マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミックリブレENNEAD【タテヨミ】ENNEAD(1)【タテヨミ】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

本作品は現在の環境ではブラウザビューアでお読みいただけません。
本棚アプリでお読みください。
ブラウザビューアでお読みいただく場合は、iOS9.0以上、android6.0以上の環境にてお読みください。

作品内容

神を貪るのは誰だ――――

遥か遥か昔。
「エネアド」と呼ばれる九柱神のうちのひとり、セトの暴政にエジプトの地は疲弊していた。
他の神々までセトに頭を下げるなか、まだ神に名を連ねていない若者ホルスが反旗を翻す。

傲慢で奔放なセトを玉座から引きずり落とさんと戦いを挑むホルス。
二人の関係は次第に執着と欲望を孕んで…!?

エジプト神話をもとにした一大叙事詩BLがここに開幕!

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  127巻まで配信中!

  • ENNEAD(1)【タテヨミ】

    0pt/0円(税込)

    神を貪るのは誰だ――――

    遥か遥か昔。
    「エネアド」と呼ばれる九柱神のうちのひとり、セトの暴政にエジプトの地は疲弊していた。
    他の神々までセトに頭を下げるなか、まだ神に名を連ねていない若者ホルスが反旗を翻す。

    傲慢で奔放なセトを玉座から引きずり落とさんと戦いを挑むホルス。
    二人の関係は次第に執着と欲望を孕んで…!?

    エジプト神話をもとにした一大叙事詩BLがここに開幕!
  • ENNEAD(2)【タテヨミ】

    0pt/0円(税込)

    神を貪るのは誰だ――――

    遥か遥か昔。
    「エネアド」と呼ばれる九柱神のうちのひとり、セトの暴政にエジプトの地は疲弊していた。
    他の神々までセトに頭を下げるなか、まだ神に名を連ねていない若者ホルスが反旗を翻す。

    傲慢で奔放なセトを玉座から引きずり落とさんと戦いを挑むホルス。
    二人の関係は次第に執着と欲望を孕んで…!?

    エジプト神話をもとにした一大叙事詩BLがここに開幕!
  • ENNEAD(3)【タテヨミ】

    0pt/0円(税込)

    神を貪るのは誰だ――――

    遥か遥か昔。
    「エネアド」と呼ばれる九柱神のうちのひとり、セトの暴政にエジプトの地は疲弊していた。
    他の神々までセトに頭を下げるなか、まだ神に名を連ねていない若者ホルスが反旗を翻す。

    傲慢で奔放なセトを玉座から引きずり落とさんと戦いを挑むホルス。
    二人の関係は次第に執着と欲望を孕んで…!?

    エジプト神話をもとにした一大叙事詩BLがここに開幕!
  • ENNEAD(4)【タテヨミ】

    60pt/66円(税込)

    神を貪るのは誰だ――――

    遥か遥か昔。
    「エネアド」と呼ばれる九柱神のうちのひとり、セトの暴政にエジプトの地は疲弊していた。
    他の神々までセトに頭を下げるなか、まだ神に名を連ねていない若者ホルスが反旗を翻す。

    傲慢で奔放なセトを玉座から引きずり落とさんと戦いを挑むホルス。
    二人の関係は次第に執着と欲望を孕んで…!?

    エジプト神話をもとにした一大叙事詩BLがここに開幕!
  • ENNEAD(5)【タテヨミ】

    60pt/66円(税込)

    神を貪るのは誰だ――――

    遥か遥か昔。
    「エネアド」と呼ばれる九柱神のうちのひとり、セトの暴政にエジプトの地は疲弊していた。
    他の神々までセトに頭を下げるなか、まだ神に名を連ねていない若者ホルスが反旗を翻す。

    傲慢で奔放なセトを玉座から引きずり落とさんと戦いを挑むホルス。
    二人の関係は次第に執着と欲望を孕んで…!?

