マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少女・女性マンガ少女マンガPiccomicspiccomics余命わずかの脇役令嬢【タテヨミ】余命わずかの脇役令嬢【タテヨミ】第21話
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
少女マンガ
余命わずかの脇役令嬢【タテヨミ】第21話
45巻配信中

余命わずかの脇役令嬢【タテヨミ】第21話

61pt/67円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

本作品は現在の環境ではブラウザビューアでお読みいただけません。
本棚アプリでお読みください。
ブラウザビューアでお読みいただく場合は、iOS9.0以上、android6.0以上の環境にてお読みください。

作品内容

家門の跡を継ぐ長子でも、家族の愛を独占できる末っ子でもない、中途半端な2番目として、いつも誰かの影で生きてきたカリナ。 絵を描くことが唯一の趣味だった彼女は、自分に残された時間があと少しだということを知り、今まで交流もなかった婚約者に会いに行くことに。 婚約破棄の書類を胸に抱いて… 「ここにいさせてください」 「正気か?」 「その代わり…婚約を破棄して差し上げます」 この時は思いもしなかった。あれほど望んだ無償の愛と関心を彼がくれることになるなんて。 そのせいで、どうでもよかった人生に未練を抱くことになるなんて…

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  45巻まで配信中!

  • 余命わずかの脇役令嬢【タテヨミ】第21話

    61pt/67円(税込)

    家門の跡を継ぐ長子でも、家族の愛を独占できる末っ子でもない、中途半端な2番目として、いつも誰かの影で生きてきたカリナ。 絵を描くことが唯一の趣味だった彼女は、自分に残された時間があと少しだということを知り、今まで交流もなかった婚約者に会いに行くことに。 婚約破棄の書類を胸に抱いて… 「ここにいさせてください」 「正気か?」 「その代わり…婚約を破棄して差し上げます」 この時は思いもしなかった。あれほど望んだ無償の愛と関心を彼がくれることになるなんて。 そのせいで、どうでもよかった人生に未練を抱くことになるなんて…
  • 余命わずかの脇役令嬢【タテヨミ】第22話

    61pt/67円(税込)

    家門の跡を継ぐ長子でも、家族の愛を独占できる末っ子でもない、中途半端な2番目として、いつも誰かの影で生きてきたカリナ。 絵を描くことが唯一の趣味だった彼女は、自分に残された時間があと少しだということを知り、今まで交流もなかった婚約者に会いに行くことに。 婚約破棄の書類を胸に抱いて… 「ここにいさせてください」 「正気か?」 「その代わり…婚約を破棄して差し上げます」 この時は思いもしなかった。あれほど望んだ無償の愛と関心を彼がくれることになるなんて。 そのせいで、どうでもよかった人生に未練を抱くことになるなんて…
  • 余命わずかの脇役令嬢【タテヨミ】第23話

    61pt/67円(税込)

    家門の跡を継ぐ長子でも、家族の愛を独占できる末っ子でもない、中途半端な2番目として、いつも誰かの影で生きてきたカリナ。 絵を描くことが唯一の趣味だった彼女は、自分に残された時間があと少しだということを知り、今まで交流もなかった婚約者に会いに行くことに。 婚約破棄の書類を胸に抱いて… 「ここにいさせてください」 「正気か?」 「その代わり…婚約を破棄して差し上げます」 この時は思いもしなかった。あれほど望んだ無償の愛と関心を彼がくれることになるなんて。 そのせいで、どうでもよかった人生に未練を抱くことになるなんて…
  • 余命わずかの脇役令嬢【タテヨミ】第24話

    61pt/67円(税込)

    家門の跡を継ぐ長子でも、家族の愛を独占できる末っ子でもない、中途半端な2番目として、いつも誰かの影で生きてきたカリナ。 絵を描くことが唯一の趣味だった彼女は、自分に残された時間があと少しだということを知り、今まで交流もなかった婚約者に会いに行くことに。 婚約破棄の書類を胸に抱いて… 「ここにいさせてください」 「正気か?」 「その代わり…婚約を破棄して差し上げます」 この時は思いもしなかった。あれほど望んだ無償の愛と関心を彼がくれることになるなんて。 そのせいで、どうでもよかった人生に未練を抱くことになるなんて…
  • 余命わずかの脇役令嬢【タテヨミ】第25話

    61pt/67円(税込)

