電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

本作品は現在の環境ではブラウザビューアでお読みいただけません。
本棚アプリでお読みください。
ブラウザビューアでお読みいただく場合は、iOS9.0以上、android6.0以上の環境にてお読みください。

作品内容

神を貪るのは誰だ――――

遥か遥か昔。
「エネアド」と呼ばれる九柱神のうちのひとり、セトの暴政にエジプトの地は疲弊していた。
他の神々までセトに頭を下げるなか、まだ神に名を連ねていない若者ホルスが反旗を翻す。

傲慢で奔放なセトを玉座から引きずり落とさんと戦いを挑むホルス。
二人の関係は次第に執着と欲望を孕んで…!?

エジプト神話をもとにした一大叙事詩BLがここに開幕!

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  103巻まで配信中!

  • ENNEAD(1)【タテヨミ】

    0pt/0円(税込)

    神を貪るのは誰だ――――

    遥か遥か昔。
    「エネアド」と呼ばれる九柱神のうちのひとり、セトの暴政にエジプトの地は疲弊していた。
    他の神々までセトに頭を下げるなか、まだ神に名を連ねていない若者ホルスが反旗を翻す。

    傲慢で奔放なセトを玉座から引きずり落とさんと戦いを挑むホルス。
    二人の関係は次第に執着と欲望を孕んで…!?

    エジプト神話をもとにした一大叙事詩BLがここに開幕!
  • ENNEAD(2)【タテヨミ】

    0pt/0円(税込)

    神を貪るのは誰だ――――

    遥か遥か昔。
    「エネアド」と呼ばれる九柱神のうちのひとり、セトの暴政にエジプトの地は疲弊していた。
    他の神々までセトに頭を下げるなか、まだ神に名を連ねていない若者ホルスが反旗を翻す。

    傲慢で奔放なセトを玉座から引きずり落とさんと戦いを挑むホルス。
    二人の関係は次第に執着と欲望を孕んで…!?

    エジプト神話をもとにした一大叙事詩BLがここに開幕!
  • ENNEAD(3)【タテヨミ】

    0pt/0円(税込)

    神を貪るのは誰だ――――

    遥か遥か昔。
    「エネアド」と呼ばれる九柱神のうちのひとり、セトの暴政にエジプトの地は疲弊していた。
    他の神々までセトに頭を下げるなか、まだ神に名を連ねていない若者ホルスが反旗を翻す。

    傲慢で奔放なセトを玉座から引きずり落とさんと戦いを挑むホルス。
    二人の関係は次第に執着と欲望を孕んで…!?

    エジプト神話をもとにした一大叙事詩BLがここに開幕!
  • ENNEAD(4)【タテヨミ】

    60pt/66円(税込)

    神を貪るのは誰だ――――

    遥か遥か昔。
    「エネアド」と呼ばれる九柱神のうちのひとり、セトの暴政にエジプトの地は疲弊していた。
    他の神々までセトに頭を下げるなか、まだ神に名を連ねていない若者ホルスが反旗を翻す。

    傲慢で奔放なセトを玉座から引きずり落とさんと戦いを挑むホルス。
    二人の関係は次第に執着と欲望を孕んで…!?

    エジプト神話をもとにした一大叙事詩BLがここに開幕!
  • ENNEAD(5)【タテヨミ】

    60pt/66円(税込)

    神を貪るのは誰だ――――

    遥か遥か昔。
    「エネアド」と呼ばれる九柱神のうちのひとり、セトの暴政にエジプトの地は疲弊していた。
    他の神々までセトに頭を下げるなか、まだ神に名を連ねていない若者ホルスが反旗を翻す。

    傲慢で奔放なセトを玉座から引きずり落とさんと戦いを挑むホルス。
    二人の関係は次第に執着と欲望を孕んで…!?

