漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
この巻を買う/読む
会員登録して購入

神様の腕の中(1)

通常価格:
571pt/628円(税込)
(4.0) 投稿数26件
神様の腕の中(4巻配信中)

作品内容

名門寄宿学校に集うきらびやかな紳士たち。貴族の道楽息子・エミリオや、その守り役である東洋人・黄もしかり。黄はある夜、規則を破って寮内をうろついていたシオに厳しく注意する。その後シオが生意気な態度で「夜が怖いから添い寝をして」と言ってきて、呆れる黄だが…。4コマつき。

作品ラインナップ  4巻まで配信中!

レビュー

神様の腕の中のレビュー

平均評価:4.0 26件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 好きな作者さんです
    まるさん 投稿日:2020/4/10
    神様シリーズはみんな読んで全部好きだけど、サーシャとあやとの話が一番好きかな〜 この作者さんはホント絵がキレイでエチシーンも色っぽくて好きです

高評価レビュー

  • (5.0) 好みが合えば
    なつさん 投稿日:2017/10/18
    酷く〜、妄想〜を先に読んだせいか、世界観に慣れるまで時間がかかりましたが、全体的に楽しく読めました!中でもノア神父がめちゃくちゃかわいい!ねこ田先生の受けは毎回かわいいので読んでいてキュンキュンします!
  • (5.0) 星4,5。シリーズ満ちる部屋もオススメ!
    lvivさん 投稿日:2017/4/12
    全4巻196,180,204,223ページ、すべて表題作。 上流階級の男子校(全寮制)を舞台に、つながりのほとんどない9組のお話。 (新装版おまけ:1-3巻に寮長さん会議4コマ2-3ページずつ、その他に番外編や後日談の描き下ろし・同人誌 掲載のも収録)。 4巻ありますが長編ではないので、別々に読める。 各話長さはまちまちで、1冊3組収録もあればラスト9組目は1冊(4巻)全部2人の話。 さらに他出版社より、神様の腕の中〜満ちる部屋 season1-6もあります。 こちらも同様に同じ舞台ですが本作4巻とは登場人物がかぶってない別の2人のお話。 同人誌の出版らしく1冊が70-110pと少ないですが、6巻続いた1組のお話。 だから比べると本作9組の話より満ちる部屋が一番お話が長い。 ドラマもじっくりなので同人誌のお話のほうが読み応えあるかも。 (ていうか、満ちる部屋泣けます!) 全巻セットセール中で、あれ?と思ったらその同人誌の満ちる部屋を持ってました。 なんで別出版社?? と思いましたが同じ内容の話ではなくシリーズ作品でしたので、こちらも読んでみました。 どちらが先の作品かわかりませんでしたが、つながりのない別の話なのでどちらを先に読んでも大丈夫です。 異教徒、聖痕保持者、主人と従者、神父と生徒、幼馴染同士、ウリのうわさのあるルームメイト(満ちる部屋)など、いろいろなお話。 全体的にはちょっと暗い哀しいトーンのお話が多いかな。 それぞれのラストの幸せが淡かったり、ハピエンでも重い背景があったり。 ですが作者さんらしいたまにあるちび絵があほ可愛い顔で、ほっこり楽しいです。 そんな感じでお馬鹿な子の登場も多い(笑)。 短編は飽きてしまうので苦手ですが、同じ舞台だから長編を読んだような読み応えがありました。 どの話も良かったですが、エンドが弱くて贅沢言うならそれぞれもう少し先の話まで欲しくなる。 とはいえ、その後が気になるラストも思春期の1ページらしくて、余韻があって良いのかも? もっとみる▼
  • (5.0) 外国もの?
    みーchaさん 投稿日:2015/8/31
    お金持ちの学校の話です。いろんなカップルがで出てきます。歪んだ話もありますが面白い話でした。
  • (5.0) 懐かしい作品
    ささみさん 投稿日:2014/8/18
    当時読んでました。久々に読みたくなり購入。1冊単位で読みたかったけど、仕方ない。昔から絵が本当に綺麗ですね!内容は切ない系からきゅんきゅんくるものも。とにかく受けが泣きます。泣き顔好きな人にぜひ!
  • (5.0) 素敵な絵
    (`▽´*)さん 投稿日:2011/4/12
    キュンとしたりハラハラしたり切なかったりと終始、飽きずに読めました個人的にシリアス系が好きな為、シリアスからのハッピーエンドにはやられました
スタッフオススメ!
  • 背徳ラブin寄宿学校
    パブリックスクール内で巻き起こる恋は、どれも背徳的で刺激的ねこ田米蔵先生らしいコミカルなタッチでありながら身分差や過去に苦しむ姿も描かれており、萌えと奥行きのあるストーリーのどちらも楽します。カップルによってお話のテイストが変わるので、色んなBLを満喫できますよ!
    編集:クリアブラック
▲ページTOPへ