マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少女・女性マンガ少女マンガ講談社異世界ヒロインファンタジー傷モノの花嫁~虐げられた私が、皇國の鬼神に見初められた理由~ 分冊版傷モノの花嫁~虐げられた私が、皇國の鬼神に見初められた理由~ 分冊版(2)
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

傷モノの花嫁~虐げられた私が、皇國の鬼神に見初められた理由~ 分冊版(2)

180pt/198円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

幼い頃、あやかしに攫われ体に妖印を刻まれたことで、一族の人間たちから“傷モノ”と虐げられてきた菜々緒。
予定されていた白蓮寺家の若様との婚姻も従姉妹の暁美に奪われ、妖印を隠すため猿面をつけさせられて、惨めな生活を送っていた菜々緒はある日、紅椿家の若き当主・夜行と出会う。
とある事件により面が外れ夜行に素顔を見られてしまう菜々緒だが、夜行はその美しさと霊力の高さに興味を持ち――。
【第2話「紅椿夜行という男」を収録】

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  15巻まで配信中!

  • 傷モノの花嫁~虐げられた私が、皇國の鬼神に見初められた理由~ 分冊版(1)

    180pt/198円(税込)

    幼い頃、あやかしに攫われ体に妖印を刻まれたことで、一族の人間たちから“傷モノ”と虐げられてきた菜々緒。
    予定されていた白蓮寺家の若様との婚姻も従姉妹の暁美に奪われ、妖印を隠すため猿面をつけさせられて、惨めな生活を送っていた菜々緒はある日、紅椿家の若き当主・夜行と出会う。
    とある事件により面が外れ夜行に素顔を見られてしまう菜々緒だが、夜行はその美しさと霊力の高さに興味を持ち――。
    【第1話「猿面の娘」を収録】
  • 傷モノの花嫁~虐げられた私が、皇國の鬼神に見初められた理由~ 分冊版(2)

    180pt/198円(税込)

    幼い頃、あやかしに攫われ体に妖印を刻まれたことで、一族の人間たちから“傷モノ”と虐げられてきた菜々緒。
    予定されていた白蓮寺家の若様との婚姻も従姉妹の暁美に奪われ、妖印を隠すため猿面をつけさせられて、惨めな生活を送っていた菜々緒はある日、紅椿家の若き当主・夜行と出会う。
    とある事件により面が外れ夜行に素顔を見られてしまう菜々緒だが、夜行はその美しさと霊力の高さに興味を持ち――。
    【第2話「紅椿夜行という男」を収録】
  • 傷モノの花嫁~虐げられた私が、皇國の鬼神に見初められた理由~ 分冊版(3)

    180pt/198円(税込)

    幼い頃、あやかしに攫われ体に妖印を刻まれたことで、一族の人間たちから“傷モノ”と虐げられてきた菜々緒。
    予定されていた白蓮寺家の若様との婚姻も従姉妹の暁美に奪われ、妖印を隠すため猿面をつけさせられて、惨めな生活を送っていた菜々緒はある日、紅椿家の若き当主・夜行と出会う。
    とある事件により面が外れ夜行に素顔を見られてしまう菜々緒だが、夜行はその美しさと霊力の高さに興味を持ち――。
    【第3話「皇國の鬼神」を収録】
  • 傷モノの花嫁~虐げられた私が、皇國の鬼神に見初められた理由~ 分冊版(4)

    180pt/198円(税込)

    幼い頃、あやかしに攫われ体に妖印を刻まれたことで、一族の人間たちから“傷モノ”と虐げられてきた菜々緒。
    予定されていた白蓮寺家の若様との婚姻も従姉妹の暁美に奪われ、妖印を隠すため猿面をつけさせられて、惨めな生活を送っていた菜々緒はある日、紅椿家の若き当主・夜行と出会う。
    とある事件により面が外れ夜行に素顔を見られてしまう菜々緒だが、夜行はその美しさと霊力の高さに興味を持ち――。
    【第4話「椿鬼」を収録】
  • 傷モノの花嫁~虐げられた私が、皇國の鬼神に見初められた理由~ 分冊版(5)

