漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

+αの立ち位置 1巻

通常価格:
500pt/550円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.0) 投稿数61件
+αの立ち位置【電子オリジナル特典付】(2巻完結)

作品内容

妄想大好き! な脇役気質の地味少女・枋間識希(ほうまさとき)は、同級生の美少女・転道花華(てんどうはるか)とともに異世界に招喚されてしまう。飛ばされた先の世界で、その美しさから「創造の神娘」としてもてなされる花華に対し、花華の「お付き」扱いを受ける識希。容姿へのコンプレックスから、自分は「主人公」に向いていないと脇役に徹しようとする識希だが、神娘の能力確認をきっかけにとんでもない事実が発覚してしまい――?識希が隠し持つ能力とは? そして識希は名実ともに主人公になってしまうのか?ゼロサムオンラインで大人気連載中の異世界トリップファンタジー、待望の単行本化!

作品ラインナップ  全2巻完結

レビュー

+αの立ち位置【電子オリジナル特典付】のレビュー

平均評価:3.0 61件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (2.0) 大団円好きにはオススメできない
    はなさん 投稿日:2021/2/25
    1巻が面白くてレビューを見ずに2巻を買ってしまいました。作者が言ってる通り駆け足エンドです。主人公が報われて、ちょっとずつ前向きになって心身ともに成長して大団円ってルートだったら同じ結末でもハッピーエンドだったなって思いました。自分に自信が なくて逃げるキャラクターは好きですが、この作品は消化不良を起こしてしまいました。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 他にない異世界転移もの。
    きつさん 投稿日:2020/4/29
    【このレビューはネタバレを含みます】 「悪い国の娘」で月煮先生を知り一通り購入したのですが、本当に出会えて良かったと思う作家さんです。平凡主人公でも異世界転移ものでは何かしら報われたりきちんと認められることが定石ですが、サトキは最後の帰還時まで+αの立ち位置でした。 本当に平凡(むしろ地味目)な子が巻き込まれ転移したらこうなるな、と言うリアリティが随所にあります。ドサクサに紛れて気付いたら役目が終わっていたという不完全燃焼なラストがこの作品の主題にとても沿った良いまとめ方でしたし、そんな中でも彼女の見送りを最優先してくれたミーヴァの存在がサトキを主人公として終わらせてくれたように思えます。最後の微笑みと言葉はサトキがこの異世界転移に一番求めていたものだったんじゃないでしょうか。ちなみに「手違いですが〜」と言う別作品で少し登場し、ミーヴァの想いが聞けますがその上で読み直すとまた面白いです。 スカッとしたり、主人公が報われるハッピーエンドが好きな方にはもやっとするかもしれません。理不尽でつらいこともある、それでも得たものも確かにある、そんな現実的な異世界転移を読んでみたい方にはおすすめです。 続きを読む▼
  • (5.0) もっと評価されていい良作
    なぎさん 投稿日:2019/8/31
    ありがちな設定なんですが、他とは違う面白さがありました。もっと色々な作品を読んでみたいと思わせる作家さんです。
  • (5.0) 異世界転生チート主人公に飽きた人へお勧め
    なのじさん 投稿日:2019/6/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 異世界転生ものに飽き飽きしてる自分にはこういう普通の主人公がとても頑張るお話の方が好き。異世界の主役にはなれなくても、確かにそこにいる、流されながらも成長は確かにしているし、確実にそれは実になっている。 そしてこの結末もまた、この主人公でなければ描けなかったお話だ。 とてと面白い漫画でした。有難う。 その上で思う。出来ることなら再び彼女が彼の地に呼ばれて欲しいと、再会を果たすことが出来ますように、と。 続きを読む▼
  • (5.0) だいすきです
    ドンさん 投稿日:2018/8/31
    サトキちゃんとミーヴァ様の掛け合いが大好きです。 女性向け王道異世界トリップなのに主人公は巻き込まれた知り合いの少女。 しかもこれでもかと脇役を貫く。幸せにしてあげたい…
  • (5.0) 『主人公』だけど『ヒロイン』ではない
    トナさん 投稿日:2018/8/30
    少女漫画や乙女ゲームの物語に巻き込まれた“モブ”が『主人公』の話なので、扱われ方(特に男性陣から)が酷いのも、終わり方が突然なのも仕方ないかと・・『ヒロイン』のための物語だし・・中途半端の力も無かったらもっとほったらかしだったような? 私は楽しめて満足ですが、もし、同じ立場に立ったとしてサトキみたいには出来ない自信はある! 後日談が知りたい方は「手違いですが・・・」を読む事をオススメします。ちょっとですが描かれてます。 もっとみる▼
▲ページTOPへ