漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

リョウ 1

通常価格:
588pt/646円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.2) 投稿数88件
リョウ(8巻完結)

作品内容

【ページ数が多いビッグボリューム版!】遠山りょうの前にある日突然、平安時代より来たという謎の男が現れる。ところが弁慶と名乗るその男により、りょうは自分が現代の人間ではなく、あの牛若丸だと知らされる。りょうを待つ運命とは!?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全8巻完結

  • リョウ 1
    登録して購入
    通常価格:
    588pt/646円(税込)
    【ページ数が多いビッグボリューム版!】遠山りょうの前にある日突然、平安時代より来たという謎の男が現れる。ところが弁慶と名乗るその男により、りょうは自分が現代の人間ではなく、あの牛若丸だと知らされる。りょうを待つ運命とは!?
  • リョウ 2
    登録して購入
    通常価格:
    588pt/646円(税込)
    【ページ数が多いビッグボリューム版!】現代での記憶は造られたものと知り、本当の自分を探すため、平安の時へと戻ったりょう。ところが、そこでは源氏の御曹子であるりょうと平維盛の政略結婚を平氏が企んでいた…。りょうを巡る運命の渦が大きく動き始める!!
  • リョウ 3
    登録して購入
    通常価格:
    588pt/646円(税込)
    【ページ数が多いビッグボリューム版!】源義経としての元の人格とりょうの人格を一つにするため、自らの想いを告白した弁慶。だが同時にそれは主人と家来という立場を越えることとなり、弁慶はりょうの前から姿を消してしまう…。2人の切ない想いの行方は!?
  • リョウ 4
    登録して購入
    通常価格:
    588pt/646円(税込)
    【ページ数が多いビッグボリューム版!】弁慶の故郷・熊野へ身を隠したりょう達。しかしすぐ側まで平氏の軍が迫っていた。そして義経の身柄を要求する平氏との戦を避けるため、弁慶が維盛との一騎打ちを申し出る。だが平氏軍の矢を受け、弁慶は崖から転落し…!?
  • リョウ 5
    登録して購入
    通常価格:
    588pt/646円(税込)
    【ページ数が多いビッグボリューム版!】りょうとの思い出の写真を見た事で、弁慶は全ての記憶を取り戻した。そして弁慶は再びりょうの家来となり、2人は平氏との戦へと出立する。だが敵陣と川を挟んだ決戦前、りょうの前に維盛が現れ!?
  • リョウ 6
    登録して購入
    通常価格:
    588pt/646円(税込)
    【ページ数が多いビッグボリューム版!】弁慶に後ろめたさを感じつつも、維盛との永遠の別れに打ちひしがれるりょう。そんな中、法皇から「都を荒らす木曽義仲を討て」との命が届き、頼朝の代わりにりょうが説得へ行く事に。だが義仲は銃で何者かに暗殺され!?
  • リョウ 7
    登録して購入
    通常価格:
    588pt/646円(税込)
    【ページ数が多いビッグボリューム版!】知盛の陰謀は阻止したが、義姉・政子がその犠牲となってしまった。自らの責任を感じたりょうは、失意の頼朝に代わり平氏との最終戦へ臨む。そこで静のいる白拍子に紛れ、単身で敵陣へ潜入して!?
  • リョウ 8
    登録して購入
    通常価格:
    588pt/646円(税込)
    【ページ数が多いビッグボリューム版!】戦を終え、熊野での安息の日々を夢みるりょう。だが兄・頼朝がりょうへの異常な愛情を持ち、弁慶に刺客を差し向ける。その兄の手から必死に逃れようとする2人の運命は!? 愛と感動の最終巻!!

レビュー

リョウのレビュー

平均評価:4.2 88件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 読み返しても面白い
    Aaaさん 投稿日:2021/3/13
    中学時代に読んでたマンガ。読み返してもなお面白かった。昔はお小遣いためてちょこちょこ買ってたから一気読みができて幸せ。

