電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

ワカコ酒 1巻

通常価格:
562pt/618円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.2) 投稿数125件
ワカコ酒(17巻配信中)

作品内容

村崎ワカコ26歳。酒飲みの舌を持って生まれたがゆえに今宵も居場所を求めてさすらう女ひとり酒。あなたの隣にいるかもしれない、おひとり様仕様の呑兵衛ショート♪

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  17巻まで配信中!

  • ワカコ酒 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    562pt/618円(税込)
    村崎ワカコ26歳。酒飲みの舌を持って生まれたがゆえに今宵も居場所を求めてさすらう女ひとり酒。あなたの隣にいるかもしれない、おひとり様仕様の呑兵衛ショート♪
  • ワカコ酒 2巻
    登録して購入
    通常価格:
    562pt/618円(税込)
    幸せは、お酒とともに♪村崎ワカコ26歳。酒呑みの舌を持って生まれたがゆえに今宵も居場所を求めてさすらう女ひとり酒。2巻も幸せたっぷり28品。ごゆるりと楽しんで下さいませ♪
  • ワカコ酒 3巻
    登録して購入
    通常価格:
    562pt/618円(税込)
    村崎ワカコ26歳。 酒呑みの舌を持って生まれたがゆえに今宵も居場所を求めてさすらう女ひとり酒。 幸せの、味と時間を詰め込んで、お待たせしました29品。 第3巻もごゆるりとお楽しみ下さい♪
  • ワカコ酒 4巻
    登録して購入
    通常価格:
    562pt/618円(税込)
    村崎ワカコ26歳。 酒呑みの舌を持って生まれたがゆえに 今宵も居場所を求めてさすらう女ひとり酒。 ブレず薄めずこだわらず。 旨い酒と肴だけご用意しました。 第4巻、どうぞご賞味下さい!
  • ワカコ酒 5巻
    登録して購入
    通常価格:
    562pt/618円(税込)
    旨さ極まる、大人のわがまま☆村崎ワカコ26歳。酒呑みの舌を持って生まれたがゆえに今宵も居場所を求めてさすらう女ひとり酒。浮世を忘れる宵の口。肩書きを外した贅沢な時間。第5巻、美味しさいっぱいお楽しみ下さい♪
  • ワカコ酒 6巻
    登録して購入
    通常価格:
    562pt/618円(税込)
    村崎ワカコ26歳。酒呑みの舌を持って生まれたがゆえに、今宵も居場所を求めてさすらう女ひとり酒。旨さを煮しめた肴と共に、静まり返った冬の夜を、芯から温める酒がある。ますます腹減る第6巻、どうぞあったまって行って下さい!
  • ワカコ酒 7巻
    登録して購入
    通常価格:
    562pt/618円(税込)
    紙カツ、しゅうまい、落花生。
    赤貝、エビカツ、和牛のたたき。
    読めばその場が心の一軒になる。
    夏のビールがうまくなる肴満載で贈る、大人気痛飲コミック最新刊!!
  • ワカコ酒 8巻
    登録して購入
    通常価格:
    562pt/618円(税込)
    村崎ワカコ26歳。酒呑みの舌を持って生まれたがゆえに今宵も居場所を求めてさすらう女ひとり酒。酒場で、屋台で、お祭りで。宵の街はいつでもお酒とともに。ちょっと今日は寄り道したくなる、おいしいお酒、じっくり味わってください♪
  • ワカコ酒 9巻
    登録して購入
    通常価格:
    562pt/618円(税込)
    じゅんさい、菜の花、卵の天ぷら。コブクロ、鶏もつ、白魚のおどり食い。昼間のことは一旦忘れて、今日を〆る嬉しい27品☆最新刊遂に発売!
  • ワカコ酒 10巻
    登録して購入
    通常価格:
    562pt/618円(税込)
    豚足、こいわしの刺身、あんこうの唐揚げ。茄子の揚げ浸し、ひじきの煮物、つぼ漬けカルビ。あわただしい日常を、非日常へといざなう25品☆最新刊、遂に発売!

