漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
うしおととら 1巻
この巻を買う/読む

うしおととら 1巻

ポイント還元 84pt還元!(2/28まで)
最大5,000pt ポイント獲得 3/12
通常価格:
420pt/462円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.8) 投稿数207件
うしおととら(33巻完結)

作品内容

少年サンデー誌上で大人気を博した藤田和日郎が描く名作!!
伝説の「獣の槍」を操る少年・うしおと、五百年ぶりに解放された妖怪・とら。この不思議なコンビが贈るハイパー伝奇ロマン!!小学館漫画賞受賞作品。

作品ラインナップ  全33巻完結

レビュー

うしおととらのレビュー

平均評価:4.8 207件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 面白い
    K2さん 投稿日:2021/2/7
    王道の正義は勝つ、仲間と勇気の漫画です。 物語は短調なので過剰な期待はしないでください。 ただ、読んで損はしません。

高評価レビュー

  • (5.0) 伝説のマンガ
    そらやんさん 投稿日:2020/12/24
    数々の人気マンガに、この作品へのオマージュと捉えられるシーンが登場しています。藤田先生は現在でも「うしおととら」で感じられた情熱が全く冷めることなく、その後の作品でもマンガとは何か、物語とは何かを追求・開拓し続けている、歴史に名を残す素晴ら しい表現者です。 もっとみる▼
  • (5.0) 泣ける王道少年漫画
    大阪さん 投稿日:2020/7/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 序盤は単なる妖怪退治漫画でダルく感じますが、 中盤あたりでだんだんと、(日本を代表する漫画に)化けていきます。 だから我慢して読んでください、すべてが最終局面につながります。 中盤から最終局面までは30巻を超える漫画にもかかわらず、 時間を忘れ、一気に読んでしまうことでしょう。 ・主人公がヒロインを救出する壮絶なシーン(あさこー死ぬなー!!!) ・相棒との別れのシーン(主人公の表情) このふたつは日本の少年漫画随一のシーンではないでしょうか。 喜怒哀楽の表情がここまで豊かに表現されている漫画、他にある? 続きを読む▼
  • (5.0) 最高の漫画。
    IQOSさん 投稿日:2020/5/19
    古いので始めの10巻ぐらいは読むのが辛いと思います。 でもそこからはこの漫画が 今も語り継がれる名作の所以が分かると思います。 からくりや月光条例で藤田和日郎を知った人、 なんとなく名前だけ知ってる人、 何も知らない人、 とりあ えず始めの10巻は我慢して読んでみてください! もっとみる▼
  • (5.0) 30過ぎてから読んでドハマり
    チソチソさん 投稿日:2020/4/26
    普段長い連載の少年誌は読まないんですが(途中で飽きる)この作品はどの巻から見ても退屈させる事なく面白く読めますね。まず登場人物がとても優しい(中にはモブキャラが活躍するとこも)殺伐としたシーンもありますがグロさはさほど感じません。耐性? 悲しい泣ける話もありますがアザとい感じはしません。ドキドキワクワクしながらサクサク読めるとてもいい漫画です。 もっとみる▼
  • (5.0) 最高です。
    macさん 投稿日:2020/2/27
    家族から勧められて読みました。 短編集のようでもありますが、それぞれの話は話の本筋に とても自然に組み込んであり、全体を通して飽きることなく読め、かつ満足感もあります。 また人物の描写がとても美しく、絵に馴染んでいるため、 理解がし やすいです。(絵の細かいところがあったりはします) 背景が丁寧に書き込んであるため、絵をじっくり眺めたい人は読むとよいと思います。 まあとにかく、面白いので読んでください。 もっとみる▼
スタッフオススメ!
  • 家の地下には謎の…
    ファン待望のアニメ化決定!2015年夏にアニメ化することが決定した「うしおととら」です!主人公潮(うしお)が家の地下で見つけた獣の槍にはりつけにされた妖怪とらの封印を解き、槍ととらの力で妖怪たちをぶっ倒してゆくマンガです。物語がすすむにつれ獣の槍と重要な関係性をもつ白面の者と出会います。この出会いが物語に拍車をかけます!とにかく出てくるキャラクターたちの個性がすごく、のめりこんでいってしまうこと間違いなしです。それなのに全19巻という最近のマンガと比べるとだいぶボリュームは少な目なのに読後感のスッキリ感が半端ないです。もうすぐアニメ化するということで昔読んだことのあった人も復習がてらもう一度読んでみてはどうでしょう?「からくりサーカス」でヒットをとばした藤田和日郎の描く妖怪冒険スペクタクルをご覧あれ!
    編集:クリアブラック
▲ページTOPへ