漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

天の覇王 北斗の拳 ラオウ外伝 1巻

通常価格:
540pt/594円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.5) 投稿数16件
天の覇王 北斗の拳 ラオウ外伝(5巻完結)

作品内容

世紀末。核の炎が世界を焼き尽くし、世界は弱肉強食の世界へと変貌していた。北斗3兄弟の長兄ラオウはそんな世を救うため、恐怖により人を治める覇業に挑む。そんなラオウを補佐するのは、ラオウと同じ修羅の国生まれの幼馴染、ゾウガとその妹レイナ。野生の馬の王であった黒王を自身の愛馬としたラオウは破竹の勢いで勢力を増し、拳王の名は広まりつつあった。そんなラオウの前に立ちはだかったのは南斗の将星サウザー。ラオウはサウザーと対峙するが、サウザーはあえて戦おうとはせず同盟を持ちかける。ラオウはそれがサウザーの本心ではないと見抜いたが、サウザーと戦えば覇業の達成が遅れることを危惧し同盟を結ぶ。しかしそれはサウザーと南斗の妖星のユダの策略だった。遠征に出たラオウの隙をついたユダはラオウの本拠地でもある拳王府を落としたのだ。天より授かりし拳で己の覇業を往くラオウ。覇業の果てに何があるのか、それは天のみぞ知る。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全5巻完結

  • 天の覇王 北斗の拳 ラオウ外伝 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    540pt/594円(税込)
    世紀末。核の炎が世界を焼き尽くし、世界は弱肉強食の世界へと変貌していた。北斗3兄弟の長兄ラオウはそんな世を救うため、恐怖により人を治める覇業に挑む。そんなラオウを補佐するのは、ラオウと同じ修羅の国生まれの幼馴染、ゾウガとその妹レイナ。野生の馬の王であった黒王を自身の愛馬としたラオウは破竹の勢いで勢力を増し、拳王の名は広まりつつあった。そんなラオウの前に立ちはだかったのは南斗の将星サウザー。ラオウはサウザーと対峙するが、サウザーはあえて戦おうとはせず同盟を持ちかける。ラオウはそれがサウザーの本心ではないと見抜いたが、サウザーと戦えば覇業の達成が遅れることを危惧し同盟を結ぶ。しかしそれはサウザーと南斗の妖星のユダの策略だった。遠征に出たラオウの隙をついたユダはラオウの本拠地でもある拳王府を落としたのだ。天より授かりし拳で己の覇業を往くラオウ。覇業の果てに何があるのか、それは天のみぞ知る。
  • 天の覇王 北斗の拳 ラオウ外伝 2巻
    登録して購入
    通常価格:
    540pt/594円(税込)
    世紀末。核の炎が世界を焼き尽くし、世界は弱肉強食の世界へと変貌していた。北斗3兄弟の長兄ラオウはそんな世を救うため、恐怖により人を治める覇業に挑む。そんなラオウを補佐するのは、ラオウと同じ修羅の国生まれの幼馴染、ゾウガとその妹レイナ。野生の馬の王であった黒王を自身の愛馬としたラオウは破竹の勢いで勢力を増し、拳王の名は広まりつつあった。そんなラオウの前に立ちはだかったのは南斗の将星サウザー。ラオウはサウザーと対峙するが、サウザーはあえて戦おうとはせず同盟を持ちかける。ラオウはそれがサウザーの本心ではないと見抜いたが、サウザーと戦えば覇業の達成が遅れることを危惧し同盟を結ぶ。しかしそれはサウザーと南斗の妖星のユダの策略だった。遠征に出たラオウの隙をついたユダはラオウの本拠地でもある拳王府を落としたのだ。天より授かりし拳で己の覇業を往くラオウ。覇業の果てに何があるのか、それは天のみぞ知る。
  • 天の覇王 北斗の拳 ラオウ外伝 3巻
    登録して購入
    通常価格:
    540pt/594円(税込)
    世紀末。核の炎が世界を焼き尽くし、世界は弱肉強食の世界へと変貌していた。北斗3兄弟の長兄ラオウはそんな世を救うため、恐怖により人を治める覇業に挑む。そんなラオウを補佐するのは、ラオウと同じ修羅の国生まれの幼馴染、ゾウガとその妹レイナ。野生の馬の王であった黒王を自身の愛馬としたラオウは破竹の勢いで勢力を増し、拳王の名は広まりつつあった。そんなラオウの前に立ちはだかったのは南斗の将星サウザー。ラオウはサウザーと対峙するが、サウザーはあえて戦おうとはせず同盟を持ちかける。ラオウはそれがサウザーの本心ではないと見抜いたが、サウザーと戦えば覇業の達成が遅れることを危惧し同盟を結ぶ。しかしそれはサウザーと南斗の妖星のユダの策略だった。遠征に出たラオウの隙をついたユダはラオウの本拠地でもある拳王府を落としたのだ。天より授かりし拳で己の覇業を往くラオウ。覇業の果てに何があるのか、それは天のみぞ知る。
  • 天の覇王 北斗の拳 ラオウ外伝 4巻
    登録して購入
    通常価格:
    540pt/594円(税込)
    世紀末。核の炎が世界を焼き尽くし、世界は弱肉強食の世界へと変貌していた。北斗3兄弟の長兄ラオウはそんな世を救うため、恐怖により人を治める覇業に挑む。そんなラオウを補佐するのは、ラオウと同じ修羅の国生まれの幼馴染、ゾウガとその妹レイナ。野生の馬の王であった黒王を自身の愛馬としたラオウは破竹の勢いで勢力を増し、拳王の名は広まりつつあった。そんなラオウの前に立ちはだかったのは南斗の将星サウザー。ラオウはサウザーと対峙するが、サウザーはあえて戦おうとはせず同盟を持ちかける。ラオウはそれがサウザーの本心ではないと見抜いたが、サウザーと戦えば覇業の達成が遅れることを危惧し同盟を結ぶ。しかしそれはサウザーと南斗の妖星のユダの策略だった。遠征に出たラオウの隙をついたユダはラオウの本拠地でもある拳王府を落としたのだ。天より授かりし拳で己の覇業を往くラオウ。覇業の果てに何があるのか、それは天のみぞ知る。
  • 天の覇王 北斗の拳 ラオウ外伝 5巻
    登録して購入
    通常価格:
    540pt/594円(税込)
    世紀末。核の炎が世界を焼き尽くし、世界は弱肉強食の世界へと変貌していた。北斗3兄弟の長兄ラオウはそんな世を救うため、恐怖により人を治める覇業に挑む。そんなラオウを補佐するのは、ラオウと同じ修羅の国生まれの幼馴染、ゾウガとその妹レイナ。野生の馬の王であった黒王を自身の愛馬としたラオウは破竹の勢いで勢力を増し、拳王の名は広まりつつあった。そんなラオウの前に立ちはだかったのは南斗の将星サウザー。ラオウはサウザーと対峙するが、サウザーはあえて戦おうとはせず同盟を持ちかける。ラオウはそれがサウザーの本心ではないと見抜いたが、サウザーと戦えば覇業の達成が遅れることを危惧し同盟を結ぶ。しかしそれはサウザーと南斗の妖星のユダの策略だった。遠征に出たラオウの隙をついたユダはラオウの本拠地でもある拳王府を落としたのだ。天より授かりし拳で己の覇業を往くラオウ。覇業の果てに何があるのか、それは天のみぞ知る。

