We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

北の砦にて(コミック) 3巻 NEW

通常価格:
640pt/704円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.8) 投稿数55件
北の砦にて(コミック)(3巻配信中)

作品内容

前世日本人、転生したら雪の精霊の子ギツネに!? そんな前世の記憶を持つミルは、ある日、強面で屈強な騎士たちばかりがいる砦に迷い込む。顔は怖いが優しい騎士たちと交流し、次第に仲良くなっていくミルは、楽しい日々を過ごしていた。そんな中、ミルの母親である精霊スノウレアは住処にミルがいないことに気づいて、人間たちが攫ったのだと勘違いして怒ってしまい……。読んだらきっと”もふもふ”したくなる、ほのぼのほっこり交流譚第3弾!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • 北の砦にて(コミック) : 1
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    前世日本人、転生したら雪の精霊の子ギツネに!?そんな前世の記憶を持つミルは、同じく精霊の母親と雪の山で平和に暮らしている。ある日、急に留守番を言い渡されて、寂しさに耐えられずミルは山を下りてしまう。動物の本能で人が怖いミルはある砦に辿り着くが、そこで顔に大きな傷のある隻眼の騎士に見つかってしまい…?
  • 北の砦にて(コミック) 2巻
    登録して購入
    通常価格:
    640pt/704円(税込)
    前世日本人、転生したら雪の精霊の子ギツネに!? そんな前世の記憶を持つミルは、ある日、急にお母さんに留守番を言い渡されるが、寂しさに耐えられず山を下りてしまい、強面で屈強な騎士たちばかりがいる砦に辿り着く。最初は警戒していたものの騎士たちと仲良くなり、保護してくれた隻眼の騎士の部屋で過ごすことも多くなったミルだったが……。読んだらきっと”もふもふ”したくなる、ほのぼのほっこり交流譚第2弾!
  • 北の砦にて(コミック) 3巻
    登録して購入
    通常価格:
    640pt/704円(税込)
    前世日本人、転生したら雪の精霊の子ギツネに!? そんな前世の記憶を持つミルは、ある日、強面で屈強な騎士たちばかりがいる砦に迷い込む。顔は怖いが優しい騎士たちと交流し、次第に仲良くなっていくミルは、楽しい日々を過ごしていた。そんな中、ミルの母親である精霊スノウレアは住処にミルがいないことに気づいて、人間たちが攫ったのだと勘違いして怒ってしまい……。読んだらきっと”もふもふ”したくなる、ほのぼのほっこり交流譚第3弾!

レビュー

北の砦にて(コミック)のレビュー

平均評価:4.8 55件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) もふもふ好きに送る漫画
    クロさん 投稿日:2022/1/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 ミルちゃんが相変わらず好奇心旺盛なモフモフで大好きです。 砦の皆さんほんと良かったね! どんどん過保護化していく周りの皆様がこれから楽しみです 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) ミルちゃんカワユす!
    ぐっちぃ~さん 投稿日:2021/9/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 白いモフモフのミルちゃんが めっちゃカワユいです!! なので、2巻読了時点でこれと言ったストーリーの盛り上がりが無く 単なる吹き出し付きのモフモフ写真集に成り下がっていようとも、氷の支団長の顔に憂いとか中性的な美貌とか無くて後ろにちょびっと結んだ髪型が なんじゃこりゃ?って思っても、隻眼の騎士が全くコワ面じゃなく むしろ童顔でも、母上に妖精の美貌が皆無でも 許しちゃいます。 人間の言葉が喋れないだけで、前世の人間としての感情がこの白いモフモフに詰まっていたら こんなしぐさだよねって言う喜怒哀楽描写がたまりません! ・・・某無料サイトで小説版を読むと どうやらまだ起承転結の『起』のようなので、続きを楽しみにしてます。 続きを読む▼
  • (5.0) 可愛いは正義!
    まるこさん 投稿日:2021/9/14
    絵柄はちょっと苦手かなーと思ったんですが「電子コミック大賞」にノミネートされていたので、読んでみました。 何、この可愛い子狐!!!動作とか、表情とか、考えている事とか、めちゃめちゃ可愛くて癒される!!すぐに続きを買ってしまいました。 い ずれ野生に…という言葉が気になります。これからどうなるのかな?離れちゃうのかな?と気になって仕方ない。でもこの作風ならハッピーになる予感しかしません。 異世界部門は他のに一票入れましたが、動物部門があれば間違いなくこれに投票します! もっとみる▼
  • (5.0) もふもふの可愛さは神!‥あ、精霊でした
    ゆぴさん 投稿日:2021/4/18
    北の国境を護る砦が舞台。でも戦争はおろか悪人も登場しない。大きな事件もない。子キツネが迷い込んできただけでそれがイベントになるくらい平穏な北の砦。淡々と描かれる日常、人間たちと子キツネの交流。ひたすら癒やされほっこりします。何より、もふもふ 子キツネの可愛さ! 最近のコミックでこれほど可愛い動物は記憶にありません。タイトルと読んだ印象から連想したのは昔のTVドラマと、さだまさしさんの音楽。隻眼の副長が田中邦衛さんに思えてきました。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