    180pt/198円(税込)

    幼い頃、あやかしに攫われ体に妖印を刻まれたことで、一族の人間たちから“傷モノ”と虐げられてきた菜々緒。
    予定されていた白蓮寺家の若様との婚姻も従姉妹の暁美に奪われ、妖印を隠すため猿面をつけさせられて、惨めな生活を送っていた菜々緒はある日、紅椿家の若き当主・夜行と出会う。
    とある事件により面が外れ夜行に素顔を見られてしまう菜々緒だが、夜行はその美しさと霊力の高さに興味を持ち――。
    【第5話「菜々緒、都会に行く」を収録】
  • 傷モノの花嫁~虐げられた私が、皇國の鬼神に見初められた理由~ 分冊版(6)

    180pt/198円(税込)

    幼い頃、あやかしに攫われ体に妖印を刻まれたことで、一族の人間たちから“傷モノ”と虐げられてきた菜々緒。
    予定されていた白蓮寺家の若様との婚姻も従姉妹の暁美に奪われ、妖印を隠すため猿面をつけさせられて、惨めな生活を送っていた菜々緒はある日、紅椿家の若き当主・夜行と出会う。
    とある事件により面が外れ夜行に素顔を見られてしまう菜々緒だが、夜行はその美しさと霊力の高さに興味を持ち――。
    【第6話「皇都の英雄」を収録】
  • 傷モノの花嫁~虐げられた私が、皇國の鬼神に見初められた理由~ 分冊版(7)

    180pt/198円(税込)

    幼い頃、あやかしに攫われ体に妖印を刻まれたことで、一族の人間たちから“傷モノ”と虐げられてきた菜々緒。
    予定されていた白蓮寺家の若様との婚姻も従姉妹の暁美に奪われ、妖印を隠すため猿面をつけさせられて、惨めな生活を送っていた菜々緒はある日、紅椿家の若き当主・夜行と出会う。
    とある事件により面が外れ夜行に素顔を見られてしまう菜々緒だが、夜行はその美しさと霊力の高さに興味を持ち――。
    【第7話「白木蓮の簪」を収録】
  • 傷モノの花嫁~虐げられた私が、皇國の鬼神に見初められた理由~ 分冊版(8)

    180pt/198円(税込)

    幼い頃、あやかしに攫われ体に妖印を刻まれたことで、一族の人間たちから“傷モノ”と虐げられてきた菜々緒。
    予定されていた白蓮寺家の若様との婚姻も従姉妹の暁美に奪われ、妖印を隠すため猿面をつけさせられて、惨めな生活を送っていた菜々緒はある日、紅椿家の若き当主・夜行と出会う。
    とある事件により面が外れ夜行に素顔を見られてしまう菜々緒だが、夜行はその美しさと霊力の高さに興味を持ち――。
    【第8話「心の傷」を収録】
  • 傷モノの花嫁~虐げられた私が、皇國の鬼神に見初められた理由~ 分冊版(9)

    180pt/198円(税込)

    幼い頃、あやかしに攫われ体に妖印を刻まれたことで、一族の人間たちから“傷モノ”と虐げられてきた菜々緒。
    予定されていた白蓮寺家の若様との婚姻も従姉妹の暁美に奪われ、妖印を隠すため猿面をつけさせられて、惨めな生活を送っていた菜々緒はある日、紅椿家の若き当主・夜行と出会う。
    とある事件により面が外れ夜行に素顔を見られてしまう菜々緒だが、夜行はその美しさと霊力の高さに興味を持ち――。
    【第9話「嵐の前」を収録】
  • 傷モノの花嫁~虐げられた私が、皇國の鬼神に見初められた理由~ 分冊版(10)

    180pt/198円(税込)

