マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミックKADOKAWAフルールコミックス明治従属タングステン明治従属タングステン‐或る手紙‐【コミックシーモア限定版】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
明治従属タングステン‐或る手紙‐【コミックシーモア限定版】
BLコミック
明治従属タングステン‐或る手紙‐【コミックシーモア限定版】
3巻配信中

明治従属タングステン‐或る手紙‐【コミックシーモア限定版】

760pt/836円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

【電子版特典マンガ付き】
大正七年。第一次大戦を経て日本は束の間の好景気に沸いていた。
30代半ばになった計画技師の亮二は、恋人であり仕事の片腕でもあるエドと共に各地を転々とし、
電力普及に尽力する日々を送っていた。そこに、亮二の恩人である中原からの手紙が届き――…。

若き亮二を描いた過去編とエドの親族を巡る物語を収録!
真実が明らかになる必読のシリーズ続編!

電子版特典として、紙書籍の応援書店特典マンガ「後始末」1P収録☆
さらに、コミックシーモア限定!カバーイラスト(ロゴ無し&原画ver)付き♪

■収録内容
・「明治従属タングステン―或る手紙ー」第1話~第4話…COMICフルール掲載作を加筆修正
・「甘い休暇2」…描きおろし10P
・本体表紙…描きおろしマンガ2P
・電子版特典描きおろしマンガ「後始末」1P(紙書籍の応援書店特典と同内容)
・コミックシーモア限定!カバーイラスト(ロゴ無し&原画ver)

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • 明治従属タングステン 上【電子特典付き】【シーモア限定特典付き】

    700pt/770円(税込)

    【電子版特典マンガ付き】
    明治末期。日露戦争後の電力需要の拡大を受け、欧州帰りの佐伯亮二は、
    地方の水力発電所の計画技師として参画し、忙しい毎日を送っていた。
    彼の傍らに居るのは、忠実な助手・エドワード。
    2年前に、“言葉も話せぬ阿呆の男”として働いているのを見つけ、
    世話してやったのが始まりだった。
    二人の主従関係は、少しずつ変化を見せていて――…。

    電子版特典として、紙書籍の応援書店特典マンガ「初恋」2P収録☆


    ■収録内容
    ・「明治従属タングステン」第1話~第4話…COMICフルール掲載作を加筆修正
    ・本体表紙…描きおろしマンガ2P
    ・電子版特典描きおろしマンガ「初恋」2P(紙書籍の応援書店特典と同内容)

    ※本コンテンツには、コミックシーモア限定特典が付与されています
  • 明治従属タングステン 下【電子特典付き】【シーモア限定特典付き】

    720pt/792円(税込)

    【電子版特典マンガ付き】
    エドワードは敬愛する亮二の胸の内に、ある男-中原薫-がいるのを知る。
    エドワードが亮二によって救われたのと同じように、
    亮二自身も中原に拾われ、学を与えられたのだった。
    「満たされれば巣立つ日も来るだろう」
    そう言って体までも与えてくれた亮二のために、
    少しでも役に立ちたいと願い、懸命に支えようとするが――。

    電子版特典として、紙書籍の応援書店特典マンガ「寝たふりエド」2P収録☆


    ■収録内容
    ・「明治従属タングステン」第5話~第8話…COMICフルール掲載作を加筆修正
    ・「甘い休暇」…描きおろしマンガ15P
    ・本体表紙…描きおろしマンガ2P
    ・電子版特典描きおろしマンガ「寝たふりエド」2P(紙書籍の応援書店特典と同内容)

    ※本コンテンツには、コミックシーモア限定特典が付与されています
  • 明治従属タングステン‐或る手紙‐【コミックシーモア限定版】

    760pt/836円(税込)

    【電子版特典マンガ付き】
    大正七年。第一次大戦を経て日本は束の間の好景気に沸いていた。
    30代半ばになった計画技師の亮二は、恋人であり仕事の片腕でもあるエドと共に各地を転々とし、
    電力普及に尽力する日々を送っていた。そこに、亮二の恩人である中原からの手紙が届き――…。

    若き亮二を描いた過去編とエドの親族を巡る物語を収録!
    真実が明らかになる必読のシリーズ続編!

