We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

10th 1巻

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.7) 投稿数9件
10th(3巻完結)

作品内容

【幼なじみの彼女と俺は、同じ男の子に恋をした】
喘息で学校を休みがちだったタケ。ある日発作が起きたところを同級生のまっちゃんに助けられたことがきっかけで、彼と少しずつ親交を深め、いつしか自然と惹かれていく。そしてタケの幼なじみの梅子もまた、まっちゃんの優しさに触れ、彼を好きになっていって…。幼なじみ二人とクラスの人気者による、ちょっぴりビターな三角関係の行方は!?
(C)2019 Yuko Inari

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全3巻完結

  • 10th 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    【幼なじみの彼女と俺は、同じ男の子に恋をした】
    喘息で学校を休みがちだったタケ。ある日発作が起きたところを同級生のまっちゃんに助けられたことがきっかけで、彼と少しずつ親交を深め、いつしか自然と惹かれていく。そしてタケの幼なじみの梅子もまた、まっちゃんの優しさに触れ、彼を好きになっていって…。幼なじみ二人とクラスの人気者による、ちょっぴりビターな三角関係の行方は!?
    (C)2019 Yuko Inari
  • 10th 2巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    【さよなら。私の、俺の、ライバル――】
    仲良し同級生のタケ・梅子・まっちゃん。幼なじみでもあるタケと梅子は、まっちゃんに恋をするライバルでもあった。高校2年生となった3人。タケは病気を乗り越えようと少しずつ変わり始め、今まで避けていた体育祭にも積極的に参加。そんなタケの姿に、彼をずっと支えてきた梅子の心は複雑に入り乱れていく。そして体育祭も終わり、また日常が戻ってきたある日、梅子は蔵之介から思ってもみなかった一言を言われて――!? 同級生3人が紡ぐ、甘く切ない初恋青春ストーリー、急展開!
    (C)2020 Yuko Inari
  • 10th 3巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    【好きになってくれてありがとう――】
    仲良し同級生のタケ・梅子・まっちゃん。幼なじみでもあるタケと梅子は、まっちゃんに恋をするライバルでもあった。しかし、梅子がタケに告白したことにより、これまでの関係から少しずつ変化が生じていく3人。そしてタケも遂に、まっちゃんに自分の気持ちを伝えて――!? 同級生3人が紡ぐ、甘く切ない三角関係、ここに完結!
    (C)2020 Yuko Inari

レビュー

10thのレビュー

平均評価:3.7 9件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 10年分の想い
    ママじゅん♪さん 投稿日:2021/2/13
    タケと梅子とまっちゃん、互いに影響しあって成長していく。憧れ、共感、恋愛なのか、それが同性でも異性でも、側にいて同じ時間を過してきた事が大切だったと思う。思春期にそんな存在に巡りあえて良かったね。

高評価レビュー

  • (5.0) BLというよりきれいな青春物
    muuebaさん 投稿日:2019/9/2
    無料版からの購入。ジャンルはBLとなっていますが、登場人物男女ひとりひとりが魅力的できれいな青春ものです。 3人の関係がそれぞれに優しくて切なくて、いい・・・ 学園もので青春ものって1人くらい嫌なやつとか、浅はかなやつとかいるものなのに この作品にはそれがいないのもいいです。 登場人物が増えてきて、これからの人間関係がどうなっていくのか気になるところですが、どの組み合わせが恋人同士になってもよかったなあと応援できてしまうような気がします。 もっとみる▼
  • (5.0) こ、これは
    ちびちー☆さん 投稿日:2019/8/24
    こ、これはBLなのかノーマルなのか。男女の幼馴染が同じ男の子を好きになって。。。という話。途中まで読んだけど、どっちと進展するとかじゃなく、全く別ルートもありそうな、そんなめっちゃ良い子の総好かれ男の子が相手。誰を応援すればいいのか。。。
  • (5.0) 絵が透明感があってよいです
    ももキウイさん 投稿日:2020/1/12
    伊鳴先生の絵は透明感があってとてもいいです。 すれ違う気持ちを丁寧にえがいていて 人物たちに愛着がわきます
  • (4.0) 泣きました
    いとうさん 投稿日:2020/8/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 主人公二人のすれ違いや、二人が好きないつも笑顔の男の子の本音が切なくて、最終巻はずっと泣いていた気がします。笑 ジャンルはBLではなく少女漫画なので、BLに多大な期待を寄せて読むと物足りないと思います。 主人公の好きな人への思いやライバルの女の子との関係がとても純粋で素敵でした。 欲を言えば隣の席の男の子にホモ属性を付けるならもっと掘り下げればよかったのになーと残念さを感じます。 結局その属性が幼馴染の為に女を寄せ付けないためなのか本音なのかよくわからないままモブだったなという印象。 メイン3人の話の為に似た境遇のキャラを作ったって感じがすごかったです。 あと1度告白して、もう一度ちゃんと告白すると告げてから2度目の告白までの1年くらいが全カットなのはさすがにびっくりしました。 恋愛漫画としてはそこ掘り下げたらいくらでも話作れない?ってところをバッサリ捨てているあたり、この漫画の本質は恋愛ではなく主人公の男女の人間関係がメインなのかなと感じます。 そこはタイトルにも表れてるかなと終わってから改めて気付きました。 また、巻末の本編に全く関係ないキャラたちの短編漫画が収録されているのですが、それを載せずに安くしてくれと思ってしまい少し損をした気持ちになります。 メイン3人の番外編とかならむしろ歓迎なのですが… 本編に登場しない生徒会長やら書記やらが誰と遠距離恋愛してるとかモテるとかどうでもいいです。 その部分のページ数が多かったので☆‐1で。 何はともあれ読後感は良いです。 続きを読む▼
  • (3.0) オチがない作品です
    まっちゃんさん 投稿日:2020/8/27
    伊鳴先生の「だって君は幼なじみ」が良かったので購入しました。2巻から登場人物が増えます。大した話でもないのに、何故にこんなに仰々しく大袈裟にストーリー展開するのだろうと、読み進めて行くうちに、途中から話の内容に飽きてしまいました。(1巻が面 白かったので、全巻読みましたが、何のオチもありませんでした。伊鳴先生は、この作品を通じて読者に何を伝えたかったのだろう?) もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