    エジプト神話をもとにした一大叙事詩BLがここに開幕!
  • ENNEAD(6)【タテヨミ】

    60pt/66円(税込)

    神を貪るのは誰だ――――

    遥か遥か昔。
    「エネアド」と呼ばれる九柱神のうちのひとり、セトの暴政にエジプトの地は疲弊していた。
    他の神々までセトに頭を下げるなか、まだ神に名を連ねていない若者ホルスが反旗を翻す。

    傲慢で奔放なセトを玉座から引きずり落とさんと戦いを挑むホルス。
    二人の関係は次第に執着と欲望を孕んで…!?

    エジプト神話をもとにした一大叙事詩BLがここに開幕!
  • ENNEAD(7)【タテヨミ】

    60pt/66円(税込)

    神を貪るのは誰だ――――

    遥か遥か昔。
    「エネアド」と呼ばれる九柱神のうちのひとり、セトの暴政にエジプトの地は疲弊していた。
    他の神々までセトに頭を下げるなか、まだ神に名を連ねていない若者ホルスが反旗を翻す。

    傲慢で奔放なセトを玉座から引きずり落とさんと戦いを挑むホルス。
    二人の関係は次第に執着と欲望を孕んで…!?

    エジプト神話をもとにした一大叙事詩BLがここに開幕!
  • ENNEAD(8)【タテヨミ】

    60pt/66円(税込)

    神を貪るのは誰だ――――

    遥か遥か昔。
    「エネアド」と呼ばれる九柱神のうちのひとり、セトの暴政にエジプトの地は疲弊していた。
    他の神々までセトに頭を下げるなか、まだ神に名を連ねていない若者ホルスが反旗を翻す。

    傲慢で奔放なセトを玉座から引きずり落とさんと戦いを挑むホルス。
    二人の関係は次第に執着と欲望を孕んで…!?

    エジプト神話をもとにした一大叙事詩BLがここに開幕!
  • ENNEAD(9)【タテヨミ】

    60pt/66円(税込)

    神を貪るのは誰だ――――

    遥か遥か昔。
    「エネアド」と呼ばれる九柱神のうちのひとり、セトの暴政にエジプトの地は疲弊していた。
    他の神々までセトに頭を下げるなか、まだ神に名を連ねていない若者ホルスが反旗を翻す。

    傲慢で奔放なセトを玉座から引きずり落とさんと戦いを挑むホルス。
    二人の関係は次第に執着と欲望を孕んで…!?

    エジプト神話をもとにした一大叙事詩BLがここに開幕!
  • ENNEAD(10)【タテヨミ】

    60pt/66円(税込)

    神を貪るのは誰だ――――

    遥か遥か昔。
    「エネアド」と呼ばれる九柱神のうちのひとり、セトの暴政にエジプトの地は疲弊していた。
    他の神々までセトに頭を下げるなか、まだ神に名を連ねていない若者ホルスが反旗を翻す。

    傲慢で奔放なセトを玉座から引きずり落とさんと戦いを挑むホルス。
    二人の関係は次第に執着と欲望を孕んで…!?

    エジプト神話をもとにした一大叙事詩BLがここに開幕!

レビュー

ENNEAD【タテヨミ】のレビュー

平均評価:4.7 1,426件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 読みなさいな
    朝6時さん 投稿日:2023/11/30
    悩んでるなら、読みなさいな。130話くらい楽勝で読んでしまうでしょう。最初はよくわからないと悩むかもしれませんが、セト 争奪戦です。