    幼い頃、あやかしに攫われ体に妖印を刻まれたことで、一族の人間たちから“傷モノ”と虐げられてきた菜々緒。
    予定されていた白蓮寺家の若様との婚姻も従姉妹の暁美に奪われ、妖印を隠すため猿面をつけさせられて、惨めな生活を送っていた菜々緒はある日、紅椿家の若き当主・夜行と出会う。
    とある事件により面が外れ夜行に素顔を見られてしまう菜々緒だが、夜行はその美しさと霊力の高さに興味を持ち――。
    【第10話「春雷」を収録】

レビュー

傷モノの花嫁~虐げられた私が、皇國の鬼神に見初められた理由~ 分冊版のレビュー

平均評価:4.6 612件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (2.0) ありきたりの先が見える話
    タマゴ姐さん 投稿日:2024/6/24
    マンネリシンデレラストーリーなので、いかに話を盛るのかを楽しみにしていましたが、先がワクワクするでもなく、見え透いていてドロップアウトしました。表紙の絵が素敵だったので期待していましたが、中身は話が進むにつれて「悪者」登場人物の顔が激しく乱 れ、気持ち悪い。80-90年代風の馬鹿デカい目を瞳極小にして四白眼にされるとただただ気持ち悪い。ヒロインのおちょぼ口もぶりっ子にしか見えず苦手。ザマァ効果のために悪者の愚行ぶりだけ盛り上がっているように見える。残念だけど先は買わない。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) おもしろい
    ma.さん 投稿日:2023/7/31
    【このレビューはネタバレを含みます】 最初は広告で見かけて、無料分を読みました。 はい、よくあるちょい昔の時代設定の和風シンデレラストーリーね、と思いながら読みましたが続きが気になり出ている所まで全部読んでしまいましたw 絵がとてもきれいですし、うまいです。 これぐらいの表情や動きがないと感情移入できなくてモヤります。 若様と暁美さん、あなた方がしたことは必ず自分に返ってきますよ。 暁美さんはもとより、若様、あなたも大概ですね。 お爺さんと同じく「へ?何を言うてんの?今の今までいびり倒してたやないの。」となりました。 菜々緒ちゃんには本当に幸せになってほしいですが、どの程度の頻度で血を与えないといけないのか、とか、菜々緒ちゃんの体がもつのか、とか、夜行様のお母様は血を与えすぎて死んじゃってるんじゃないのか、とか、いろいろ気になります。 ただでさえ女性は出血多いですしね。 菜々緒ちゃんの霊力で、夜行様が血を吸わなくてもよくなるといいですね。 ところで表紙で菜々緒ちゃんが持ってるのは若様からもらった簪ですよね? 早く捨てちゃいな、そんなもの。 【追記】 話が進むに連れて、なぜいつまでも簪を持っているのか、夜行様のお母様はどうやら想像とは違う残念なタイプだとかいろいろ分かってきました。 若様は菜々緒ちゃんを取り戻して代わりに暁美さんを夜行様に渡そうとしてるでしょう。 そんな若様の思う通りにはならないぞっ!(多分) 結婚式、延期じゃなくてむしろ明日にでもやってしまえばいいのに。 【さらに追記】暁美さんについに天罰が下りました。が、夜行様のお父さん!なぜ捨てた簪をまた菜々緒ちゃんに返す!?胸元にしまった所で嫌な予感がしましたが…。 夜行様ー、早く助けに来てー! 続きを読む▼
  • (5.0) 一人称名前呼びと浅慮が目につくように
