マンガ愛、溢れてます。
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して70%OFFで購入

いつまで代わりでシましょうか【単行本版】【電子限定特典付き】

通常価格:
710pt/781円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.4) 投稿数61件
いつまで代わりでシましょうか【単行本版】【電子限定特典付き】(1巻完結)

作品内容

知ってる声の、知らない睦み方は
身体を素直にグズつかせ、
抗う心をグラつかす。

北島 圭(34)
高学歴のエリート弁護士。
なんでもソツなく、器用にこなせる秀才。
……ただし恋愛は除く。

大学時代からの親友に15年来の片想いをしている圭。
人付き合いが苦手な自分を外へと導く親友の手が、
やわらかく響く低い声が、ただ、好きだった。

そんな親友・裕介の結婚で
秘めたまま想いに蓋をした矢先、
裕介と似た声のする年下のタトゥー男に誘われる。

漏らした甘えを揺さぶる<身代わり>の提案に圭は――…。

距離詰め上手のミステリアス年下SE
×頭でっかちな片恋こじらせ弁護士の
アダルティックエロマンス。

【収録内容】
失恋セフレ全7話
描き下ろし LAST BITE
共通特典漫画1P
電子限定特典漫画5P

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全1巻完結

  • いつまで代わりでシましょうか【単行本版】【電子限定特典付き】
    登録して購入
    通常価格:
    710pt/781円(税込)
    知ってる声の、知らない睦み方は
    身体を素直にグズつかせ、
    抗う心をグラつかす。

    北島 圭(34)
    高学歴のエリート弁護士。
    なんでもソツなく、器用にこなせる秀才。
    ……ただし恋愛は除く。

    大学時代からの親友に15年来の片想いをしている圭。
    人付き合いが苦手な自分を外へと導く親友の手が、
    やわらかく響く低い声が、ただ、好きだった。

    そんな親友・裕介の結婚で
    秘めたまま想いに蓋をした矢先、
    裕介と似た声のする年下のタトゥー男に誘われる。

    漏らした甘えを揺さぶる<身代わり>の提案に圭は――…。

    距離詰め上手のミステリアス年下SE
    ×頭でっかちな片恋こじらせ弁護士の
    アダルティックエロマンス。

    【収録内容】
    失恋セフレ全7話
    描き下ろし LAST BITE
    共通特典漫画1P
    電子限定特典漫画5P

レビュー

いつまで代わりでシましょうか【単行本版】【電子限定特典付き】のレビュー

平均評価:4.4 61件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) エロいけどただエロいだけじゃない
    ぴてんさん 投稿日:2022/9/25
    ただエロいだけの漫画かと思いきや(すんませんでした)全然違うので大人なBL好きな人に是非オススメしたい! 絵がとても綺麗で男性の身体のラインが美しいのも見所です。 恋に落ちていくまでの過程が丁寧に描かれてて読み応えがあります。