    エジプト神話をもとにした一大叙事詩BLがここに開幕!
  • ENNEAD(6)【タテヨミ】

    60pt/66円(税込)

    神を貪るのは誰だ――――

    遥か遥か昔。
    「エネアド」と呼ばれる九柱神のうちのひとり、セトの暴政にエジプトの地は疲弊していた。
    他の神々までセトに頭を下げるなか、まだ神に名を連ねていない若者ホルスが反旗を翻す。

    傲慢で奔放なセトを玉座から引きずり落とさんと戦いを挑むホルス。
    二人の関係は次第に執着と欲望を孕んで…!?

    エジプト神話をもとにした一大叙事詩BLがここに開幕!
  • ENNEAD(7)【タテヨミ】

    60pt/66円(税込)

    神を貪るのは誰だ――――

    遥か遥か昔。
    「エネアド」と呼ばれる九柱神のうちのひとり、セトの暴政にエジプトの地は疲弊していた。
    他の神々までセトに頭を下げるなか、まだ神に名を連ねていない若者ホルスが反旗を翻す。

    傲慢で奔放なセトを玉座から引きずり落とさんと戦いを挑むホルス。
    二人の関係は次第に執着と欲望を孕んで…!?

    エジプト神話をもとにした一大叙事詩BLがここに開幕!
  • ENNEAD(8)【タテヨミ】

    60pt/66円(税込)

    神を貪るのは誰だ――――

    遥か遥か昔。
    「エネアド」と呼ばれる九柱神のうちのひとり、セトの暴政にエジプトの地は疲弊していた。
    他の神々までセトに頭を下げるなか、まだ神に名を連ねていない若者ホルスが反旗を翻す。

    傲慢で奔放なセトを玉座から引きずり落とさんと戦いを挑むホルス。
    二人の関係は次第に執着と欲望を孕んで…!?

    エジプト神話をもとにした一大叙事詩BLがここに開幕!
  • ENNEAD(9)【タテヨミ】

    60pt/66円(税込)

    神を貪るのは誰だ――――

    遥か遥か昔。
    「エネアド」と呼ばれる九柱神のうちのひとり、セトの暴政にエジプトの地は疲弊していた。
    他の神々までセトに頭を下げるなか、まだ神に名を連ねていない若者ホルスが反旗を翻す。

    傲慢で奔放なセトを玉座から引きずり落とさんと戦いを挑むホルス。
    二人の関係は次第に執着と欲望を孕んで…!?

    エジプト神話をもとにした一大叙事詩BLがここに開幕!
  • ENNEAD(10)【タテヨミ】

    60pt/66円(税込)

    神を貪るのは誰だ――――

    遥か遥か昔。
    「エネアド」と呼ばれる九柱神のうちのひとり、セトの暴政にエジプトの地は疲弊していた。
    他の神々までセトに頭を下げるなか、まだ神に名を連ねていない若者ホルスが反旗を翻す。

    傲慢で奔放なセトを玉座から引きずり落とさんと戦いを挑むホルス。
    二人の関係は次第に執着と欲望を孕んで…!?

    エジプト神話をもとにした一大叙事詩BLがここに開幕!

