電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

爛れる匣庭1

通常価格:
100pt/110円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.7) 投稿数177件
爛れる匣庭(3巻配信中)

作品内容

幼くして発情がきてしまった悠人は見知らぬαに噛まれ、強制的に番にさせられてしまった。
過去のトラウマとΩ性であることで生きづらさを感じていた悠斗に唯一味方をしてくれたのは、幼馴染でαの寿國だけだった。
Ωへの偏見もなく接してくれる寿國を次第に好きになる悠斗。
しかし、番のいる自分は寿國と結ばれることはなくて……。

スパダリ執着α&番にされたΩとの、究極の執着オメガバース

※「爛れる匣庭vol.1」は、WEB雑誌『悪×オメガバース』および『オメガバースBL-狂愛-』にて掲載した「囲い」を改題した作品の単話配信です。重複購入にご注意ください。
(※各巻のページ数は、表紙と奥付を含め片面で数えています)

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • 爛れる匣庭1
    登録して購入
    通常価格:
    100pt/110円(税込)
    幼くして発情がきてしまった悠人は見知らぬαに噛まれ、強制的に番にさせられてしまった。
    過去のトラウマとΩ性であることで生きづらさを感じていた悠斗に唯一味方をしてくれたのは、幼馴染でαの寿國だけだった。
    Ωへの偏見もなく接してくれる寿國を次第に好きになる悠斗。
    しかし、番のいる自分は寿國と結ばれることはなくて……。

    スパダリ執着α&番にされたΩとの、究極の執着オメガバース

    ※「爛れる匣庭vol.1」は、WEB雑誌『悪×オメガバース』および『オメガバースBL-狂愛-』にて掲載した「囲い」を改題した作品の単話配信です。重複購入にご注意ください。
    (※各巻のページ数は、表紙と奥付を含め片面で数えています)
  • 爛れる匣庭2
    登録して購入
    通常価格:
    200pt/220円(税込)
    「ホラここ、悠斗の子宮だよ」
    寿國の執拗なセックスと過ぎた執着に気圧された悠斗は、彼のいない隙をついて家から逃げ出すが…
  • 爛れる匣庭3
    登録して購入
    通常価格:
    200pt/220円(税込)
    寿國からは逃れられないと思う悠斗だったが、謎の青年から「1人で抱えこまないで」と言われて――
  • 爛れる匣庭4
    9/25(土)発売予定

