マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミック海王社GUSH COMICS鷹神様と憐れな生贄鷹神様と憐れな生贄 瑞花【電子限定かきおろし漫画2P付】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

鷹神様と憐れな生贄 瑞花【電子限定かきおろし漫画2P付】

765pt/841円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

「お前が大切なんだ 失いたくない」
土地神・叢雲と番になった元生贄の人間・燕は、
双子の催花と秋霖、救った龍の子・環と屋敷の仲間たちに囲まれ、
賑やかで満ち足りた日々を送っていた。
そんな中、環が外出中に蟒蛇に襲われ、毒に伏してしまう。
環を救うために何でもしたいと願う燕だが、
叢雲は愛する燕に無理をさせたくないと
すれ違いが生まれ――…!?
★雑誌掲載時のカラーを完全収録!!

★★電子のみで楽しめるスペシャル修正仕様★★

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • 鷹神様と憐れな生贄【電子限定2Pかきおろし漫画付】

    670pt/737円(税込)

    足が不自由な累は、村の飢饉を救うため、
    幼い妹を残し生贄になることに。
    死後の世界で土地神・叢雲に雨を降らせるよう談判する累だが、
    叢雲は望みを拒むばかりか、累を乱暴に抱いてくる。
    「これが嫌なら、さっさとどこかへ行ってしまえ。頼むから……」
    累を傷つけながらも苦しそうに懇願する叢雲に、累はその本心を知りたいと思い始め…。

    孤独と傷を抱えた二人の
    甘く切なく、魂輝く救済愛
    ★雑誌掲載時のカラーを完全収録!!

    ★★電子のみで楽しめるスペシャル修正仕様★★
  • 鷹神様と憐れな生贄 宵月【電子限定かきおろし漫画3P付】

    745pt/819円(税込)

    土地神・叢雲と想いを通じ合わせ、生贄の立場から番になった燕。
    二人の子宝にも恵まれ、甘く幸せいっぱいの日々。
    しかし叢雲の昔馴染みの神・凍凪が
    「同じ神である自分のほうが叢雲の番にふさわしい」と燕を追い出そうと画策し始める。
    叢雲の立場を思い、強く出られない燕を追い詰めるため、
    凍凪は燕の首の痣に隠された秘密まで叢雲に告げてしまい……
    ★雑誌掲載時のカラーを完全収録!!

    ★★電子のみで楽しめるスペシャル修正仕様★★
  • 鷹神様と憐れな生贄 瑞花【電子限定かきおろし漫画2P付】

    765pt/841円(税込)

    「お前が大切なんだ 失いたくない」
    土地神・叢雲と番になった元生贄の人間・燕は、
    双子の催花と秋霖、救った龍の子・環と屋敷の仲間たちに囲まれ、
    賑やかで満ち足りた日々を送っていた。
    そんな中、環が外出中に蟒蛇に襲われ、毒に伏してしまう。
    環を救うために何でもしたいと願う燕だが、
    叢雲は愛する燕に無理をさせたくないと
    すれ違いが生まれ――…!?
    ★雑誌掲載時のカラーを完全収録!!