    家門の跡を継ぐ長子でも、家族の愛を独占できる末っ子でもない、中途半端な2番目として、いつも誰かの影で生きてきたカリナ。 絵を描くことが唯一の趣味だった彼女は、自分に残された時間があと少しだということを知り、今まで交流もなかった婚約者に会いに行くことに。 婚約破棄の書類を胸に抱いて… 「ここにいさせてください」 「正気か?」 「その代わり…婚約を破棄して差し上げます」 この時は思いもしなかった。あれほど望んだ無償の愛と関心を彼がくれることになるなんて。 そのせいで、どうでもよかった人生に未練を抱くことになるなんて…
  • 余命わずかの脇役令嬢【タテヨミ】第26話

    61pt/67円(税込)

    家門の跡を継ぐ長子でも、家族の愛を独占できる末っ子でもない、中途半端な2番目として、いつも誰かの影で生きてきたカリナ。 絵を描くことが唯一の趣味だった彼女は、自分に残された時間があと少しだということを知り、今まで交流もなかった婚約者に会いに行くことに。 婚約破棄の書類を胸に抱いて… 「ここにいさせてください」 「正気か?」 「その代わり…婚約を破棄して差し上げます」 この時は思いもしなかった。あれほど望んだ無償の愛と関心を彼がくれることになるなんて。 そのせいで、どうでもよかった人生に未練を抱くことになるなんて…
  • 余命わずかの脇役令嬢【タテヨミ】第27話

    61pt/67円(税込)

    家門の跡を継ぐ長子でも、家族の愛を独占できる末っ子でもない、中途半端な2番目として、いつも誰かの影で生きてきたカリナ。 絵を描くことが唯一の趣味だった彼女は、自分に残された時間があと少しだということを知り、今まで交流もなかった婚約者に会いに行くことに。 婚約破棄の書類を胸に抱いて… 「ここにいさせてください」 「正気か?」 「その代わり…婚約を破棄して差し上げます」 この時は思いもしなかった。あれほど望んだ無償の愛と関心を彼がくれることになるなんて。 そのせいで、どうでもよかった人生に未練を抱くことになるなんて…
  • 余命わずかの脇役令嬢【タテヨミ】第28話

    61pt/67円(税込)

    家門の跡を継ぐ長子でも、家族の愛を独占できる末っ子でもない、中途半端な2番目として、いつも誰かの影で生きてきたカリナ。 絵を描くことが唯一の趣味だった彼女は、自分に残された時間があと少しだということを知り、今まで交流もなかった婚約者に会いに行くことに。 婚約破棄の書類を胸に抱いて… 「ここにいさせてください」 「正気か?」 「その代わり…婚約を破棄して差し上げます」 この時は思いもしなかった。あれほど望んだ無償の愛と関心を彼がくれることになるなんて。 そのせいで、どうでもよかった人生に未練を抱くことになるなんて…
  • 余命わずかの脇役令嬢【タテヨミ】第29話

    61pt/67円(税込)

    家門の跡を継ぐ長子でも、家族の愛を独占できる末っ子でもない、中途半端な2番目として、いつも誰かの影で生きてきたカリナ。 絵を描くことが唯一の趣味だった彼女は、自分に残された時間があと少しだということを知り、今まで交流もなかった婚約者に会いに行くことに。 婚約破棄の書類を胸に抱いて… 「ここにいさせてください」 「正気か?」 「その代わり…婚約を破棄して差し上げます」 この時は思いもしなかった。あれほど望んだ無償の愛と関心を彼がくれることになるなんて。 そのせいで、どうでもよかった人生に未練を抱くことになるなんて…
  • 余命わずかの脇役令嬢【タテヨミ】第30話

    61pt/67円(税込)

    家門の跡を継ぐ長子でも、家族の愛を独占できる末っ子でもない、中途半端な2番目として、いつも誰かの影で生きてきたカリナ。 絵を描くことが唯一の趣味だった彼女は、自分に残された時間があと少しだということを知り、今まで交流もなかった婚約者に会いに行くことに。 婚約破棄の書類を胸に抱いて… 「ここにいさせてください」 「正気か?」 「その代わり…婚約を破棄して差し上げます」 この時は思いもしなかった。あれほど望んだ無償の愛と関心を彼がくれることになるなんて。 そのせいで、どうでもよかった人生に未練を抱くことになるなんて…

レビュー

余命わずかの脇役令嬢【タテヨミ】のレビュー

平均評価:4.1 132件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 泣きそう
    RINさん 投稿日:2024/7/20
    フルカラーで、絵が綺麗です! 2番目だからって、家族にほっておかれるってあります?しかも余命1年もないって… まだ無料分を読んだだけですが、婚約者と幸せになれるのでしょうか?

