マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少年・青年マンガ青年マンガ新潮社バンチコミックス月刊コミックバンチ傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 1巻
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 1巻

620pt/682円(税込)

310pt/341円(税込)
5/22まで

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

18世紀フランス革命前夜。平民の出ながら、ヴェルサイユ宮殿で貴族以上の権勢を誇る“仕立て屋”がいた。彼女の名はローズ・ベルタン。悲劇の王妃マリー・アントワネットの寵愛を受け、革命の波にのまれていった、ファッションデザイナーの祖と称される人物の物語。

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  9巻まで配信中!

  • 傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 1巻

    620pt/682円(税込)

    310pt/341円(税込)
    5/22まで

    18世紀フランス革命前夜。平民の出ながら、ヴェルサイユ宮殿で貴族以上の権勢を誇る“仕立て屋”がいた。彼女の名はローズ・ベルタン。悲劇の王妃マリー・アントワネットの寵愛を受け、革命の波にのまれていった、ファッションデザイナーの祖と称される人物の物語。
  • 傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 2巻

    620pt/682円(税込)

    310pt/341円(税込)
    5/22まで

    パリきっての高級店「トレ・ガラン」で働き始めたベルタンに、大きな仕事の依頼が舞い込む。それは、大貴族パンティエーヴルの花嫁衣裳の仕立て。ベルタンにとってはかつてない名声を得る好機。しかし、花嫁が席を外した場で、花婿・シャルトル公爵に迫られ――!?
  • 傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 3巻

    620pt/682円(税込)

    310pt/341円(税込)
    5/22まで

    ベルタンが手掛けた、大貴族パンティエーヴルの花嫁衣裳の評判は、ヴェルサイユまで轟いた。名声を得て、忙しく働くベルタンの耳に、オーストリアより輿入れする王太子妃専属のモード商を探しているとの情報が入る。後のフランス王妃マリー・アントワネットがいよいよ歴史の表舞台に立つ。世紀の結婚式が始まろうとするその陰で、陰謀が蠢く。ベルタンはルイ15世の公妾デュ・バリー夫人より秘密裏に仕立て依頼を受けるが――!?
  • 傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 4巻

    620pt/682円(税込)

    310pt/341円(税込)
    5/22まで

    フランス王太子妃としてヴェルサイユでの生活を始めたアントワネットは、礼儀にうるさく、着替えも食事も衆目に晒される毎日に、不満を募らせてく。そんなアントワネットを国王ルイ16世の娘たちが唆し、不満の矛先が公妾デュ・バリー夫人へ向かう。王太子妃から公の場で1年以上も無視され続けるという状況。屈辱感に塗れる夫人にベルタンが提案したのは「挨拶をさせるドレス」!?
  • 傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 5巻

    620pt/682円(税込)

    310pt/341円(税込)
    5/22まで

    髪結いレオナールの依頼を受けて、復刊するファッション誌『婦人の雑誌(ジュルナル・デ・ダム)』の看板となる新たなファッションの創出へ動き出すベルタン。そのヒントを得るため、ある夜の仮面舞踏会へ赴いた。そこでは王太子妃マリー・アントワネットが運命の出会いを迎えようとしていた――。
  • 傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 6巻

    620pt/682円(税込)

    310pt/341円(税込)
    5/22まで

    フランス国王ルイ15世、倒れる――その報せはベルタンにとって盟友との別れを意味するものだった。同時にこれから運命を共にする者との出会いも――。王妃との謁見に向けて準備を進めるベルタンは髪結いレオナールに、ある約束を果たしてもらう。若い2人に引き継がれようとするフランスは運命の大きな転換期を迎えようとしていた――。
  • 傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 7巻

    650pt/715円(税込)

    王妃付きモード商として、アントワネットの元へ、日々、足しげく通うベルタン。自分の置かれた状況への不安を吐露する王妃を鼓舞し、さらなる高みへ野心を燃やす。そんな折、師パジェルの店トレ・ガラン破産の報せが届く。「いずれ朽ちるなら、自分が蒔いた種の土になりたい」――師の言葉を胸に刻み、次に仕掛ける流行は“王妃風”。髪結いレオナール、調香師ファージョンと共に、若い王妃をファッションの中心へと押し上げる――!!
  • 傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 8巻

    650pt/715円(税込)

    18世紀、パリ。王妃マリー・アントワネットの寵愛を受け、革命の波にのまれていった、ファッションデザイナーの物語。フランス王妃として権勢を振るい始めたマリー・アントワネットは苦言を呈する者を排し、偏った人事を行う。混乱が起きるその状況を商機と見て、新作を売り込むベルタン。王妃とモード商、二人の“命名癖”から生まれた新たなドレス“蚤の色風”の流行は、異様な熱を帯びてゆく――!
  • 傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 9巻

    650pt/715円(税込)

    18世紀、パリ。王妃マリー・アントワネットの寵愛を受け、革命の波にのまれていった、ファッションデザイナーの物語。王妃付きモード商として、流行のトップに立ち続けてきたベルタンに舞い込んだ報せ。それは働く女性にとって、革新をもたらすものだった。一方、アントワネットは、国を憂うルイ16世をよそに享楽に耽るように――。寵臣の気を引く為に、王妃がベルタンに命じた新たな装いは“舞踏用のドレス”!?