レビュー

ENNEAD【タテヨミ】のレビュー

平均評価:4.7 1,206件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 最高。
    hiさん 投稿日:2023/2/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 何度もTwitterの広告に出てきて気になったので無料のうちに…と読み始めました。ぶっちゃけ最初のあたりの影絵?ターンが長くて挫折しそうになりましたが、せっかくだし30話までは読もう!と思い読み進めた結果、最新話まで購入しました。正直途中まではBL漫画という事を忘れてバトル漫画と思いながら読んでましたが、無料版の終盤くらいでBL描写が入ってきて激アツな所で終わってしまいました。そんなん続き購入するしかないだろ!!! ストーリーも面白いですがとにかくセトが美しくて美しくて…。仮面や冠り物で顔が見えないキャラが好きなので、セトの冠が外れた時は正直「冠脱ぐなよ〜アイデンティティが…」なんて思いましたが、今は逆に素顔でいてくれるほうが嬉しいまでになりました。 あと、私は「受けは推し1人じゃないと嫌」という地雷持ちなので、その点についてもエネアドはとてもありがたいです。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 面白かった
    やぁちゃん、さん 投稿日:2022/12/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 登場人物を理解するのもそれほど苦労を必要とせず、むしろ漫画を通して本来のエジプト神話に関心が向いて各登場人物を調べてしまうほどにこちらの作品にハマってしまいました。 BLモノとは知らず、数話無料で読み進めて迷わず更新されている全話を購入。 途中、BL要素というのかその展開が繰り広げられ正直不意打ち喰らってしまいましたが…汗 まぁ、それを差し引いてもとても良くできたストーリー構成と展開は大変大満足です。 周囲にBLで騒ぐ女子がいても到底理解し難かったんですが、少しだけ分かったような気がしました。 個人的にホルスが一番可愛く気に入っています。オシリスのセトを見つめる表情も切なく苦しいし、ネフティスやアヌビスを想うセトの心情、登場人物一人一人にそれぞれの憤りや想いがあり感慨深いです。それぞれの登場人物のキャラに寄り添い感情移入しながらも幾度も読み返し楽しむことができました。 自分もBLに目覚めたんかな?と別のBL本へも数種挑戦してみたんですが、エネアドだけが許容範囲内だったようで他作品だとイチャコラに耐えきれずソッと閉じてしまいました。 オシリスの風貌が奇異すぎて存在自体気持ち悪く感じたんですが、彼も髪型や肌色変えて想像してみるとなかなかの美形。や、あれで普通にイケメン風に描かれてたらもっと同情票集まってただろうに、外見って大切さね。 鏡の中のネフティスの分身(※本体だと訴えていたけれど、どちらも偽物ではなく本体だと思うので)の存在を考えると、ホルスもまたネフティスと共に鏡の中に分身は取り残されている状態なのかな? 鏡の件はイシスも同じく記憶を失っている節があり彼女も関わりがありそうな様子、この辺りの伏線が回収される日が楽しみですね。 そしてシーズン2の謎多きギリシア人。彼もまたかっこいいではないですか。ヒゲがイイ! 美しい者に対し浮ついたキャラ、がゼウスっぽく感じましたが何者なのかは今後に期待ですね。 そういえばセトのノーメイクがとても格好良かったです。 話数が進むにつれてこってり画風になりつつあるので、初期のあっさりした画風に戻ってくれると嬉しいです。眉細め目元シャープな初期の絵柄がいいな〜。 ところで皆さんのレビューに出てくるBL用語がちょっと理解出来ないのですが、モ〇レが苦手な人云々って何でしょう?〇に当てはまる言葉が気になって仕方ないです。誰か意味も優しく教えてください〜。 続きを読む▼
  • (5.0) オススメしたいがモ○レNGの方は回れ右で…
    manaさん 投稿日:2022/11/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 広告に惹かれて30話無料期間に一気読みして続きも耐えきれず購入。 広告を見て気になった方は40話過ぎまでは絶対購入しましょう。期待を裏切りませんし、なんなら超えてきます。 ただ、読み進めて行くうちに不穏な終わり方をするお話があり、凄く嫌な予感がしたと思ったら案の定最新話では不特定多数に無理矢理…。(表紙からそんな気もしますが攻め2人との行為が無理矢理しかないから、そこである意味他では無いと安心してしまっていた) 個人の好みの問題で申し訳ないのですがそれだけは本当に駄目なのです。特定の攻めは全く平気なのにモ○レだけは…どんなに気になる漫画でもそのシーンがあると知っていたら買いません。