レビュー

ワカコ酒のレビュー

平均評価:4.2 125件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (1.0) 「私はわかってる」アピールが強すぎる
    モカさん 投稿日:2021/5/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 主人公ワカコが色んな酒とつまみを楽しむだけの本。 SSのようにシンプルに進むので酒とつまみの組み合わせを楽しむだけならそれなり見れるのだが、第一話から他人の食べ方(皮で酒を飲むのではなく米と食べる)に勝手に幻滅してる主人公はどうしても好きになれませんでした。 私もかなり酒を飲みますが、他人の食べ方飲み方を否定するのはただのイキリ老害です。同じ酒飲みなら「他者や店に迷惑をかけず飲むのなら好きな楽しみ方をしていいんだよ」と伝える書き方をしてほしかった。 そして酒とつまみ以外でも自己アピールが強すぎる。他のお客さんや店員に対しての上から目線に何様だよ?と毎回突っ込みを入れてしまうほど。ナンパされても一人で格好良く呑む私!を優先しすぎてただの痛い人になってます。居酒屋で隣にいたらとても嫌ですね。 上から目線の評価ばかりで食事シーンが美味しそうに見えないのも残念。 孤独のグルメの劣化版、というのが正直な感想。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 呑みに行きたくなります!
    きんぎょさん 投稿日:2017/8/21
    面白かったです!食べる系漫画って、大して美味しくなさそうな物でも 「うんまぁ〜!」みたいなわざとらしい表現ばかりで辟易していましたが、 これは本当にお酒が飲みたくなりました! みんながすでに知ってる酒のあてだからこその、臨場感があるし 、 おとしとアルコールの種類の組み合わせなどバッチリでした。 キャラの絵もご本人で大正解だったと思いますし、仕事の愚痴やプライベート の事がちょこちょこ入ってきて、それも内容に動きを付けているなと思いました。 もっとみる▼
  • (5.0) 憎らしい!
    070707さん 投稿日:2017/2/4
    ワカコがたべるもの、飲むもの、全てが美味しそうで食べたくなる。ダイエット中なのに…目に毒だ。でも面白いから読んでしまう!! おひとり様で居酒屋に行くのなんて平気。だって美味しいものを食べるため! 食べるのが好きだから、見様見真似で作って しまう事もある。しかも案外美味かったりしてつい食べ過ぎてしまうのが酷だ…!?体重計に乗る事が怖くなる!!! もっとみる▼
  • (5.0) お酒が飲みたくなる、そんな作品です。
    りこさん 投稿日:2019/1/9
    タイトル通り、ワカコがお酒を飲むストーリーがほとんどですが おつまみに、それに合わせるお酒に、と読んでいて飽きません!! 1人でお酒を楽しむ、そこにはお店の人だったり職場の人だったり…その場にいなくても1人で孤独に飲むのではなく ぷしゅーっとしながら、自分と向き合って大切な時間を過ごしている…そんな主人公の素敵な作品です。 もっとみる▼
  • (5.0) 美味しそう
    taka_hozumiさん 投稿日:2021/1/4
    お酒呑めないし、苦手な食べ物も多いのですが、読んでると、お酒も食べ物もものすごく美味しそうです。 数あるグルメ漫画とは少し違っていて、ほんわかとお酒と食事を楽しむ作品。効果音が特徴的で、魅力のひとつでもあります。食感まで伝わってきそう。また 、作者が女性の方なのもあって、洋服、アクセサリー、小物類がおしゃれです。 もっとみる▼
  • (5.0) お酒が好きになる!
    かっちさん 投稿日:2019/10/20
    お正月の時期に読み始めました。それまでお酒はほどほどに好きで、ほどほどに飲みに行く程度でしたが、ワカコ酒を読んでから、『お酒を楽しみたい』と思うようになりました。特別珍しいわけではないおつまみから、初めて聞くものまで、何もかもが魅力的に感じ ます。お酒が好きな人はもちろん、食が好きな人にもオススメの作品です。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • のんびり系でおすすめ
    「yeah!おひとりさま」や「新久千映のねこまみれ」など多くの人気作を生み出してきた新久千映先生の作品です。このワカコ酒も大ヒット作品で、テレビドラマ化されたことでも有名です。内容は酒に関する話で、村崎ワカコの女一人酒の様子をデフォルメされててかわいい絵とともにのんびり描いています。おいしそうな肴でおいしそうな酒を飲むシーンや酒を飲んだ後の「ぷしゅー」という様子はのほほんとしていて癒されます。晩酌以外のストーリーもおもしろいです。酒が好きな人はもちろんのこと、酒を飲めない人にもおすすめの作品となっています。
    広報:熊五郎
▲ページTOPへ