    登録すると発売日に自動購入できます

    通常価格:
    200pt/220円(税込)
    ここから逃げようと決心し謎の青年に助けを求める電話をする悠斗だったが、どんどん迷いが出てきてしまい――

レビュー

爛れる匣庭のレビュー

平均評価:4.7 177件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) ヤンデレ
    skskさん 投稿日:2021/9/12
    病みが尋常じゃない攻め様×幼児なのに噛まれちゃってる受け 相変わらずこの作者さんの攻めは病んでます。もはや一線超えてます。 だがそれが良い。 受けのトラウマゆえの悩みがページ数の都合なのかやけにあっさりで、投げやりな生き方してる理由の説明が 薄くて受けに感情移入しにくかったんですが、 まあこの作者さんの受けはそんなタイプが多いから感情移入より俯瞰で見ればいいのかな。 謎な部分がまだまだあるので以後の展開が楽しみ。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) これぞ【最高のヤンデレ】
    ぴっぴさん 投稿日:2021/3/26
    【本物のヤンデレ】を求めている方には最高の神作です。 ヤンデレ作品が大好きで数々の「ヤンデレ攻め」と謳われている作品を読んできましたがどれもイマイチ惹かれず…。 「ヤンデレ」とただの「執着溺愛」を勘違いしてるのか、 結局受けを傷つけら れず、本気で拒否されると身を引く攻めばかり見てきたのでずっとモヤモヤしていました。 違う!受けの気持ちより自分の欲を優先するのがいわゆるヤンデレなのでは?! と、我ながらこじらせているので(苦笑) 理想のヤンデレには出会えないのだろうと半ば諦めていたところこの作品に出会いました。 もう一言でいうと最高です。ヤンデレがちゃんとヤンデレしている…!!! 表情や言動全てが「理想のヤンデレ」です。 受けに対する深い深い欲望を露わにした時の攻めの表情たるや… あのヤンデレ特有の瞳孔の開き切った目が最高に性癖にぶっ刺さります。 こんな理想ど真ん中の作品に出会えて腐女子冥利に尽きます。 ありがとうございました( ; ; ) もっとみる▼
  • (5.0) エロと執着と、不気味さ
    ゆゆゆさん 投稿日:2021/2/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 3話まであっという間に読了。読み終えた後に深いため息が出るほどストーリーに引き込まれ、いい意味で疲れます。天河作品の中では愛あり甘め。もちろん無理矢理・ゲロ・流血シーンは軽くありますが薔薇とヘドロに比べたらかわいいもんでした。幼少期に見知らぬ人物に番にされたヤバすぎる設定からの実は好きな人がその犯人でしたという話。ハイスペスパダリ攻めだけど目が怖い。背景が急に真っ黒になるシーンなんかはドキッとします。今回、「2話が特にエロい」とのレビューを読み我慢できず購入を決めましたが、ほんとーーにエロいです(笑)交尾さながらの中◯しセ◯クスはオメガバース特有ですね。2人の体格差や、受けの追い詰められた小動物感にはゾクゾクしてしまいます。攻めが異常なほど受けに執着しているけど、何が彼をここまで狂わせているんだろう?同窓会のハガキのくだりや脇役Ω(味方?)の出現など、まだまだ一悶着ありそうです。執着とエロだけではない仄かな不気味さ漂っています。ハピエンというよりメリバの予感。 続きを読む▼
  • (5.0) 至高のヤンデレ……
    Hoi さん 投稿日:2021/5/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 1話が無料で読めたので試しに読んでみたら…これはまた至高のヤンデレに出会ってしまいました…気づいたら3話まで買っていました…攻めの執着が凄まじいです、何度読んでも1話の寿くんが秘密を打ち明けるシーンのコマに体の奥からゾワゾワとした感覚に襲われます…そして天河さんが描かれる攻めなんですが優しく微笑んでいるのに瞳の奥に狂気や闇を感じます、本当に表現力に脱帽です…狂気じみた執着を描かれるのが本当にお上手です…1話のエッチ中の寿くんは好きで仕方ないから止まれないと言うよりかはやっと悠斗を所有できた喜びに浸っているように感じました。長くなりましたが本当にヤンデレ、執着攻め、幸薄受け、3点セットの至高のヤンデレです!!お好きな方は是非読んでみてください!!単行本が出たら絶対買います…!!!! 続きを読む▼
  • (5.0) すんごいオメガバース
    イサベルさん 投稿日:2021/7/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 今まで読んだどのオメガバースよりもセ○クスが本能的で1巻読んでビビりました やんわりと運命の番設定に流されていく話が多いのでオメガバースはあまり好きじゃないんですが、この話は狂気的な本能と攻めの執着がすごくてとても惹かれました! 普段キャラの性格も重視するんですけど、それ以上にストーリーが気になる作品です。攻めの怖いほどの執着はとっても好きですが、受けの魅力も重視したいです。万引きまでしちゃうのはちょっと…とは思いましたが、今後の心の変化成長?を期待したいです。 続きを読む▼
  • (5.0) ヤンデレ!!
    アズンガーさん 投稿日:2020/10/24
    作者買いなんですが、安定のヤンデレ!この方の作品は基本攻めが病んでるので購入される方はそこを理解して買って欲しい1話はアンソロで読んでたんですが続いてると思ってなかったのでめちゃ嬉しいです攻めは病んでるけど一途に受けだけに病んでるのであ る意味安心して読めるただ現状としては行き場のない受けが不憫ではありますあとオメガバースでちゃんとノットの部分まで細かく描いてる漫画って少ないのでそれも含めて最高です もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • ヤンデレ界の頂点
    天河藍先生のオメガバース作品。執着系BLがお好きなあなたにオススメ!幼い頃に見知らぬαに噛まれ、強制的に番にさせられてしまった悠斗。いつもそばで味方してくれた完璧な幼馴染の寿國に惹かれていくが、実は彼には秘密があって!?寿國の異常なほどの執着愛、狂愛、誰にも止められないヤンデレ誕生!
    広報:扇風機おじさん
▲ページTOPへ