    ★★電子のみで楽しめるスペシャル修正仕様★★

レビュー

鷹神様と憐れな生贄のレビュー

平均評価:4.4 270件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) うーん
    てれささん 投稿日:2024/7/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 世界観とかは悪くないですけど、けっこう筋運びにご都合が見えちゃって、ハマれなかった。 1巻で村人から下の世話してくれたらもっと報酬出せるといわれてキッとなってる場面があるのに、2巻のあの後出しはちょっとないよなという感じです。 ああいうのは最初に出しておいて貰わないと読者は欺された気持ちになる。 3巻もほとんどご都合だったなと。 なんか番になる儀式というのも3巻で初めて出てきて、えっ、こんなんやってたの?それならこれは最初に番になったときに見せておくべきでしょとびっくり。 続編までは考えて無くて、あとから色々付け足しましたみたいなのが見えてしまって、もうちょっとストーリーの構築をしっかりしておいてほしかったです。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 不憫な境遇の累の将来はどうなる…?
    ダダさん 投稿日:2022/11/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 初読み作家さんで、発売当時からずっと気になっていたんですが、積んでいたのをようやく読めました。土地神の叢雲(むらくも)様×足の不自由な生贄の累(かさね)のお話で、表題作のみ全5話+描き下ろしで合計189ページ。事故で両親を亡くし片足が不自由になってしまった累が、唯一の家族・妹の雛の将来を案じて、土地神様への生贄になることを了承して…というお話。これでもかって言うくらい累が不憫です笑。不憫な境遇なんですが優しくて心根は強いという、もうまさに不憫受けのど真ん中を行ってます。そんな不憫な受けが色んな仕打ちに耐えながらも叢雲様の心を開き、幸せな人生を全うするという、ストーリーの骨子はとてもシンプルで王道展開なのかなと思います。なんですが、展開が分かっていてもやっぱり良いんですよね〜。自分のことは後回しで人のことを先に考える累に好感が持てたり、叢雲様が過去に受けた酷い仕打ちに絶望したり、心情描写が丁寧なので共感しやすかったのが良かったと思います。絵も丁寧で綺麗だし、修正の甘いエチが結構あったり、全体的なバランスが良かった。スライム的な物の怪(触手?)はちょっと世界観が違うような気がしましたが、まぁ★を減らす程ではなかったかなと。現世の人間と幽世の神様という関係で、どういう将来があるのか懸念してましたが、落としどころも良く読後感も良かったです。累の見た目が女子っぽいので、そういうビジュアルでも大丈夫かどうか試し読みしてから決めた方が良いかと思います。 続きを読む▼
  • (5.0) 畳痛そうですね
    nanaさん 投稿日:2022/11/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 世界観が分かるようで分からない。死んで生贄になるみたいだけど新しい世界でも障害は引き継ぐし、体調も崩すし死ぬわけですね。眷属?に生まれ変わる場合もモノノ怪なわけ?鷹神様も元は妖なのか?●自分から出て行かせるために乱暴?辱めを受けたらでてくって?一応、生贄の花嫁設定にしてくれた方が嫌悪感はない。大体死んでるのにどこに出てくのさ。●最初は勢いにしても2回目からは着物ぐらい敷かないと畳が汚れるし傷むし嫌じゃないのかな。シンプルに痛いだろうし。可哀想。●甘々は好き。なんだかんだ布団に寝るようになってからは不器用な愛を感じる。ハピエンで嬉しい。●触手だかスライムだかはいらない。世界観にも合わない。しかも媚薬でおかしくなったからって鷹神様に要求しすぎるのが不自然。自分は身体が不自由で動けないから動いて下さいとか好き放題だったのに起きたとたん、前にさっさと出て行けと言われたのを思い出して心を閉ざす。遅いよ。●身体が女子。低評価レビューにまるで女の子でBLの意味がないとあったが、顔が可愛いのはいくらでもある。しかし、身体が脂肪がほどよく乗った女子のソレ。リアルに骨と皮の体を描けとは言わないが、筋張った身体や細いなりの筋肉を描いてもらわないと。特にお尻。窪んだ堅そうなお尻を描かれたら嫌だけど、安産型で良かったねと言うぐらい丸くて大きい。後ろからが多いから違和感あり。あ、好きなんですよ。この作品。 続きを読む▼
  • (5.0) 兄妹愛・番愛・親子愛・・泣かせます
    みはるぴょんさん 投稿日:2023/7/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 ちくわぶ先生の美麗な画がとにかく大好き♪程良く肉厚な身体もとても美しくて、エチシーンもどんな角度からもパーフェクト耽美な世界を堪能できます(^^ オリエンタルな世界観も好みでした〜先生の現代ものも好きですが、時代ものは更に本領発揮!!って感じで、愛をひしひし感じます(^^背景やキャラや衣装等々、細かい部分まで凝っていらっしゃるので何度でも読み返してしまいますうっとり 主人公は薄幸な雰囲気を漂わせてはいますが、それでも妹を想う気持ちが強く 妹の為ならばと、逞しく生きているので、弱いだけじゃないところが好感が持てます。 そしてね・・・やっぱりショタっ子がカワイイんですよね〜特に狸のタヌ吉くん!!その安易な名前も堪らんし、このコの存在は場を和ませてくれます(^^ 多少可哀想なシーンなどもあるんですが、適度にコミカルな部分もありと、その混ざり具合が絶妙なのでそこまで悲惨さはなく、最終的には叢雲さまも累(燕)も穏やかな幸せに包まれるのでエンタメ性も抜群!まさに読み手は泣き笑い・・・です(^^ 累(燕)は幽世に行ってしまったけれど、ちゃんと、離れ離れになった妹の「その後」も描いてくださっているので、ほんとにスッキリして読み終える事ができます♪ ステキな世界観にどっぷり浸かれて、心が潤いました(^^ 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

生贄転じて最愛の人に
営業:ラッキーボーイ(シーモアスタッフ)
生贄として捧げられた累が逃げ出すようにと、夜毎その体を凌辱し続ける土地神・叢雲。丹野ちくわぶ先生の神婚譚は、つらい過去を持つ同士の2人が、やがて最愛の存在になっていくさまを描く愛情深き物語。大半シリアスですが、ちび狸の使用人たぬ吉と叢雲の親神・迦楼羅がお笑い担当?としてい〜い味だしてます。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