知らずに買ってしまったことも何回もありますがその漫画をまた読むことはほぼありません。 なので私と同じように苦手な方は一話も手をつけずに引きましょう。 気になるから後に引けなくなるというか、悔しいことにこのお話の場合は可哀想な受けがその状況に陥ることに納得させられてしまうのです。 受けには悲しい、辛い過去を背負わせておけばいいみたいなのには吐き気がするのですが、受け自身が作り上げてしまった諸々が原因なので自業自得なのです。(元を辿れば攻めの1人がとんでもなく悪いので本当に可哀想ではある) しかも大変なことに優しい攻めが傷ついた受けを癒やして恋仲になるため…ではなく、受けが己のしでかした事の重大さを理解し、幸せを勝ち取る為には必要なことなのです。(果たしてハッピーエンドになるか?という疑問はある) どんなに辛い目に合おうが罪のない人達を苦しめていい理由にはならないなんて当たり前のことを改めて思いました。どうしても受けの味方になってしまうので…でも受けは強い子だから這い上がれると思ってしまうから受け入れられたのだと思います。 やっぱり物凄く嫌で該当の話はニ度と読み返したくありませんが。 ぐだぐだ言っていますが☆5評価してしまうくらい引き込まれます。 元になる神話があるとは言えキャラの見た目も性格も素敵だし、平和的で笑えるシーンもあります。 攻め2人とも執着凄いし病的なので突き刺さる方も多そうですし私もそうです。3人目の攻めになりそうなイケオジは受けの本当の味方orなにかとんでもないことやらかしてくれる気もします。 受けの太陽となるであろう攻め(希望的観測)といつかイチャラブしてくれたら最高なのですが… 続きを読む▼
  • (5.0) とても面白かったです
    いちごさん 投稿日:2022/11/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 Twitterにてフォローさせていただいてる方がおすすめしていたので、30話分無料だし、時間あるし読むか〜と思って読み始めました。これは"ガチ"なんですが、ほんとうにびっくりするくらいスクロールする指が本当に止まらなくて、あっという間によみおわってしまいました。 そして気付かないうちにシーモアの会員登録を進め、読んだ後のテンションのままこのレビューを書いています。かなり読みづらいですし、中身が本当にないのであまり参考にはならないと思いますが、ただ一つ言えるのは、この作品、十分に、狂えます。 何がすごいってガチでほんとめっちゃやばかったんですが、まず絵がいいし、漫画自体もとっても読みやすいです。わたしはそんなに古代エジプトに詳しい部類の人間では無いので、置いてかれそう…という不安もありましたが、読んでいただければわかる通り、最初の解説も丁寧ですし、毎巻の最後の方に関係性が乗っている、いわゆる家系図的なものがあるので、うわーこの人誰だ?どこの人?ってなってもすぐに振り返れます。そして途中途中の解説も分かりやすいので、めっちゃくちゃ置いてかれちまったぜ…!!って事にはあんまりなんないのかな〜って感じです。わたしも置いていかれずに読めました。 また韓国の漫画を読むのは初めてだったので、ちょっとビビってましたが、日本の漫画を読むときとあまり大差ないです。強いて言えばふきだしの読む方向がたまに違うかなくらいで、文脈から推測すれば普通に読めますし、全然問題はありません。そしてあくまでも所感ではありますが、日本の漫画に比べると、1巻1巻がかなり短めなので絶対一気読みしたい!とかじゃなければ全然時間ないときでも読めます。 こちらの作品、韓国でかなり人気があって、新刊出ると販売サイト?のサーバーが落ちるって言われてるらしいですが、これはそうなるわ…ってなりました。理由がよく分かります。ホルス神×セト神たまんねえよ、本当に。。。 29話からちょっとえっちなシーンがあるので絶対に29話まで…いや30話までは読んで欲しいです…! それまでの1〜28巻の展開でセト神に絶対に"わからせ"したいという気持ちがかなり芽生えました。絶対にわからせたい。そしてホルス神を襲おうとするセト神がホルス神の上に乗っかったと思ったら押し倒されてる瞬間わたしの頭の中のボルテージ爆上がりです。絶対に続きも読もうと心に決めました。いい作品です 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

新時代の神話系BL
分析:あずき (シーモアスタッフ)
新感覚のエジプト神話BLをご覧あれ!MOJITO先生による美麗な絵で綴られる神々の愛し合いは気高く濃厚ながら時に奔放で引き込まれること間違いなしです。そして主人公である受けのセトはまさかの俺様系。そんな受けを中心とし、ストーリーはネオBLといっても過言ではないほど美しく思わずニヤリ!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