電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

東京 ─四季─ 下

通常価格:
630pt/693円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.7) 投稿数135件
東京 ─四季─(2巻配信中)

作品内容

お互いに何も知らない方がいい
じゃないと、泥沼になる

暑い夏の夜、トップクリエイターの八神は
ゲイバーでひとりの男と知り合い、セフレになる。
見た目がよく、真夏でもスーツのいかにもエリートな、
そのくせ遊び慣れていない童貞の男だ。
名前も知らず、体だけの関係。
セックス以外、持ち込むのは禁止──そうやって
名前も告げす始まった関係のはずが、八神のテリトリーを守り
けなげに振る舞う男を、八神はいつしか可愛く思うようになる。
本気になるつもりはなかった。そのはずが……!?

東京で生まれた、四つの季節のラブストーリー、夏(中編、後編)と
『4月の東京は…』の和真&蓮のその後を描いた春を収録!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  2巻まで配信中!

  • 東京 ─四季─ 上
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    「家庭教師代はセックスでいいぜ」

    浪人生の早乙女恭平が駅で会ったのは、
    早乙女が落ちた大学にトップ合格した、
    同じ高校の同級生だった神宮寺結人だ。
    エリート揃いの厳しい家庭で優等生として育った恭平は、
    大学受験失敗という初めての挫折に追いつめられていた。
    そんな恭平に、神宮寺はセックスと家庭教師の取引を持ちかける。
    神宮寺の嗜虐的な行為に、嫌だと思いつつのめり込む恭平。
    そんな恭平に神宮寺もまた激しく執着して…

    東京で生まれた、四つの季節のラブストーリー、
    秋、冬、夏(前編)を収録!

    ※巻末に和真と蓮の恋愛を描いた「4月の東京は…」第4話の試し読み(12p)を収録しております。
  • 東京 ─四季─ 下
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    お互いに何も知らない方がいい
    じゃないと、泥沼になる

    暑い夏の夜、トップクリエイターの八神は
    ゲイバーでひとりの男と知り合い、セフレになる。
    見た目がよく、真夏でもスーツのいかにもエリートな、
    そのくせ遊び慣れていない童貞の男だ。
    名前も知らず、体だけの関係。
    セックス以外、持ち込むのは禁止──そうやって
    名前も告げす始まった関係のはずが、八神のテリトリーを守り
    けなげに振る舞う男を、八神はいつしか可愛く思うようになる。
    本気になるつもりはなかった。そのはずが……!?

    東京で生まれた、四つの季節のラブストーリー、夏(中編、後編)と
    『4月の東京は…』の和真&蓮のその後を描いた春を収録!

レビュー

東京 ─四季─のレビュー

平均評価:4.7 135件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) もっと欲しい
    Ramさん 投稿日:2021/11/26
    シリーズで読みました。 もっと続編欲しいです。 続きも欲しい。 四月の東京は…きっかけで、知りましたが、他のも読みたくなりました。

