるさまじ!!!今度はお前が、捨てられろ。パパ泣いた。誰かティアを助けてあげて。 追記 ちょっと言わしてもらわないと腹がたってきたから、書き込みます。皇太子派の人ごめんなさい。 一度目の人生で皇太子がやったこと無理やりやるとか、ティアの家族殺して足なめさして、ついにティア本人笑って斬首するとゆう狂気!!!そりゃ父親の事でひねくれたにしても、やりすぎ!パパで何回泣いたか。 一巻トラウマだよ!!! せっかく二回目なんだからアレンディスかカイセアンかどっちかで結ばれるか、もうパパの隣にずっと一緒でいいやん!て、思いました。 それにしてもティアが9歳に巻き戻ったときに、アレンディスとカルセイン、もちろんパパもだけど、明るくなれたのはこの人達のおかげなのに、原作通りいくのかなー?もったいない。 私がこの作品知る前からsnsでアレンディス人気だったし、ここの口コミでもそうだけど、騎士の誓いとか運命的だとおもうんだけどなー。 もちろんカルセインもパパも良い。 偶然、原作の結末知ってしまってから読むテンションが下がりました。読む気も。ねぇー!一回目の悲劇忘れたの!!パパ守るって言ってたじゃん!ルブリスは一度目の人生の償いでビタが決めた運命の子とくっついていいよ!もう。あんた、それぐらいの事したよ。 とりあえず、単行本はお値段も高いし、自分が望んでるましてや嫌がってる結末の本を持ってるのは、ちょっとお金返して!て気分になるので、購入は様子みて検討します。 わーー。ネタバレを読んでるうちに怖くなりました。もう買わないかもしれません。韓国でも批判あったんですね。なんか、胸糞悪くなる気がするので。 初めはムカついたけど、本意ではなく無理やり召還された美優にも幸せになってほしいと、思うのは私だけだろうか?ルブリスは責任とってあげてよ。 ティアに影響されて性格矯正してもらっただけでいいじゃん。望むなら誰もが幸せになってほしい。 2人だけではなくて。 緑の子のフラグが折れたので、多分買いません。 日本のタイムリープは、一度目で手酷くされたら学んで他の人に恋するけど、韓国は原点に戻るのが王道なのか?別に王子じゃなくてもいいんですよ。 緑の子を幸せにしてあげてください。 続きを読む▼
  • (5.0) 運命を変えていくティアの強さが格好いい
    かなさん 投稿日:2020/2/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 連載当初から毎週土曜の更新の度に他社のマンガサイトで課金して読み続けています。 最初はルブと美優の幼稚さに苛立ち、この二人のために絶命してしまうティアを哀れに思いました。 でも、時を遡って生まれ変わり、自らの運命を告げられた後、自力で新しい未来を切り開こうとする姿を見ると気高さを感じさせられました。 王子様に状況を何とかしてもらうというご都合主義な作品が多い中、こういった芯の強いヒロインが活躍する物語は読んでいて元気がもらえます。 ヒロインが逆ハーレム状態で、過去にはティアをこっぴどく振っていたルブでさえティアに執心しているのですが(ていうかルブって喜怒哀楽がはっきりしている女子なら誰でもいいのでは?)、ティアの聡明で自立的かつ純粋な性格を考えると魅力に思うのも頷けるというものです。 連載中のサイトでは二度目の人生でもうすぐ美優が来る所まで進んでいるのですが果たしてどうなるのやら……。 結末が楽しみです。 個人的には腹黒アレン君が大好きなので、上手く立ち回ってもらってもう少しルブのいいライバルでいてほしいです(何ならティアとくっついてもらっても全然OK!)。 そしてルブにはもう少し女性を見る目を養ってもらいたいです(ルブ派の方すみません)。 あとティアパパの堅物なんだけど可愛いところが大好きです(笑) 冒頭に書いた通り連載中の他社サイトで毎週最新話購入しているためこちらでお取り扱いしていることを知りませんでした。 単行本気になるなーと思いつつ他にも読みたい作品があるので今のところ購入は控えてますが、もしかしたら将来的にこちらでも買うかもしれません。 続きを読む▼
  • (5.0) アリスティアの運命に抗う姿が誇らしい・・
    シルクマムさん 投稿日:2020/9/2
    前から知っていたけど、全編カラーで1冊の価格が高いし、あえて避けてましたが、ネット広告やYouT〇までとは・・完落ちです。 いきなり皇妃アリスティアの処刑シーンからで皇帝ルブリスと皇后美優の目の前で斬首!最後の言葉は【生まれ変わっても 決して貴方を愛しはしない】と発した直後に9歳の自分に転生した。自分が殺される運命を回避するには自分が皇妃にならないように行動するというのが最大の使命! 自分に転生するのだから回りの環境は以前と同じだけど違うのは、アレンディスやカルセインといった仲間ができたこと。最大の違いはアリスティアパパの存在。転生前はティアパパは皇帝に忠誠を誓い皇帝を第一に考えていたのが、転生後はティアを第一に考える最高のパパ。アリスティアの運命に抗おうとする懸命な姿勢が見ものです。 それに、絵が綺麗!ドレスなぞ、『ベルサイユのばら』を連想するような(年齢的に分からない方はスルーして下さい)素敵なドレスでそれを見るだけでもう眼福です。それが全てカラーなのですから、1冊の値段が高くても仕方がないと読了後は皆思いますね。 これからますます面白くなってきます。 アリスティア、アレンディス、カルセインにルブリスと登場してますが、果たして美優は現れるのか! 4巻出たばかりですが、5巻が待ち遠しいです。 もっとみる▼
▲ページTOPへ