高評価レビュー

  • (5.0) はや20年前
    天水さん 投稿日:2019/5/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 小学生の時に連載されていた作品がふとなつかしくなって。 もう数十年前の作品にもかかわらず、今読んでも魅力は色褪せず、イラストは美しく、キャラクターひとりひとひがそこに確かに生きています。 弁慶も維盛も頼朝も、ヒロインを想う男性が皆カッコ良くて男気のあるイケメンばかりです。 筋肉隆々の魅力的な男性陣(花形の維盛のぞく)や、 時代物の衣装や小道具をもって躍動感がある画力の中で、女性的な感情に染み渡るような恋愛要素が楽しめる作品ってすごく貴重です! ヒロイン含めた女性も品格と色気があって、とにかく登場人物全てに惚れ惚れしてしまいます。 漫画というより映画を観ている感覚の濃さ、子供の時分にこんな素晴らしい作品に出会えてたなんて本当にラッキーだったなと思います。 大人になった今も作品に吸い込まれてしまいました! 私もこんな男性と愛し合いたい!笑い 名作を久々に読めたことと、淡い懐かしさに心から星5です。 感謝です。。ありがとうございます。 続きを読む▼
  • (5.0) 歴史ロマンでありヒューマンドラマ
    あおさん 投稿日:2020/7/13
    【このレビューはネタバレを含みます】 源義経という人物が元々好きで、実兄の頼朝に殺される歴史が辛かったです。この漫画はそんな運命を辿った義経が実は女だったというフィクション(でも史実に書かれていないだけで真実は分からない)から始まります。フィクションから始まるのに義経の運命を辿ることになるリョウ。でもその過程は史実とは異なって、もしかしたら別の未来が待っているかもと最後まで物語の結末がどうなるか予測できませんでした。ラストは色々と考えるところがありますが、リョウや弁慶達が生き抜いてきた意味を考えると一番納得できる結末だったと思います。なんと言ってもフィクションから始まったのに歴史が変わらない不思議なカラクリ。すごく練られたシナリオなんだなと。ラストに浸ったあとは1巻から読み返して伏線を回収していくのもこの漫画の醍醐味だと思います。 もう一つこの漫画の魅力は画力の高さ!キャラクター生き生きと描かれていてみんな好きになってしまいます。後世に残したい作品です! 続きを読む▼
  • (5.0) 源義経が女性だった世界のお話
    雨の庭さん 投稿日:2016/10/15
    【このレビューはネタバレを含みます】 記憶を失い現代の少女として生活していた主人公(のちの源義経)。主人公を追って平安時代からタイムスリップしてきた弁慶と出会い元の平安時代に戻ります。 甘えん坊でわがままな少女が源義経としての立場を自覚してから強く美しい女性に変わっていくのですが、その強さが時に恐ろしささえ感じました。 ヒーロー役は弁慶ですが、私は弁慶より断然維盛が好きです。優しく儚げな平維盛が主人公に出会い生き生きとするところ、また主人公に見せる執着が大好きで、維盛の最期は本当に泣きました。 また、快活で頼もしいお兄さんだった源頼朝が主人公に狂ってしまったのが怖くて哀しくて、妻の政子さんはどこかで予感していたのかも…と思いました。 私は「リョウ」中盤期の絵とストーリーが上田先生の作品の中で一番好きです。 続きを読む▼
  • (5.0) 何度も読んでいるけど面白い
    そらそらをさん 投稿日:2018/9/15
    【このレビューはネタバレを含みます】 高校の時、友人から借りて読んでハマりました! 歴史が絡みますが、私のように歴史が全く分からない・興味がない人でも楽しめると思います。 生きること、命を懸けて時代を駆け抜け、築き上げた愛する人との絆、そしてその愛する人との子供を守り命をつなげて行くこと…。 難しいストーリーではなくとても読みやすく、尚且つ深い内容だと思います。 ラストは本当に悲しいですが、ただ喪失で終わるのではなく、愛が生まれ、愛を育み、命を懸けて守り、そしてその愛を守り抜いたりょうの一生を終えるという、それもまたこの物語での重要な部分と思います。 初めは少し古いタッチの絵ですが、徐々に変わっていきとても綺麗な絵になっています。 続きを読む▼
  • (5.0) 20年前の作品すごい、、
    まりのさん 投稿日:2020/11/28
    【このレビューはネタバレを含みます】 めちゃくちゃ面白かったです。小学生の頃にちらっと読んだことがあり、そういえばどういうないようだったかなあ時になり読み始めたら歴史物とは思えないほど読みやすく、また絵柄も古くはありますがとても綺麗で見やすいものでした、、! 正直にハッピーエンドではないしそもそもぜんぶ主人公が悪いじゃん!っておもうところもありますが主人公なんてそんなもんですし、登場人物全員欠点がありもやもやしてしまうので酸いも甘いも乗り越えた人になってからの方が清々しく見れるかも。葵は足でまといではありますが唯一の良心かもしれないですね。 続きを読む▼
スタッフオススメ!
  • JK牛若丸
    女子高生・りょうの目の前に突然謎の男が…!しかも、りょうのことを牛若丸と呼び、さらには自分のことを弁慶だと告げる…!弁慶お前…黒髪長髪イケメンだったのか…不慣れな現代生活の様子にギャップにキュンとしちゃう。タイムトリップラブロマンスです!
    広報:熊五郎
▲ページTOPへ