漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

少女マンガ
37.5℃の涙 1巻
この巻を買う/読む

37.5℃の涙 1巻

通常価格:
400pt/400円(税抜)
(3.9) 投稿数197件
37.5℃の涙(11巻配信中)
作品内容

37.5℃。それは、こどもが保育園に行ける、体温のボーダーライン。こどもが熱を出した。保育園には預けられない。病気のこどもを置いて仕事には行けない。でも働かなくては生きていけない――。身動きの取れない親たちに手を差しのべる存在、「病児保育士」。病気のこどもを人に預けて仕事に行くのは果たして“親失格”なのか?愛情とは家族とは親とは――答えの出ない問題に、笑わない病児保育士・桃子が真っ正面から切り込む!最後には必ず笑顔になれると信じて。

作品ラインナップ  11巻まで配信中!
レビュー
37.5℃の涙のレビュー

平均評価:3.9 197件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (4.0) 号泣
    taさん 投稿日:2017/12/3
    もう読んだら絶対に泣くな。と気になっていた作品ついに読んでしまい、 自分の子育てと共感、反省しながら、案の定号泣しました。最後はみんな笑って幸せになって欲しいですね。絵があまり好みじゃないので、星一つ減しました。
  • (5.0) 朝比奈さん
    彩羽さん 投稿日:2017/12/2
    恋愛あり、家族ドラマあり、社会問題あり、で読みごたえのあるお仕事マンガです。 中高生だけじゃなくて、20~30代の女性にも、父や夫になる男性にも読んでもらいたいです。
  • (5.0) おすすめ
    はなこさん 投稿日:2017/12/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 すごいいい すごく感動します。 読むことおすすめします。 よんでいるうちに涙でちゃいました 続きを読む▼
  • (4.0) 良いです
    なーさんさん 投稿日:2017/12/2
    色んな人に読んでもらいたい作品です。絵は好みではありませんが。桃子ちゃんにも幸せになってもらいたいです。
  • (5.0) 楽しい
    かずきちさん 投稿日:2017/12/2
    朝比奈さんと桃子のやり取りが好きです。病児保育という言葉を初めて知りました。
スタッフオススメ!
  • 子育てママへのエール
    椎名チカさん著の「37.5℃の涙」。タイトルにもある「37.5℃」はこどもが保育園に行けるか行けないかのボーダーラインになる体温だそうです。37.5℃以上熱がある子どもは保育園に行くことができません。でも、どうしてもこどもを診てやることができない。そんなママさんやパパさんが頼りにするのが病児保育士。この漫画の主人公・桃子の職業でもあります。はじめは母親の言動に対する不信感や海翔くんを可哀想と思う気持ちが強く、なんてヒドイ親なんだと思ってしまいましたが、読み進めるうちに考えが変わっていきました。少し重いテーマのように思えますが、いい意味で軽く、気軽に読むことができると思います。そんなにがんばらなくていいんだよとポンと肩を叩かれたような気持ちになりました。著者さんの他作品「8月の悪戯」「少女の時間」はこちらとはまた違った雰囲気なのですが、そちらも気になるところです。
    制作担当:ぼん
▲ページTOPへ