高評価レビュー

  • (5.0) 愛を与えてくれたのは冷たいはずの婚約者
    ちゃぴさん 投稿日:2023/9/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 カリナの家族はおかしい。子供4人いて、長男は優秀で跡継ぎだからか常に気にかける。妹は病弱で弟はまだ幼いから手がかかる。じゃあ姉のカリナは?何でかカリナにだけ関心がない。他の兄妹らが親に当たり前にやってもらっていることをカリナが望むと何故かワガママと叱責される。カリナはいつからか求める事期待する事をせず、我慢する事諦める事を身につけてしまった。自分の心を押し殺すようになった。カリナが思うように、確かに家族に愛されていないワケではないのかもしれない。でもあまりにも酷な環境だ。その事に家族誰も気づいてないとか怖すぎる。 カリナは自分の余命が1年と宣告され、その旨と病気の事すら家族に告げず、家を出る決心をする。家族と同じく自分に関心がないであろう婚約者のもとへ行き、婚約破棄するのを条件に家に置いてもらい最期を過ごそうとする。婚約者ミリアンは最初こそ何の前触れもなく突然訪ねてきた婚約者のカリナを冷遇する気配を出したが、言葉こそ素っ気なく不器用ではあるが、面倒見のいい優しい人であった。 カリナは自分の本当の家族にさえして貰えなかった、与えられなかったものをミリアンから受ける事になる。ミリアンは初めてカリナの話を聞いてくれ、関心を持ってくれる人となった。 カリナとしては予定外の事だったよね…。無償の優しさ、愛を知らずに育ってしまったカリナは、自分の僅かな余命を知っても、自分を心配してくれる悲しんでくれる人は居ないだろうからと、取り乱すこともせずすんなり受け入れたけど…、ミリアンから受ける無償の愛情を知ってしまったら残り僅かな余命である事を初めて悔やむだろう、生きたいと思うだろう…。 どうか、カリナには病に勝って、生きて、ミリアンと幸せになって欲しい…(>_<)!! 家族は絶対にカリナを失ってから自分たちのしてきたことに気づき全てに後悔するだろう。 家族にはギャフンと言わせたいが、どうかタイトル通りの結末にはならないで欲しいです。 続きを読む▼
  • (5.0) 切ない
    りりさん 投稿日:2024/4/17
    カリナの意見には家族は聞く耳を持たず、姉なんだから我慢しなさい、お前が悪い。と言われ続けていて胸が痛みました。また、その描写がけっこう長くて途中、見ていて辛く読むのがしんどくなる程でした。気になったので無料分で読めるところ、ミリアンの元を訪 ねていき、病名がバレるところまで読みました。ミリアンが予想外に優しく、カリナのことを常に気にかけて見てくれていて、冬を迎える忙しい時期なのにと言っていたのに、良い人で素敵です。おでこに手を当てられ熱の確認をされて恥ずかしいけど嬉しそうなカリナが可愛かった!人の愛情に触れて、ミリアンに申し訳ないことをしてしまった、浅はかな考えで来てしまったなぁと少しずつ気持ちも変化してきた様で、この先が気になります。どうか幸せな結末をお願いします!! もっとみる▼
  • (5.0) ゴミクズ家族どもに早く鉄槌を!
    parariraraさん 投稿日:2023/10/6
    カリナの両親が救いようのないゴミクズ毒親過ぎて、もう怒りを通り越して…なんかもう憤死しそうなくらいキレてる。 兄弟はそこまでだけど、妹もまあまあクソだな。 新たにノクターンとかいうゴミクズエコ贔屓ヤブ医者もムカつくリストに加わって、もう あの屋敷燃やした方が良い気がしてきた。 あのクソ一家の命と引き換えにカリナを助けるよう悪魔と取り引きしたいわ。 今のところあいつらへのざまぁがあるのかまだ分からないのが余計にヤキモキする…なんとかカリナの病が治らないかなぁ。 もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

余命一年で初めて得た幸福とは
広報:あずき(シーモアスタッフ)
「これが最初で最後の旅になるでしょうから」。医師から突然の余命宣告を受けたカリナ・レオポルド。伯爵家の第二子として生まれた彼女は家族のバランサーとして我慢をすることが多く、感情を抑えて生きてきた。平凡な自分と誰からも愛される兄妹を比較してしまう癖があり、小さい頃から兄妹たちにコンプレックスを抱え、次第に距離をとるようになってしまっていた。疎外感を感じ始めたカリナは人生の最期を自分らしく生きることに決め、「私」という人間を真っ直ぐに見てくれる人に会いに行くことに。行き先は婚約者・フェステリオ公爵のもとへ婚約破棄の書類とともに一人、旅に出た。華麗で繊細なタッチのKIMPEUL先生の描写にあっという間に引き込まれます。余命一年という限られた時間の中で物語がどのような展開するのか期待です!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