高評価レビュー

  • (5.0) オススメしたいがモ○レNGの方は回れ右で…
    manaさん 投稿日:2022/11/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 広告に惹かれて30話無料期間に一気読みして続きも耐えきれず購入。 広告を見て気になった方は40話過ぎまでは絶対購入しましょう。期待を裏切りませんし、なんなら超えてきます。 ただ、読み進めて行くうちに不穏な終わり方をするお話があり、凄く嫌な予感がしたと思ったら案の定最新話では不特定多数に無理矢理…。(表紙からそんな気もしますが攻め2人との行為が無理矢理しかないから、そこである意味他では無いと安心してしまっていた) 個人の好みの問題で申し訳ないのですがそれだけは本当に駄目なのです。特定の攻めは全く平気なのにモ○レだけは…どんなに気になる漫画でもそのシーンがあると知っていたら買いません。知らずに買ってしまったことも何回もありますがその漫画をまた読むことはほぼありません。 なので私と同じように苦手な方は一話も手をつけずに引きましょう。 気になるから後に引けなくなるというか、悔しいことにこのお話の場合は可哀想な受けがその状況に陥ることに納得させられてしまうのです。 受けには悲しい、辛い過去を背負わせておけばいいみたいなのには吐き気がするのですが、受け自身が作り上げてしまった諸々が原因なので自業自得なのです。(元を辿れば攻めの1人がとんでもなく悪いので本当に可哀想ではある) しかも大変なことに優しい攻めが傷ついた受けを癒やして恋仲になるため…ではなく、受けが己のしでかした事の重大さを理解し、幸せを勝ち取る為には必要なことなのです。(果たしてハッピーエンドになるか?という疑問はある) どんなに辛い目に合おうが罪のない人達を苦しめていい理由にはならないなんて当たり前のことを改めて思いました。どうしても受けの味方になってしまうので…でも受けは強い子だから這い上がれると思ってしまうから受け入れられたのだと思います。 やっぱり物凄く嫌で該当の話はニ度と読み返したくありませんが。 ぐだぐだ言っていますが☆5評価してしまうくらい引き込まれます。 元になる神話があるとは言えキャラの見た目も性格も素敵だし、平和的で笑えるシーンもあります。 攻め2人とも執着凄いし病的なので突き刺さる方も多そうですし私もそうです。3人目の攻めになりそうなイケオジは受けの本当の味方orなにかとんでもないことやらかしてくれる気もします。 受けの太陽となるであろう攻め(希望的観測)といつかイチャラブしてくれたら最高なのですが… 続きを読む▼
  • (5.0) とても面白かったです
    いちごさん 投稿日:2022/11/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 Twitterにてフォローさせていただいてる方がおすすめしていたので、30話分無料だし、時間あるし読むか〜と思って読み始めました。これは"ガチ"なんですが、ほんとうにびっくりするくらいスクロールする指が本当に止まらなくて、あっという間によみおわってしまいました。 そして気付かないうちにシーモアの会員登録を進め、読んだ後のテンションのままこのレビューを書いています。かなり読みづらいですし、中身が本当にないのであまり参考にはならないと思いますが、ただ一つ言えるのは、この作品、十分に、狂えます。 何がすごいってガチでほんとめっちゃやばかったんですが、まず絵がいいし、漫画自体もとっても読みやすいです。わたしはそんなに古代エジプトに詳しい部類の人間では無いので、置いてかれそう…という不安もありましたが、読んでいただければわかる通り、最初の解説も丁寧ですし、毎巻の最後の方に関係性が乗っている、いわゆる家系図的なものがあるので、うわーこの人誰だ?どこの人?ってなってもすぐに振り返れます。そして途中途中の解説も分かりやすいので、めっちゃくちゃ置いてかれちまったぜ…!!って事にはあんまりなんないのかな〜って感じです。わたしも置いていかれずに読めました。 また韓国の漫画を読むのは初めてだったので、ちょっとビビってましたが、日本の漫画を読むときとあまり大差ないです。強いて言えばふきだしの読む方向がたまに違うかなくらいで、文脈から推測すれば普通に読めますし、全然問題はありません。そしてあくまでも所感ではありますが、日本の漫画に比べると、1巻1巻がかなり短めなので絶対一気読みしたい!