高評価レビュー

  • (5.0) 2人のその後…涙涙でした。
    Anno//さん 投稿日:2021/11/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 ”4月の東京は”からこの2人のスピンオフを続けて読むと、蓮の苦しみがどれ程のものだったのか、本編を読んだ時よりもより直に感じました。2人の結婚証明書を見て、よく生きてきた蓮…とまた涙でした。八神さんの存在も蓮にとっては大きかったんだな、と再確認。和真くんがハッとしてとった蓮くんと家族になる為の行動は、蓮がたまに夢に見るあの時の親たちとその時のボロボロの自分とやっと向き合える大きな勇気になるんだろうな、と。結婚というまた新たな形で2人が幸せになれたのはアメリカが性的マイノリティに寛容だからではなく、同性愛者を精神疾患として治療していた事、稚児制度があった日本以上に宗教的観点から彼らへの差別や虐 待が酷くそれに声を上げ続けてきた背景と、ようやく10年前にニューヨーク州で同性婚が認められた、多分そんな事を知っている和真くんの、ここだと社会的に家族になれる、蓮に絶対的な安心と愛の証明が出来る、今偶然にも僕たちはここにいる、と気付いたからで…そのハッ!に、すごく深い想いと愛情を感じて涙涙でした。膝をつくって凄い事本当に拍手拍手でした。 ただ、もしこの2人の物語がノーマルなパンとサーカスだとしたら、個人的に私はそこに芸術的な美しさが加わると耽美だなと、敬服する様な感動を覚えます。それが神宮寺と恭平のお話でした。これはもう、社会的にというものすらも超えた絶対的な愛の尊さを感じて震えてしまいました。恭平はあの親の自慢の息子になるのかな、と感じた物語のラスト。良い医者になってもしかしたら結婚もして子どもをもうけて、世間からさすが…とかになっても…絶対にそこには神宮寺がいるんだろうなと。愛して愛して愛を恭平の体に刻み続けて、それでようやく立てている彼をずっとずっと支えていくだろう神宮寺。尊い フォローさんが下着は白と仰っていた。白…だからか私は恭平のキスも含めた全ての初体験は神宮寺と、と感じてしまった。彼が神宮寺に高校の時…と言ったのは、嘘じゃないかなと思ってしまったのですが、どうかな?下着というのは、本当にそのキャラが歩んできた人生をもの語るなと思いました。 続きを読む▼
  • (5.0) 新しい愛の形とは。
    華はなさん 投稿日:2021/10/19
    もちろん、”四月の東京は。。。”を読みました。そして、この作品。スピンオフなので、和真と漣も登場します。すっかり カップルとして貫禄がついて、益々、和真の母親と仲良くなって、そして、ラスボス 父親との対決(苦笑) それも アメリカで。いや、 アメリカだから NYだから、父親をコテンパンに倒すことが出来て、気持ちよかったです(笑笑)。ただ、父親も 父親としての愛があるから 和真に あるヒントを与えてしまうわけで。そういうとこ しっかり 伏線になっていて、後で 拾い上げられて 気持よかったです。ただ もう一つだけ 和真に教えてあげられるなら、父親に 籍を汚しおって、と罵倒されるシーンがあるのですが、和真は 父親の籍を抜けて、自分が戸籍主になれば、父親に 今後一切 何も言えなくなります。 このカップルをのぞいて、あと2カップル。狂おしいほどの愛で 早乙女を野獣のように ベッドの中で抱きつくす神宮は 最初のころこそ、早乙女は まるで 仔猫のように 神宮を怖がるけれど、そのうちに、早乙女が その野獣に懐かれて、猛獣使いになりかねない最後のシーンが ほんとに意味シーンで この終わり方は 読者の妄想力を試しながらも、なんか 安泰のような 平和のような やがて そんなシーズンが二人に訪れるんじゃないか、と期待できました。 八神と松原のカップルは とにかく 読んで欲しいでう。出来る大人の男二人のラブストーリーです。最後の”平穏”が ほんとに最高で、鼻の奥がジーンとしました。新しいカップルの形、又は 家族の形が ちゃんと描かれてあって、その新しい形は 三つ子ちゃんの可愛い寝顔とパパたちがベッドの上で穏やかに横たわるシーンで ”幸福”の形を表現しているように思えました。 カップルが幸せに生きているなら 誰も何も言う筋合いはないっていうメッセージと そして、いつか ほんとに そういう未来が来るようにという願いがこもった作品じゃないかなって思いました。 もっとみる▼
  • (5.0) なんって清々しいスピンオフ作品!最高です
    パンさん 投稿日:2021/10/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 これは『4月の東京は…』が好きな方には必読のスピンオフ作品ですね! どの作品も、読んでいてスッキリ爽快、それぞれの願いや幸せを妥協せず追求しようとしていて、見ていてとても気持ちが良かったです!特に好きだなあと思った作品は、蓮の兄ちゃん、恭平と彼の同級生、神宮寺との話でした。神宮寺の執拗なアプローチを拒みながらも欲に抗えず、熱情溢れる関係にどんどん溺れていく恭平、サイコと呼ばれながらも心の底では彼を絶対に手放したくないと、恭平を一心に求める神宮寺。実は互いの"利害"と愛情が一致しているそんな彼らの激しい関係性がとても魅力的だと思いました。 八神さんと博通さんのラストも本当に最高でした!2人が心から幸せそうで。彼らの様な関係性やケースってファンタジーの世界だけの出来事と(一般的な傾向として)思われがちですが、世界中見渡すと八神さんたちの様な家族の形って(形は違えど)実際沢山あるので、こういう風に当たり前の様に物語の中で描いてくださっていて、すごく嬉しい事だなあと思いました!ハル先生に感謝です。 それから、和真がお父さんにはっきりと自分の意思を伝えている場面は、一番心がスカッとしましたね〜。よーし、和真!やったれやったれ〜言ったれ言ったれ〜!!!と、1人で盛り上がってしまいました笑。"今はまだ"日本でそれができないなら、アメリカに来ればいい!カナダでもフランスでも行けばいい!うん、本当に。(とは言っても、様々な理由からどうしても海外へ渡れない方もいらっしゃるので無責任な事は言えませんが…日本でもいつかそう遠くない未来にそれが合法化される事を切に願って…。)和真の眩しく前向きな表情、姿に勇気をもらいますね。 みんながそれぞれの幸せを謳歌している姿を見られて、とても清々しく読後感最高なスピンオフ作品でした。物足りないのでもっと読みたいです! 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