漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

ハンターケース プチデザ(1)

通常価格:
100pt/110円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.3) 投稿数3件
ハンターケース プチデザ(5巻完結)

作品内容

『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』などで大人気の丘上あいが描く、号泣必至の感動ファンタジック・ストーリー!【第1話 前編 収録】 工務店で働くたまこは、母から突然、顔も覚えていない父が亡くなったことを知らされ、遺品整理に行くように言われる。遺品を売るために行ったリサイクルショップで死者の声を聞くことができる男・夜弦と出会い、父の想いを知ることに――。好きなのに、そして好きだからこそ、言えなかった言葉。あなたなら、誰に伝えたいですか?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全5巻完結

  • ハンターケース プチデザ(1)
    登録して購入
    通常価格:
    100pt/110円(税込)
    『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』などで大人気の丘上あいが描く、号泣必至の感動ファンタジック・ストーリー!【第1話 前編 収録】 工務店で働くたまこは、母から突然、顔も覚えていない父が亡くなったことを知らされ、遺品整理に行くように言われる。遺品を売るために行ったリサイクルショップで死者の声を聞くことができる男・夜弦と出会い、父の想いを知ることに――。好きなのに、そして好きだからこそ、言えなかった言葉。あなたなら、誰に伝えたいですか?
  • ハンターケース プチデザ(2)
    登録して購入
    通常価格:
    100pt/110円(税込)
    『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』などで大人気の丘上あいが描く、号泣必至の感動ファンタジック・ストーリー!【第1話 後編 収録】 死者の声を聞くことができる夜弦と出会い、亡き父の遺品から強い想いを感じる、と伝えられたたまこ。“ハンターケース”を使って、一時的に夜弦の力を借り、微かに思い出した父との思い出の場所を巡りながら、父が過ごした日々をたどっていく。はじめて知った父の想いとは――? 好きなのに、そして好きだからこそ、言えなかった言葉。あなたなら、誰に伝えたいですか?
  • ハンターケース プチデザ(3)
    登録して購入
    通常価格:
    100pt/110円(税込)
    『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』などで大人気の丘上あいが描く、号泣必至の感動ファンタジック・ストーリー!【第2話 収録】 たまこは死者の声を聞くことができる夜弦と、夜弦の大学時代の同級生・琳太郎と一緒にリサイクルショップで働くことに。夜弦の過去に興味を持ったたまこに、お客さん第一号である琳太郎は自分の経験を語りはじめ――。好きなのに、そして好きだからこそ、言えなかった言葉。あなたなら、誰に伝えたいですか?
  • ハンターケース プチデザ(4)
    登録して購入
    通常価格:
    100pt/110円(税込)
    『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』などで大人気の丘上あいが描く、号泣必至の感動ファンタジック・ストーリー!【第3話 前編 収録】 たまこは、倉庫の掃除中にもう一つの“ハンターケース”を見つける。それは夜弦の双子の弟・夢弦のものだった。生きている人間と死んだ人間をつなぐことができる力を夜弦はなぜ使えるのか・・・。なぜ死者の声を届けるのか、その過去が明らかに――。好きなのに、そして好きだからこそ、言えなかった言葉。あなたなら、誰に伝えたいですか?
  • ハンターケース プチデザ(5)
    登録して購入
    通常価格:
    100pt/110円(税込)
    『ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』などで大人気の丘上あいが描く、号泣必至の感動ファンタジック・ストーリー!【第3話 後編 収録】 夜弦はかつて、一番大切な双子の弟と彼女を同時に亡くしていた・・・。そのときの遺品であるもう一つの“ハンターケース”に自分の力を使うことを拒み続けていた夜弦。共に亡き人へ想いをつないでもらったたまこと琳太郎は、夜弦にその想いを知るべきだと伝える。好きなのに、そして好きだからこそ、言えなかった言葉。あなたなら、誰に伝えたいですか?

レビュー

ハンターケース プチデザのレビュー

平均評価:4.3 3件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 作者さん
    toraoさん 投稿日:2019/8/28
    見覚えの絵がある絵だと思ったら、読んだ事のある作者さんの作品でした。 絵は、他の作品でも出てくるキャラに似ていますが、お話は面白いです。

高評価レビュー

  • (5.0) 作者さん買いです
    こばやまとさん 投稿日:2019/5/9
    中高生を主人公にしてた作品の頃からの作者さんのファンです。夜弦さんにみてもらいたいモノが私にも出来ました。
  • (4.0) 一味違う
    ぬりさん 投稿日:2019/6/9
    丘上さんの作品は、題材が一味違う感じでとても面白いです。一度だけ死者と会えるっていう設定が最近母を亡くしたのでとても染み入りました。
▲ページTOPへ