レビュー

傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタンのレビュー

平均評価:4.4 77件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) おもしろいです
    くうさん 投稿日:2023/12/25
    仕立て屋の主人公が努力家でかっこいいです。髪結いの男とどっちが出世するか競ってるのも好き。マリーアントワネットが出てきたときは、うわ〜そこまで出世するんだってわくわくしました。

高評価レビュー

  • (5.0) 続きが気になる!
    もちもちたまごさん 投稿日:2021/1/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 書店で見かけてから気になって購入した作品です。 フランスのパリが舞台で、美しいドレスがたくさん出てくるので、見ていてとても楽しいです。主人公が一癖、二癖あり、恋愛的な要素も含むようにはなっていくのでしょうが、普通の少女マンガなどとは違う雰囲気で面白いです。 主人公の天才的なお針子としての才能、中世ヨーロッパらしい絶対的な身分階級、七癖ある登場人物が見てて飽きずすぐに一冊読み終えてしまいました。 マリーアントワネットなどの歴史的登場人物も出てきていて半分事実を、半分フィクションを混ぜている感じがとても良いです。 今後、主人公にどんなお客さんがやってきてどんなドレスを仕立て上げるのかたのしみです。 続きを読む▼
  • (5.0) 仕事に生きる女に美しい!!
    あいさん 投稿日:2019/10/22
    キャラクターも内容も素敵です!ストーリーも面白いし何より作中で描かれるドレスが本当に綺麗!! 中世のパリなんて豪華絢爛の極みみたいな時代だと思っているので、これからどんな素敵なドレスが出てくるかと楽しみでなりません! 服だけではなく、人 間関係も華やかなだった時代なので、今後主人公を取り巻く人間関係も気になるトコロですw マリー・アントワネットに仕えたとかタイトルも"傾国"とかなので…悲劇になっちゃうのかな〜; 願わくば少しでも多く彼女に幸せになって欲しいな…と個人的に願いつつ見守っていこうと思いますw 仕事に生きる女は美しい !! 素敵な作品に出会えたので嬉しいです♪(*´ω`*) もっとみる▼
  • (5.0) ハマるは必然
    anさん 投稿日:2020/3/5
    な濃ゆい内容に大変満足です。 主人公のイメージは、アントワネットの浪費に拍車を掛けたお針子女って位でした。 こちらの作品の中では主人公然としてカッコイイ。最初のエピソードの、まだ何も始まって無い段階で好感度爆上がりました。 そしてスト ーリー展開が自然で上手い。仕立てるドレスも素敵なのでそれだけで説得力があります。(貴婦人のドレスデザイン図解本を見た事あるんですが、それが面白いの何のって…。) 今後主人とともに繁栄凋落な展開は絶対だけど、どう纏めてくるか楽しみです。 実は本編よりも、殴り書き雑学コーナーがとても好き。歴オタな作家さんの熱量が心地よいです。 もっとみる▼
  • (5.0) 英語版ウィキペディアによれば
    汚爺さん 投稿日:2021/8/4
    「彼女は最初に有名なフランスのファッションデザイナーであり、」(グーグル翻訳抜粋)とある。3巻で主人公を重用してくれるマリー・アントワネットが本格的に登場してきた。これからの立身出世物語が楽しみで仕方ない。後に[フランス革命]があるわけだが 、その後のキャリアもあり人生を全うした人物のようなので安心して読めるww3巻からは歴史を多少知っておいた方がより楽しめると思うので話の合間の雑学コラムは是非読んでほしい。値下げで3巻まで購入してみたが購入継続決定! もっとみる▼
  • (5.0) フランスの歴史
    Piyoさん 投稿日:2023/4/12
    フランス革命、ベルサイユ宮殿あたりの歴史の話が好きなので購入しました。とても面白いです! 当時のフランスの貴族から庶民の様子や文化などが詳しく描かれていて勉強になります。絵も見やすく、コマ割り、セリフも読みやすい。何より主人公のベルタンが 生き生きしていて逞しいです。強く生きる女性が描かれています。 史実に基づきながらも毒舌やコメディ要素もあり、楽しく読めます。世界史が好きな人、洋服など服飾が好きな人におすすめです。 もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

18世紀を生きる仕立て屋の華麗なる生き様
設計:人参次郎(シーモアスタッフ)
舞台は18世紀の中世ヨーロッパ。日本人にとっても馴染み深い「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」と言ったと伝わる贅沢の限りを尽くして37歳で処刑された贅沢王妃・マリーアントワネット。その贅沢の象徴のドレスを仕立てた仕立て屋・ローズ中心に描いたヒューマンドラマ。史実として確定している世界観ですが、磯見仁月(いそみじんげつ)先生がユーモアを交えてコミカルにテンポよく表現している上、ファッションデザイナーという職が定着していない時代を生きるローズの仕立ての仕事に対する直向きさ、腕一つで成り上がる心情の動きを、とても上手に構成されていて、物語に寄り添って没頭できる作品としてオススメの漫画です。仕立てた作品の数々の美麗さと仕立て屋としてトップを目指すローズ目線で是非ご堪能ください!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