    電子版特典として、紙書籍の応援書店特典マンガ「後始末」1P収録☆
    さらに、コミックシーモア限定!カバーイラスト(ロゴ無し&原画ver)付き♪

    ■収録内容
    ・「明治従属タングステン―或る手紙ー」第1話~第4話…COMICフルール掲載作を加筆修正
    ・「甘い休暇2」…描きおろし10P
    ・本体表紙…描きおろしマンガ2P
    ・電子版特典描きおろしマンガ「後始末」1P(紙書籍の応援書店特典と同内容)
    ・コミックシーモア限定!カバーイラスト(ロゴ無し&原画ver)

レビュー

明治従属タングステンのレビュー

平均評価:4.7 221件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 内容が想像できなかった題名だが
    monmonさん 投稿日:2024/5/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 素敵なラブストーリーでした。中原様、エド、なんて魅力的なの!真摯にサポートというか支えている姿がぐっときます。レトロな背景もいいです。最終的に家族愛へと広がりイケメン3人に囲まれてミヨさん、老後幸せで良かったねと羨ましい限りでした。作画綺麗なのもうっとりです。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 2人の未来を燈し続ける美しい光
    aaさん 投稿日:2021/7/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 初めての作家さん。新刊予定で見かけて読むのを楽しみにしていました! 色香漂う美しい表紙絵そのままに、主従関係から形を変えていく深い想いの変遷が綴られるラブロマンスで、とても好きなお話でした。 明治末期。言葉も話せずただ生きていただけの世界から救いあげてくれた主人である亮二に対し、絶対的にな忠義と敬愛を持ち尽くすエド。 地方の発電所計画に計画技師として招かれた亮二は過去に深く関わった人物、中原と相対し、亮二の中に中原の存在がある事を知ったエドはただの主従の関係性に変化を持ち込みます。 明治末期の重厚なイメージよりも文明開化の色が出され、2人の生きた辛い過去も作中そこまでの重さは引っ張らず、発電事業に隠された思惑の行方と成し遂げるまでの道程の面白さ、合わせて亮二に触れ昂っていくエドの想いや、エドに少しづつ惹かれ存在の大きさを感じる亮二の正直な気持ちの変化が駆け引きなく描かれ進行していくので、とても読みやすい印象でした。中原と亮二の関係は、彼がいたからこそ、という事が当然あるのだけど、その他に明かされた事実は赦されぬ事で悪行は回り回ってやはり自分に返ってくるもの。 何をするのも全てが愛する亮二中心なエド。出来る男が亮二にだけ見せるワンコみたいな従順な健気さや、亮二を必ず守り助ける頼もしすぎる風格を纏った姿、そのどちらも堪らなく好きでした。 亮二が地下のエドを待つ間に見せた、切ないくらいに愛しさが零れる表情からも、彼の中でのエドの存在の大きさと想いの強さがヒシヒシと伝わってきてとても良かったです。 身体を重ねる二人がまた色っぽくて。美しい絡みがとても素敵だしトロンとした亮二が可愛い。エドたまらないだろうな〜 そして描き下ろしマンガの可愛いさは、本当に何回も読んでしまいました笑 フォローしてる方々も高評価で改めて素敵な作品だなと思います。 あの日、放っておけず手を差し伸べた事がきっかけで主従関係が始まり、肩を並べて事業を見据える力のある右腕へと成長を遂げ、共に生きたいと乞い願うほどに愛し、愛される関係へと姿を変える。こんな幸せな事ってないなと思います。 孤独に震えたことのある2人だからこその幸せに満ちた恋の物語、とても良い読後感で満足でした。 続きを読む▼
  • (5.0) 主従ものプラスお仕事BLトラウマ仕立て?
