漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

真田幸村 1巻

通常価格:
524pt/576円(税込)
(4.0) 投稿数2件
真田幸村(1巻配信中)

作品内容

慶長十九年―――大阪城を巡る攻防戦に立ち向かう“真田幸村”の勇姿を描く表題作の他、“真田昌幸”“真田信幸”ら、真田一党の激闘を一冊に集約!その他、関ヶ原合戦時における島津勢の退却劇を描いた『ステガマリ ?島津 敵中突破?』、本能寺の変を伝える使者の熱き物語『密書 ?中国大返しの真実?』の二編を含む、岡村賢二“戦国武将 傑作選”!!

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

レビュー

真田幸村のレビュー

平均評価:4.0 2件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 戦人智謀の六文銭
    千石権兵衛さん 投稿日:2009/5/1
    信濃の1豪族にすぎなかった真田幸隆武田に降るも情報戦略に通じ調略などで功名をあげる。真田信綱、そして真田昌幸・幸村えと! 武田家滅亡の後北条、上杉、徳川など得て秀吉に降るしかしその勇将は誰もが認める百戦錬磨の将である。そんな昌幸の息子幸村 を秀吉はとても溺愛した。しかし秀吉亡き後徳川の手が昌幸の上田城に三万八千の秀忠軍をわずか二千の兵で翻弄され関ヶ原に遅参させられる。しかし関ヶ原は石田三成の西軍が敗れ二人は六甲山に幽閉される。昌幸は亡くなった後大阪の陣がその頃はまだ幸村も武功もなく味方の将達からも軽くみられていた。しかし戦が始まるともっとも家康を追い詰める奮闘今現在でも人気があり好きな武将の1人であることがうかがえる作品です。優れた武将で後10年!15年早く生まれていたなら天下取りも夢でなかったであろう武将の1人でしょう!武士、武将、いくさ人としての幸村の生きざまを堪能してみては… もっとみる▼

高評価レビュー

  • (4.0) 無念…
    ぴらぴろさん 投稿日:2007/12/2
    真田幸村の孤軍奮闘ぶりには頭がさがります。 歴史のロマンですね。真田幸村の切れ物ぶりで状況が変わったかもしれないのに周りの無能な同朋に理解されないところや、あと一歩のところで夢を果たせなかった時の口惜しさに歯ぎしりしそうです。 歴史の流れ に「もしも」はないですが、もしも西軍が真田幸村の意見に従っていたならば…歴史は大きく変わっていたかもしれません。 もっとみる▼
▲ページTOPへ