漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

SIDOOH―士道― 1

通常価格:
616pt/677円(税込)
(3.6) 投稿数7件
SIDOOH―士道―(25巻完結)

作品内容

ニッポンが“幕末”と呼ばれる少し前、動乱の世に放たれた二人の兄弟がいた。兄は雪村翔太郎:14歳、弟は雪村源太郎:10歳――たった二人で生きる決意を誓った幼き“侍”に、容赦なく降りかかる時代の混沌、修羅の世界。ROCKする《SAMURAI COMIC》の決定版、ついに始動!

作品ラインナップ  全25巻完結

レビュー

SIDOOH―士道―のレビュー

平均評価:3.6 7件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) おもろい!
    hamannssさん 投稿日:2018/10/28
    幕末の背景、そこに武士として生き抜いた人間像が心に沁みます。 テンポも良く、一気に読みきってしまえた作品!

高評価レビュー

  • (5.0) おもしろい
    ちぃさん 投稿日:2018/10/22
    幕末好きな私はハマりました。ちょいグロい所もあるけど、絵も上手いしおもしろいです。
  • (4.0) ROCK!
    猫茶漬け屋さん 投稿日:2017/11/3
    一言で言うなれば、時代モノだけど、ロック。 絵が上手いので、安心して読める反面、現実的なのでグロが苦手な人は無理かもしれない。ちょいとエログロもあり。 友人に貸したところ、意見は真っ二つ。苦手な人は苦手。私のように面白いと感じる人はのめ り込むと思います。 もっとみる▼
  • (4.0) 面白い
    ラッキーさん 投稿日:2015/10/30
    【このレビューはネタバレを含みます】 史実とオリジナルの主人公兄弟・宗教の存在が見事に溶け合ってる、という印象を受けました。 まあ一度読んでみてくださいな。 続きを読む▼
  • (4.0) やや鬱展開
    もっきんさん 投稿日:2013/9/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 コレラで親を亡くした兄弟が武士になるため旅立ち、様々な出会いと経験を経て成長して行く姿を描く。 幕末の動乱、戊辰戦争を会津藩、幕府軍の敗北へと突き進む絶望感、捕縛され斬首される仲間など鬱展開。 函館戦争終結までが描かれています。 歴史好きならオススメできます。 物語は史実を大筋としていますが第三勢力の存在するフィクションです 続きを読む▼
  • (2.0) 唐突な展開
    なたさん 投稿日:2013/9/18
    幕末ものなので、殺しのシーン多い。さっきまで生きていた和尚さんが何故かわからないが、急に死んだりとにかく、丁寧じゃない展開が多い。

青年マンガランキング

スタッフオススメ!
  • 心揺さぶる幕末漫画
    名ゼリフ「おいきなさい」で有名な「スカイハイ」の作者、高橋ツトム先生の「SIDOOH 士道」です。 舞台は黒船の来襲や安政の大地震に揺れる動乱の江戸時代です。とあるお寺の住職の前に主人公の翔太郎と源太郎が現れ、住職に助けを求めます。二人の母親は当時猛威を振るっていた伝染病コロリに倒れていたのです。助からない母は今際の際に、刀を取り腕を磨けと伝え、壮絶な最期を遂げてしまいます。残されたたった二人の兄弟は、動乱の幕末をどう生き抜いて行くのでしょうか…!?全25巻完結、読み応え充分です!幕末漫画好きの方、特に必見です!!この漫画に出会えて良かった!!
    特集担当:IBQB
▲ページTOPへ