    nyamuさん 投稿日:2022/12/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 これはハマりました。主従ものとか特に興味があったわけじゃないけど、とてもよかったです。 自分が何者かも、何故日本にいるのかも分からないエドは、亮二に対して敬愛以上の感情を持って日々に尽くしている。それがイケメン青い目、力持ちの体格差とくれば、もうね。 そして技師として地位もある年上の亮二も、エドの優秀さを認め、頼りにしていて、惹かれてもいる。 紋切り型かな、と思ったところでの中原の登場で、亮二という人物の清潔さに急に色香が加わったのには、おお!でした。 事業や処世のために、エドには光も闇も与えると言う亮二が、求められるまま体まで与えるというのがまた、おお! 自己犠牲的?でもないけど、こんな主人だったら、エドもどんどんハマっちゃいますよね。 とにかくエドが、亮二が一番!で常に大事にしてるのがとってもいいです。事業面のこともしっかり書き込まれていて面白いし、二人が社会的にも物事を成して成長していく姿もいい。 後半では、亮二の過去のトラウマが明かされたりして色々納得しました。 中原は中原なりに、亮二に気持ちがあったのだと分かりました。陸軍誘致の件とか、妻とのこととか、ある種の社会悪の象徴的な立ち位置にいた嫌な奴でしたが、命を取り留めて奥さんを大事にしていけばいいと思います。亮二がエドを掬いあげたのと同じで、過去の亮二を助けてくれた人ですからね。 とはいえ、中原がエドの出自の謎にまで関わっていたなんて……。そうして発展のために払ったはずの犠牲者たるエドが、巡り巡って亮二の傍らでこれからも電気を灯してゆくのかと思うと感慨もひとしおでした。出会うべくして出会ったふたりだったんでしょうね。勉強も見聞も、エドはずっと亮二のそばで励めばいいよ。 わたし的に、萌要素(受は薄幸みとか、攻が力持ちとか…)が、随所に散りばめられていて、とっても好きな作品です。 物語の山場もちゃんとあって、謎もきちんと回収されてて、上下巻でとっても読みやすくまとめられたお話だなあと思います。 おまけマンガとか、紙本カバー裏?も笑えました。風呂に浸ける、とか笑。 これは作者買いですね、いい作家さんを見つけられて嬉しいです。 続きを読む▼
  • (5.0) はぁ、美しい…
    vamさん 投稿日:2021/7/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 『1/365の恋人』が好きで作者様買いしました。表紙絵の美しさに目を奪われ、紙媒体で購入しましたがホントに綺麗で、カバーのマットな質感もよくゴールドとシルバー上下巻で美しいんです。亮二とエド共に美男子ですが、エドの青い瞳がたまりません。 物語は明治末期の時代物で、電力需要を受け水力発電所を建設する地方が舞台です。 計画技師の亮二と、彼に忠実な助手エドワードの主従愛がとても素敵な作品です。 異国で孤独に生きるエドが亮二に拾われ、彼の役に立つように健気に尽くすエドが、と〜ってもいじらしい。その感情が、やがて敬愛から愛へと変わっていく様が、身体に触れることで高まっていくように自然で、丁寧に描かれています。近代的背景でないからこそ、なんだかイン靡な世界に見えてドキドキします。 亮二が抱える過去の傷や、亮二を囲った中原との過去も苦々しい思い出ですが、絶ちきる強さを持った亮二が男らしくなったなと思います。私情はよそに置いておき、難しい電力計画に尽力した亮二が清々しい。執着を残したのは中原で、中原の妻もまた狂気に満ちた執着が恐ろしくもあり、哀しいですね。 エドにいつかくるかもしれないとされた『巣立ち』は、亮二が中原から巣立ったって事なんだなと思いました。 亮二を支えたエドの献身で、過去から巣立った亮二が、いつしか愛という感情に変わって行った事も、とても自然な流れで良かったです。 目に不自由なエドが、もし見えなくなる日が訪れたとしても、亮二が先を照らす光となるでしょうし、 暗闇の恐怖がトラウマだった亮二にとって、エドが暗闇を照らす光だったと思うと、二人の歩む未来は希望に満ちて明るいと思います。 とても、とても素敵なラブストーリーでした。 タングステンの意味をググろうとしましたが、後書きに原子番号74の金属元素のひとつで、電球のフィラメントに使われているとありました。なるほどです。 フォロー様の『和洋折衷織り交わる生活にトキメキ』覚える感じ、すごくわかります(*^^*) 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

内容充実、歴史ロマン
設計:AI王子(シーモアスタッフ)
BLの枠を超え、読んで満腹!内容充実!たつもとみお先生初の時代物・上下巻です。明治末期を描く歴史譚であり、山村に電気を引く技術開発の記録であり、記憶喪失の金髪青年エドと技師・佐伯の主従愛モノであり。2人が困難を乗り超え共に歩む伴侶となるまでの波乱の物語。実は当て馬・中原がイイ!ので注目を。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