とかじゃなければ全然時間ないときでも読めます。 こちらの作品、韓国でかなり人気があって、新刊出ると販売サイト?のサーバーが落ちるって言われてるらしいですが、これはそうなるわ…ってなりました。理由がよく分かります。ホルス神×セト神たまんねえよ、本当に。。。 29話からちょっとえっちなシーンがあるので絶対に29話まで…いや30話までは読んで欲しいです…! それまでの1〜28巻の展開でセト神に絶対に"わからせ"したいという気持ちがかなり芽生えました。絶対にわからせたい。そしてホルス神を襲おうとするセト神がホルス神の上に乗っかったと思ったら押し倒されてる瞬間わたしの頭の中のボルテージ爆上がりです。絶対に続きも読もうと心に決めました。いい作品です 続きを読む▼
  • (5.0) めちゃくちゃ面白かったです!
    うちじくまさん 投稿日:2022/12/13
    【このレビューはネタバレを含みます】 評判が良かったので、少しだけと思って読み出したら止まりませんでした。 本当に面白いです。オシリスが最高に気持ち悪い!!!モラハラっぽくて最高のイカレ具合です。 あまりBL漫画を読んだことがないので、検討はずれのことを言ってるのかもしれませんが、BL漫画でありながら登場する女性が物語展開に都合のいいマジカルウーマンではなく、とても魅力的です。 太陽神ラーがめっちゃくちゃカッコいい女性というのも珍しい表現で面白いです。イシスの行動原理もすごく素敵です。自分のプライドと気持ちを大事にしていて、カッコかわいい。イシスみたいな立ち位置の女性は、夫を盲目的に愛するアホな妻か、息子に乗り換えて全賭けするアホな母として描かれがちですが、すごく魅力的に描かれています。 わたしがこれまで読んだBL漫画が悪かったのか、登場する女性が酷くて敬遠していたのですが、これは安心して楽しく読めます。 女性キャラの安心感だけでなく、オシリスの行動をちゃんと気持ち悪く描いてるのもいいです。愛だから仕方ないよね〜ではなく、本当に気持ち悪いとして描かれてます。愛の押し付け具合の狂気が、シュガーコーティングされてなくてとてもいいです。オシリスみたいな独善的な狂った愛情表現を持つキャラが好きでも、描かれ方が擁護じみてたら嫌悪感を持ってしまうので、これらの描かれ方もすごく良かったです。安心してキモイと思いながら楽しく読めます。 それから、 やっぱり主人公のセトが面白いキャラですね。男性学に教科書と出てきそうな社会的規範を大事にする男性が、受けとしてBL漫画の主人公って、めっちゃくちゃ面白いです。すごい。BL漫画でよくあるあるなのか知りませんが、自分の男性性に押し潰されてDVしちゃう受けって初めて見ました。BL的展開が、セトが自分の弱さと向き合う物語になってるって、興味深いです。普通、toxic masculinity有害な男性性って、攻めの方の属性に描かれるもんだと思うのですが。珍しいですね。 オシリスとセトの愛とは何かという問答(オシリス殺害場面)で、セトが言う相手に求めない与える愛ももっともなんですが、オシリスが言うセトの規範的な愛の欺瞞性への言及が面白いですね。この対比! 第一部ではセトがこれでもかと分かりやすく社会的な男性性を体現してくれて、第二部でそれがどのようにひっくり返されていくのか興味深いです。 続きを読む▼
  • (5.0) 戦争の神セトをめぐる神々の愛憎劇
    シーサーさん 投稿日:2023/4/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 めっちゃくちゃ面白いです!なぜ今まで読まなかったのか、勿体ない。。広告でよく見かけてたのですが、広告では登場人物が仮面を被っててよく分からずスルーしてましたが。今回の無料公開でなんとなく読んでみたら、面白すぎて1日で全巻購入して読破してました! 1話読むごとに、どうして彼ら彼女らが憎しみ合い、こうなってしまったのか、明かされていく真実と、それぞれの思いが交錯して、脚本最高〜!ってなります。作画もコマ割りも神です! 以下ものすごくネタバレ セト、戦争と砂漠の神。仮面を脱いだらとても美人。口は悪いし、やってきた事は最悪ですが、彼の過去を知ると可哀想になります。あんな事があったのに妻ネフティスと息子アヌビスのことは大切に思っている所とか泣けます。 オシリスに半ば無理やり抱かれ、ホルスには襲いに行ったのに逆に組み敷かれ、モブにも中々痛々しい犯され方をしてますが、気が強くて簡単に落ちない所が良いです。 