漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
BLコミック
春を抱いていた(1)
この巻を買う/読む

春を抱いていた(1)

通常価格:
550pt/550円(税抜)
(4.7) 投稿数117件
春を抱いていた(14巻完結)
作品内容

岩城と香藤は人気AV男優。そんな2人にチャンスが訪れた。映画のオーディションに呼ばれたのだ。ところが「主役を決める為に、2人でSEXしていただきたい」と監督に言い渡され…!? 主役をかけたこのSEX勝負…絶対に負けられない!! メガヒット作品、電子書籍で登場! (本作品は電子書籍化にあたり再編集したもので紙書籍と一部内容が異なります。)

作品ラインナップ  全14巻完結
レビュー
春を抱いていたのレビュー

平均評価:4.7 117件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) BL万歳!
    うるとらまんさん 投稿日:2019/6/22
    溝口彰子「BL進化論」という本を読み、その中でこの「春を抱いていた」が書いてあり興味が湧き読みました。 一言で言うと、「BL万歳!w」これに尽きる。 BLやら腐女子という言語がなかった時代、貪るようにBL本を読んだ若い時にこの作品に出会 っていたら…こんな素敵な主人公二人はなかなかおりません。日本が認めたBL公認カップルの二人が色々な葛藤や困難を乗り越え「個」を大事にし、二人だけの二人しか歩めない道を歩く様は、素晴らしいの一言。長い間連れ添ってもこんなにお互いが「個」を思い大事にできることは男女間でも実際出来ません。 元々ノンケの二人がお互いの個性に惹かれ一人の人間として好きになったからこそ、だからこそこの作品は男女間でも実際出来ないことをBLという世界で表現し、一人の人間として好きになるっていうことを尊いものにしたのだなっと。 とにかく、「なんて素敵な作品なんだ!」ってこと!! 読むか悩んでるなら、読むべし! もっとみる▼
高評価レビュー
  • (5.0) ヒューマンドラマ
    こばやまとさん 投稿日:2019/6/4
    友人にすすめられて読んだのですが、もう言葉にならないくらい素晴らしくおもしろい作品でした。ヒューマンドラマという感じです。
  • (5.0) ここまで愛し合えるって羨ましい
    高橋純さん 投稿日:2019/4/13
    物語の中で、どんどん幸せになっていくのが分かって嬉しい。どんなに喧嘩しても、一緒にいたい気持ちがとてもあるから、自分の気持ちをぶつけ合うのをためらわない。自分の思いを隠す事が後の亀裂を生むことも、知っていき、前に進んでいく様がとても眩しく感 じました。 ここまで、お互いの気持ちが重なりあっていたら、とても幸せだと思う!BL読みあさりましたが、こんな信頼の仕方もあるのかって感じる位の衝撃でした。 ファンの方々に今ではとても申し訳なく思っているのですが、正直、私の絵の好みは可愛い系の作風でアニメで見たときは、絵が気になるくらいには、苦手意識がありました。それを考えると今では自分が信じられない位に春を抱いていたのファンになっていました。 もっとみる▼
  • (5.0) すばらしい!!
    ハサウェイさん 投稿日:2019/4/9
    内容の濃さに「すばらしい」としか言いようがありません。長期にわたっての連載にもかかわらず飽きさせず、どんどん引き込まれていきます。いろいろ感想を書きたいですがどう表せばいいのか・・・実際に読んでみて下さい。冬の蝉もよかったです。
  • (5.0) 泣いた
    智智さん 投稿日:2019/3/21
    『春を抱いていた』10巻〜14巻を 読みました。 まさかbl読んで泣くとは 思わなかった(^^; めちゃくちゃ感動しました。
  • (5.0) 名作!何年経っても夢中になる作品です
    きゃんさん 投稿日:2019/3/11
    一巻を初めて読んだのはもう何年も前…電子がなかった時代です。時代をこえて、読み応えのあるストーリー、かっこいい絵、そしてさらに話が深くなっていて感動しっぱなしです。岩城と香藤のラブラブ度数が年々あがっていて、香藤がとにかくかっこいい!岩城さ んの美しさがはんぱない…名作としか言えない… もっとみる▼
広告掲載中タイトル
スタッフオススメ!
  • SEXで勝負だと!?
    人気AV男優の岩城京介と香藤洋二。そんな二人に映画の主役オーディションの通知が来ます。オーディション会場に現れた原作者兼監督の佐和から要求されたのは、なんと男同士でのSEX。主役をかけてSEX勝負をすることになった二人は…?初っ端からSEXで勝負!?と度肝を抜かれました(笑)この時点ではどちらが受けか攻めかもわからなくて、先の展開が気になって仕方なかったです。主役二人がAV男優という設定に少し戸惑いましたが、プロゆえの視点、感じ方が何だか新鮮でした(笑)お互いにプライドを持つ人気男優同士、この先どうやって恋仲になっていくのでしょうか!?先の展開が楽しみです!本作「春を抱いていた」の著者は新田祐克。代表作に「キスアリキ。」「スピリチュアル ポリス 」「17Guyz(セブンティーン・ガイズ)」があります。
    制作担当:肩こり一郎
▲ページTOPへ