レビュー

天の覇王 北斗の拳 ラオウ外伝のレビュー

平均評価:4.5 16件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) 一片の悔い無し!!
    LA・TACHEさん 投稿日:2008/3/12
    『北斗の拳』がラオウ視点で帰ってきた感じで、北斗ファンには嬉しいスピンオフだと思います。 覇道はラオウなりの平和への願いですが、この先の展開が楽しみです。 ラオウの背負うものと人物像が、どう掘り下げられていくのかも、ファン必見ではないでし ょうか? 原先生の絵が大好きだった自分には、長田先生の絵は上手いけど、初めは物足りませんでしたが、今は本作品の爽やか系のラオウも好きです☆ もっとみる▼
  • (5.0) これぞ漢!!
    冥王星さん 投稿日:2008/4/4
    ケンシロウの宿敵ラオウ物語です。 敵でありながら憎めないラオウの物語がやるなんて嬉しいです ラオウの漢の生き様を見せ付けられる話しになっています。 早く続きが読みたくて読みたくて待ち遠しいです。
  • (5.0) 伝説
    KanaRaさん 投稿日:2008/10/11
    描き手の違いと、視点の違いから、また違った北斗の拳を味わえる作品。 私的にはまったく別の話として読んでいます。 いずれにしても北斗の拳という作品の愛され方の大きさを感じますね
  • (5.0) 覇王
    ガチャピンこさん 投稿日:2008/9/28
    この、ラオウ外伝は違う視野で見た 乱世と、新しい表現を用いて ラオウの 人物像とそのまわりの人物像を表現できている素晴らしい作品だとおもう
  • (5.0) ワクワク((o(^-^)o))
    すぬ~ぷさん 投稿日:2008/1/4
    これまで最強の敵だったラオウが今回は主人公 ケンシロウよりイケイケで負ける気がしないから、これからどんな凄いコトやってくれるのかメチャ楽しみ
▲ページTOPへ