気が強いのにアヌビスの事になると泣いちゃう所とか愛しくなります。 ホルス、オシリスとイシスの子。セトを叔父様と呼んで慕ってるの可愛い。セトには鬱陶しがられてるけど。セトが心配で監視の鳥つけたり、やんわり執着してるのが垣間見えるの良いです。セトがピンチの時に現れるホルスはカッコいい。個人的にホルスとセトにくっついて欲しいですが、どうなるか分からないのがこの漫画のハラハラする所ですね。 オシリス、生命の神。セトへの執着心が異常。セトがネフティスと子どもを作るのが許せず、セトの子供を作る力を密かに奪ってその力を赤い花にしたと実物を見せながらセトの前で語るシーンは戦慄物。アヌビスは、ネフティスとオシリスの子でしたし。死んで冥界の王になってもセトのことを諦めきれず、アヌビスを使ってセトを冥界に誘おうとします。 イシス、魔法の神でセトとは兄妹。オシリスの妻。個人的にとても好きです。オシリスに裏切られてエジプトに復讐を誓い実行するも、これで良いのかと葛藤する姿にすごく人間味を感じます。なんだかんだセトを嫌いきれてないのも、ふとした時にオシリスへの未練がよぎってしまうのも良い。 セクメト、厄災の神。登場人物に不穏な言葉を投げて心を乱していく。彼女のことはまだ明かされてないですが、とても気になる存在です。 まだ書きたいことありますが、文字数足りないのでこの辺で!気になった方は読んでみて下さい! 続きを読む▼
  • (5.0) 第一部は☆5!第二部は…☆3くらいかな
    ゴトーさん 投稿日:2023/2/17
    第二部は45話現在の評価で☆3。以下第一部感想。 BLで唯一ハマって課金して紙でも買ってるのがキリングストーキングな私がハマりました。元々別の媒体で課金して読んでましたがシーモアが一番更新早いと知りこの作品の為に登録w SNSで超話 題になっていただけあって絵が上手いわキャラデザ最高だわストーリーは面白いわで沼ですね。 ストーリーは主人公が悪役、という展開で始まり続いてゆきますが過去や謎が明かされていくことで実は…!みたいな話です。 内容は全体的にダークですが中盤まではコミカルなシーンも多いです。ただ中盤以降から現時点までは正直暗くて暗くて苦痛と憎悪の連続。表現もそこそこ過激ですし死の世界からも干渉してくる大いなる存在には本当にゾッとします。怖すぎます。 明るく優しく幸せなキスして終わる展開が好きな人には向かないでしょう。 ですがストーリーが文字通り神。そして男性キャラも女性キャラも魅力的で重要な役回りや活躍が楽しいです。 男と男の恋愛以外どうでもよくて女は全員モブか噛ませ役、みたいな女性としてなんか腑に落ちないな〜的作品ではないので是非読んでみてほしいです。 そして第二部。もうすぐ50話…未だに地獄。第二部は8割型モブ×主人公(BL好きなわけじゃないし興味ねぇー)という感じでストーリーがとにかく動かなくてしんどいです。 神様達の出番が極端に減り、世紀末みたいな環境に生きる人間たちの中でのお話。主人公には一滴の余裕も無くなってしまった為ユーモアの枯渇が顕著です。モブの集団レ○プとかもう、かなり苦手なんですが…それでも頑張ってここまで読み進めてきたものの、最近は物語そのものにかなりの中だるみを感じます。 第一部ではキャラたちの関係性だけでなく事件の真相、勝負の結末の行方など物語の先々を知りたい気持ちが抑えられないストーリー運びでした。しかし第二部に移り一応主人公の目的は設定されているもののそれはかなり漠然としており正直唆られるものがありません。話運びは単調で主人公がモブに性的な目で見られながらハプニングに巻き込まれ続け、時々第一部で出てきた神様達の様子が映ったり主人公とも絡んだりする程度。ダラダラと話が進まないことにいい加減飽きてきました。 そういうわけで購読を控えようと考えています。溜め込んで一気に読めば印象も変わるかもしれませんので。イシスに幸あれ! もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

新時代の神話系BL
分析:あずき(シーモアスタッフ)
新感覚のエジプト神話BLをご覧あれ!MOJITO先生による美麗な絵で綴られる神々の愛し合いは気高く濃厚ながら時に奔放で引き込まれること間違いなしです。そして主人公である受けのセトはまさかの俺様系。そんな受けを中心とし、ストーリーはネオBLといっても過言ではないほど美しく思わずニヤリ!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