    美夜湖さん 投稿日:2024/1/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 最新11巻まで読了。 よくある姉妹で虐げられてる方がスパダリゲットの話ですが、絵が美しく次々とページをめくってしまいます。顔芸クズ姉と白馬の王子気取りな粘着質男のザマァを見届けたくて読み続けてました。 最初、辛い環境にいながらも健気さを失わなかった主人公に好感を持っていましたが、クズ姉の所業への溜飲がある程度下がった現在、ふと主人公へのモヤモヤが湧いてきました。 因縁のブツを懐で所持し続けてた理由に同情する反面、多方面でいらん誤解を生む行為ですし、その騒動が落ち着いた後も「いや、また懐しまうんかい!」な展開。今後またそれを話に活かすのかもだけど、【膝使って二つにへし折って、火にくべる!】が正解でしょ? その後用事ないのにうろちょろした事で『○家の紋章』の○ャロル展開で…。 そう言えば姉が紅椿宅に侵入したのも…そもそも幼少期も一番悪いのは姉だけど、大人達が結界の外に主人公を保護しに来てるんだから、最初から主人公は大人達に相談すれば良かったんじゃ??昔から禁忌として教育されてるのに…とか全てのトラブルは主人公の浅慮も原因になってる?と気付いてモヤ〜です。 そこに「菜々緒は〜菜々緒は〜」と一人称名前呼びが目につくようになり、モヤモヤが募る結果となりました。 霊力の高さというのは朝飯と血限定なのかな? まだ妖印や他の五家とか面白そうな要素はあるけど、主人公がずっと守られ浅慮な状態なら読むのを中断しちゃうかも。 夜行が霊力を活かして妖退治してるなら、それ以上の霊力の持ち主な主人公は霊丸100連発くらいの強さを身につけて欲しいです。 続きを読む▼
  • (5.0) ヒロイン一族の若様と料理苦手妻が気になる
    egasiraさん 投稿日:2023/9/15
    【このレビューはネタバレを含みます】 最近流行の、ヒロインがピンチになったら現れたイケメンが助ける、王道ストーリー。 ヒロインの元婚約者で、虐げてたのに「 俺を好きなはず! 」と思い込んでる 清廉潔白(笑)な若様と、そのイタイ男のメシマズ妻(笑)の二人がキャラ立ってる。 メシマズ妻はヒロインを犠牲にして玉の輿に乗り 良いトコ取りしてたけど、実は朝食もマトモに作れず、あやかし もロクに視えないレベルの娘w 根性曲がってるどころか複雑骨折してるメシマズ妻、今後ヒロインに どんな嫌がらせするのか気になる。 イタイ若様はチヤホヤされて育った 一人息子なの?? 自分が相手を蔑ろにしたのに、「 俺が何しても、俺を好きなはず! 嫌ってないはず! 」と思い込む男、現実社会にも存在するが、そういう男は たいがい姉や妹がいない、身近に年の近い女性がいない環境で育ち、女心が理解出来ず、でも親には溺愛されてるから自己肯定感高し。 この若様もそのパターンの育ちかな? 追記:おーっと、里の若様 一人息子説当たったw 15話超良かった。一夜の ママンは毒親全開、兄である長男は超マザコンw 母親べったりで婚約者をほったらかし。 優先順位間違ってるぞ長男(笑) でも長男は次男に嫉妬してるっぽい。 父や親族の絶大な期待を背負ってる弟がうらやましいのかな? 公爵令嬢は今後ちょっかいかけてくる? 「自分を正妻にして そして血袋の嫁は輸血という名の搾取要員にして」 とか。 ななおちゃんは、天然過ぎて心配になるからマジで身を守る技とか術覚えた方が良いな。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

傷モノの花嫁が嫁いだ先は…
設計:人参次郎(シーモアスタッフ)
菜々緒は、好きでたまらない若様に15になったらお嫁さんにしてもらう約束をしていた。あの日がくる迄は…菜々緒はある出来事により、猿の面を被り人目を避けるように生活をしていた。若様とは破談となり、代わりにイトコの暁美が結婚して子を授かった。唯一のつながりは、若様の朝食を作る事。ある日、嫁探しに紅椿家の当主が訪れていたので人目を避ける為に台所で休んでいると「オギャァッ」と叫び声が、行ってみると若様の子供が妖蟲に襲われていた。咄嗟に赤ん坊を庇ったが暁美は菜々緒がやったと思い手をあげ菜々緒の話は聞かない、そんな時に紅椿の当主が現れ妖蟲を退治し、菜々緒を「今日からお前は我が妻だ」と言い放った…作者はファンも多い友麻碧先生・藤丸豆ノ介先生が手がけており、傷モノ花嫁は幸せになれるのか?とにかく先が気になる!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