漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

鬼舞 2

通常価格:
398pt/437円(税込)
(4.3) 投稿数4件
鬼舞(2巻完結)

作品内容

一流陰陽師を目指して上京した宇原道冬は、陰陽寮で修行の毎日。そんな中、陰陽寮では寮生強化のための考試を実施することに。最下位の者は退寮処分になるという。安倍晴明の息子・吉昌の指導を受けて臨んだ考試で、しかし、道冬は不正を疑われてしまい──?

作品ラインナップ  全2巻完結

レビュー

鬼舞のレビュー

平均評価:4.3 4件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (4.0) もう少し…
    あれぐろさん 投稿日:2018/3/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 これから面白くなりそうなところで終わってしまうのが残念です。主人公のお父さんが誰なのかとか、謎があるままですっきりしません。原作があるようですが、できればこっちでも続いてほしかったなー 続きを読む▼
  • (4.0) 意外と面白かった
    mikeさん 投稿日:2017/1/5
    陰陽師大好きなので前々からチェックはしてまして、今回やっと読みました。やはり原作がある作品の漫画版なのでこちらだけでは疑問点が残りますね。細かく描写されていたら全2巻で収まらないでしょうし。でも漫画版から読んだ方がストーリーに入りやすいとは 思いました。安倍一家がなぜ道冬に構うのか、父親も誰なのか気になるところ。何の捻りも無ければ芦屋道満あたりでしょうけど、どうなんだろう。やっぱ原作地道に読むしかないか もっとみる▼
  • (4.0) 陰陽師の学校の話
    直葵さん 投稿日:2015/9/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 巻末の作者のことばいわく、漫画にするために設定や伏線をバッサバサ切っているそうで、原作のファンの方は物足りないかもしれません。 私は原作読んでないので原作への足掛かりになりました。 内容は、安倍兄弟の弟がなぜ主人公に執着するのかとか主人公のお父さんが結局何者かまでは書かれておらず、やはり原作読むべきなのかも 続きを読む▼
▲ページTOPへ