漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
この巻を買う/読む

青に、ふれる。 : 1

通常価格:
600pt/660円(税込)
(4.6) 投稿数26件
青に、ふれる。(2巻配信中)

作品内容

生まれつき顔に太田母斑(おおたぼはん)と呼ばれる青いアザを持つ女子高生・青山瑠璃子。アザのことを気にしすぎないよう、周りにも気を使われないよう生きてきた。新たな担任教師の神田と出会った瑠璃子だが、ある日神田の手帳を目にしてしまう。クラスメイトの手帳がびっしりと書き込まれているのに、自分だけ空欄なことに気づいた瑠璃子は神田を問い詰めに行く。しかし、神田は“相貌失認(そうぼうしつにん)”という人の顔を判別できない症状を患っており――。

作品ラインナップ  2巻まで配信中!

レビュー

青に、ふれる。のレビュー

平均評価:4.6 26件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 続きが気になる
    花火さん 投稿日:2020/7/12
    苦労を抱えながら前向きに過ごしている二人が、互いに弱みを見せ合える相手に出会えた、なんて素敵だと思います。

高評価レビュー

  • (5.0) 人混みの中でも君だけが僕を導く光だった
    aineさん 投稿日:2020/7/8
    生まれつき顔にアザのある瑠璃子と、相貌失認症(他人の顔が判別できない病)に生まれつき苦しんでいる神田先生の物語。 こうして文字にすると重い題材に感じますが 明るく頑張って生きていて、先生の相貌失認を理解した上でサポートできる瑠璃子に とても好感が持てますし、先生もイケメンで少し素で天然っぽい所が可愛かったり、先生らしく瑠璃子を支えようとしてくれてる姿がカッコ良かったりと 普通の少女漫画としても良いキャラクターだと思いながら読めます。 この作品は特に、心にコンプレックスがある人ほど響く題材だと思います。 瑠璃子は、自身のアザを「気にしていない」と周りに嘘をついて強がるほどに、心の痛みは増していくばかり。 これまで瑠璃子の心を本当の意味で救ってくれる人は現れず、両親も心が弱く自分が1番正しいと思っている人だった為に、瑠璃子自身が強がるしかなかったんでしょうね。 そういった意味では、先生も全く同じ境遇と言えます。 先生の両親は裕福でプライドの塊みたいな人達だった為に、上手く生きられない息子を理解するどころか疎ましくさえ思っていたのだろうと推測できます。 アザがあることをそれほど大したことだと思っておらず知らずのうちに瑠璃子を傷付けていた先生と、先生が実は「ズルい」と言われることにトラウマを抱えているとは知らず安易に「先生はズルい」と言ってしまった瑠璃子。 互いに相手を無自覚に傷つけていて、接しているうちにそのことに気付くんです。 2人とも心が優しいからこそ、全部自分一人で抱え込んで、全部自分のせいにして傷ついていて。 似たもの同士が出会って初めて、「そんなに自分を責めなくてもいいのに」という思いが、自分自身に跳ね返ってくるんですよね。 心の傷を比べるものではないですが、正直相貌失認症を抱える先生の方が遥かに辛いと思います。 作中での苦しむ描写も先生に重点が置かれているように感じました。 誰の顔も分からなくて、一生懸命悩んだあげくに「失礼ですがどなたですか」と訊いた言葉が相手を傷付けたり、その相手の反応で更に自分が傷ついたり。 顔が分からないことが、彼の人生にとって普通なのが悲しいというか。 恋人を作っても、彼女が普段と違う格好をしたら分からなくなってしまうなんて…。 今の先生にとって唯一無二の存在である瑠璃子と、幸せになってほしいです。 もっとみる▼
  • (5.0) 心がギュッと締め付けられます!
    Mahaloさん 投稿日:2020/7/3
    健常人には分からない苦労を背負ってきた孤独な教師と生徒が、お互いの事を思い遣りながら惹かれていく心の内が描かれていて、王道の少女漫画とは違うなと思いました。 今後の展開がとても気になります。
  • (5.0) 心情が丁寧に描かれてます
    coukiさん 投稿日:2020/5/28
    先生と生徒ものって漫画だしありえないと思いながら読むことが多いですが、そんな設定忘れてしまうくらい、二人のコンプレックスや病気に対する苦悩や心情が丁寧に描かれています。 画も綺麗だし、今後どうなっていくのか気になります。
  • (5.0) 今後のふたりの関係性の変化が気になる…
    boo89さん 投稿日:2020/5/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 ただの生徒と教師ものではなく、本当に惹かれあって出会ったこのふたりがたまたま生徒と教師だった…って思いました。あんまり生徒と教師の恋愛ものは好きではないのですが、これは別物。別世界。今後の関係性の変化が気になります。あと、タイトルが良いですね。 続きを読む▼
  • (5.0) 凄い
    puu-sanさん 投稿日:2020/4/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 一巻だけ読みました。 最後の保健室…泣いてしまった。 かわいそうと思っては駄目なんだろうな…とは思うけど…顔に痣が無ければ本当に苦労せずに過ごせるのに…とか、先生の病も大変だし辛いだろうなと思います。 何とかハッピーエンドで終わってほしいです。 続きを読む▼
スタッフオススメ!
  • 青痣と青春
    わたしの顔には太田母斑と呼ばれる、生まれつきの青いアザがある──。瑠璃子はそれがコンプレックスだ。もう長い付き合いになるが──。鈴木望先生描く、アザを抱えた少女の青春。とにかく考えさせられる作品です。
    編集:クリアブラック
▲ページTOPへ