高評価レビュー

  • (5.0) 身代わりから最愛の人になるまで
    みりみゆさん 投稿日:2022/8/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 昼間はキチンと仕事をしている大人の男が、好きな相手にだけ違う顔を見せる姿を遠くから見つめるのが好き。 そんな自分にとって、学生時代から片思いした学友の結婚式を、自分の葬式だという弁護士圭の重いモノローグが気になり読み始めた本作。 弁護士という仕事には他人の喧嘩を代わりに闘う、知的だけど勝ち負けで決着をつけるストレスフルな仕事という印象がある。とりわけ、圭の場合、若いうちに弁護士になり、早くから先生と呼ばれアドバイスを求められて答える生活を送る中、ああいう真面目で慎重な性格が作り上げられていったんだろう、と思わせるビジネスシーン…交渉相手の会社で冷静な表情で依頼者の言い分を伝えてながら、表情は変えずに持っている封筒を握りしめる場面は内心のイラつきを表している…が描かれていたりしてその人物像が浮かび上がってくる。 そんなふうに、仕事中は、他人に代わって喧嘩をするような攻めの姿勢を取り努めて冷静に振る舞っている人が、恋愛面では学生時代から15年もの間、1人の人を思い続け、結婚式でそれまでの人生に終止符をうち、いわば未亡人のような姿を見せているところで、行きずりの相手に身代わりでいいと攻められると、防御もできずに抱かれ泣きじゃくる姿のギャップ…あー、良い。エチシーンにページが割かれているので、ビジネスシーンを脳内補完したのが役に立ち、悶えることこの上ない。 対する攻めのSE穂高は、勘がいいミステリアスな年下の男として現れ、次第にその実像が見えてくる。穂高のタトゥーは圭から見れば自由の象徴で、堅物の圭を恋愛面でリードできる程よい強引さと少しからかうような物言いが良い。圭にとっては、その軽妙さがちょうどいい感じで、穂高が圭のことを甘やかしていき、お互いかけがえのない関係になっていくにつれ、圭が甘い表情になっていく姿が拝めて、幸せな気持ちになる。 単行本のタイトルは、圭が最後にモノローグで「穂高の代わりなんていない」ともう誰かの代わりなんかじゃない、と言うようになるまでを攻め視点で表現したものなのかなと。また単話では受けの圭視点で進む内容と同じく受け視点のタイトルにしたのを、単行本ではラストまで読んだ後タイトルを振り返る作りにしたかな、と想像した。 初読み作者様でしたが、堅い仕事をしている受け様のギャップ、途中まで緊張感ある構成、多幸感あるラストが良かったです! 続きを読む▼
  • (5.0) え、どしたどした……好き過ぎ設定ッ!!
    タコさん 投稿日:2022/8/10
    【このレビューはネタバレを含みます】 新刊作家さん買い! 単行本発売、スッゴく待っておりました。 しかしタイトル変更、残念すぎるー! 失恋セ/フレ←インパクトあるし中身をまんま表現しててピッタリやったんやけどなぁ…。オネエさんは好きですか?は改題goodでしたよね。 この作家さんは、おそらく読み手の好みが分かれる方だろうなと思います。 作画や動きにだいぶ硬さを感じますが、そこにこそ独特な味があるなぁ…と思うしストーリーと合わさって非常に好みなんです全作品もってます。 2巡目、読み耽りましたッ! 何じゃい、イチャコラし過ぎかよww ストーリーは失恋して弱っていたところを、入れ墨をした怪しげな男と一晩過ごし以降セ/フレ関係になるというもの。結構甘めの修正で多めにエチがあるし、セ/フレっていて良き! しっとりとしたエチ描写ではなく、the 結合な作画なんですが、そこが私は好きだww 本当に好きだ 《2人の関係性はありつつも、ストーリー的にもう一つの軸が余りフューチャーされなかったから物足りなかったのかもです。 恋愛と同軸で進行する、仕事や裏社会事情、闇金逃避行だったりをしっかり描いていく作家さんのストーリー展開が秀逸で大好きなんですが、本作はその点で、ちょい弱かった。》 ←←初見感想で、完全に今までの作品に引っ張られてました。 本作を純粋に読んでみれば……、私の大好物のセ/フレもの。 言葉とカラダで恋の駆け引き、気づけばハマる両者。 え、、最高だったですww この作家さんの作画の硬さというか太い線が(素人丸出しw) やっぱり大好きなんですよね。何回でも言う。 ただ今、ファ○クナイトレバーサルが8/23まで割引中。 セ○クスアンドワールズエンドと並んでエロが大放出で、大大大好きな作品 もっともっと、沢山の人に読んでもらいたい作家さん! 続きを読む▼
  • (5.0) ありふれたストーリー展開かなと思わせて笑
    まろんさん 投稿日:2022/8/11
    分冊での題名【失恋セ フレ】から単行本にあたってこちらの題名になっていて最初気付きませんでした汗。個人的に題名はそのままでも十分良かったと思うので少し残念です。 題名からも推察できるように良くあるといえばよくあるあるな身体からはじめる恋物 語です。でも攻めの気持ちは違うんですけどね笑。受けは15年越しの恋に終止符を打ち傷心中。そんなありふれたストーリー展開の中で出会った二人が繰り広げるお話なんですが、この作者様ならではの味付けが、個人的には良かったので、いい意味で裏切られて嬉しい誤算でした!!! いやー、受けがなんかギャップありの可愛いやらエロいやらでまずズキュン笑。なかなか素直に甘えることが出来ない、我慢して溜め込むタイプの受けの性格を攻めがちゃんと分かって、色々な方向から根気良くデロデロに甘やかしていくのもこれまためちゃ好物! 中盤から終盤にかけて一波乱ありましたが、無事に解決してハピエンになります。基本的に二人がメインで話が進むので読みやすいです。※ただお話に出てきた担当案件の決着やその後どうなったかは、ページの都合上かと思うのですが、不明なままなので微妙に結果は気になるところw 因みに終盤の恋人初えちは、やはりこうでなくちゃね!な個人的に大好きな展開で、大変嬉しゅうございました。 またえちエロでの絡みのアングルやら、その際のコマ割りの仕方も工夫されているのかな??攻めの受けへのアプローチの仕方が、前 戯なども含め、よくある感じとは少し違った印象でした。修正が甘めという素敵な助力もあったので、どうなっているのか分かりやすいのもあったかもです。有り難や〜(U+2C7人U+2C7*) 描き下ろしは、イチャついてます。微笑ましいです。 もっとみる▼
  • (5.0) 15年の片想い相手と似た声の男
    ねねさん 投稿日:2022/8/10
    【このレビューはネタバレを含みます】 年下の謎めいたフリーSE・穂高×お堅いエリート弁護士・圭。親友の結婚式で15年間の片想いを終わらせた圭は、式の帰りに親友とよく似た声の男・穂高と出会う。その気はなかったのに、弱った心にするりと入り込んできた穂高とセ/フレ関係に。タトゥーが入った自由の匂いのする男に徐々に心を奪われていく大人のピュア恋。ちょっと悪そうな穂高が年下らしさも持ち合わせてて、真面目な圭がどんどん蕩かされていくのがめちゃくちゃよかった!親友への想いは自然と薄れて穂高に傾いていくのに、二人の仲に影が刺す出来事が。途中からなにかあるんだろうとハラハラしてたけど、ああ〜やっぱり…。なにも知らないとはいえ、親友に背中を押されるのがアツイ。思ったより最後まで穂高が余裕だったのもなるほどなオチ付きで、切なさも甘さもエロさもあって面白かった!結局裁判はどうなったのか、それだけ気になる。 続きを読む▼
  • (5.0) 「失恋セ フ レ」のタイトルの方が。
    ツイタチさん 投稿日:2022/8/10
    失恋〜の方がしっくりと内容に合ってて、しっとりしたいいタイトルで興味惹かれ、いいなとそこから入ったので単行本の際に改題して軽い感じになり、そこは残念。作家の新着通知をonにしてなかったらずっと気付かないままだったかと。長年片想いでゆきずりの 男に抱かれ、そのまま恋へと発展していくパターンが好きなのでたまらんでしたです。絶倫な攻めに喘がされ快楽に弱くて溺れる受がなかなかよかった。だんだん交わるシーンがえろくなってきてなかなかこれもよき。「諦めるのことには慣れてる」切なくてグッときた台詞。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