電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
菜の花の彼―ナノカノカレ― 1
この巻を買う/読む

菜の花の彼―ナノカノカレ― 1

通常価格:
380pt/418円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.7) 投稿数649件
菜の花の彼―ナノカノカレ―(14巻完結)

作品内容

中学時代のトラウマがもとで素直に恋ができない菜乃花。でも街で男の子のやさしい言葉を耳にした菜乃花は思わず告白してしまいます。顔を見る前に―。恋に傷つき、恋に癒される、これは、そんな物語。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全14巻完結

  • 菜の花の彼―ナノカノカレ― 1
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    中学時代のトラウマがもとで素直に恋ができない菜乃花。でも街で男の子のやさしい言葉を耳にした菜乃花は思わず告白してしまいます。顔を見る前に―。恋に傷つき、恋に癒される、これは、そんな物語。
  • 菜の花の彼―ナノカノカレ― 2
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    顔を見る前に告白した男の子、隼太と少しずつ距離を縮めてきた菜乃花。でも突然、中学時代の元カレ、鷹人と出会い、唇を奪われ…。恋に傷つき、恋に癒される、これは、そんな物語。
  • 菜の花の彼―ナノカノカレ― 3
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    中学時代につきあっていた鷹人の事を言い出せない菜乃花。それでも隼太の笑顔に救われ距離を縮めていくが、雰囲気の変化を隼太に気付かれ… 少しずつすすむ、少しずつもどる、菜乃花の恋。
  • 菜の花の彼―ナノカノカレ― 4
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    隼太の応援をすることで距離が近づき幸せいっぱいな菜乃花。そんな菜乃花を好きになっていく隼太。菜乃花を好きという気持ちと少しずつ向き合っていく鷹人。菜乃花、隼太、鷹人。3人の心と心がぶつかりあい─。
  • 菜の花の彼―ナノカノカレ― 5
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    傷つけることでしか、菜乃花に関われなかった─。今までの自分を悔やむ鷹人。菜乃花と鷹人がキスしていたことを知り、傷つきながら、迷いながら菜乃花を思う隼太。隼太に会うことができず、自分を責めてしまう菜乃花。あなたが好き─。素直に思いを伝えられずに傷つく3人。苦しい、切ない、恋。 【同時収録】番外編 とくべつな日
  • 菜の花の彼―ナノカノカレ― 6
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    隼太に知られてしまった鷹人とのキス。隼太に釈明しようとする菜乃花。「あの人とキスしたのは 俺と出会う前ですか」隼太の問いに嘘はつけずに…。知ってしまった。知られてしまった。もう以前のようには向き合えない。身が切られるように苦しくて、切なくて、心が痛い。
  • 菜の花の彼―ナノカノカレ― 7
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    菜乃花が来ることを信じてがむしゃらに戦い続ける隼太。しかし会場に現れたのは菜乃花を絶望させてなおあきらめることができない鷹人。菜乃花と隼太は今度こそ想いをつなぐことができるのか!? 第1部完結巻!! 【収録作品】菜の花の彼 番外編
  • 菜の花の彼―ナノカノカレ― 8
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    菜乃花のクラスに今、一番、会ってはいけない、あの男が転校してくるところから第2部がスタート!! 菜乃花の前に現れる第3の男・桜治。他人の気持ちを弄ぶその眼は狂気に満ちている。桜治に標的にされた菜乃花、それを守る鷹人。この叶わない恋の行方は…!?
  • 菜の花の彼―ナノカノカレ― 9
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    “菜乃花は鷹人の元カノ”誤解が嫉妬を呼び、噂が悪口を生み、学校で孤立してしまう菜乃花。彼女を救うのは、鷹人の、心から絞り出した言葉なのか、隼太の、限りなくやさしい腕なのか。この恋のたどりつく先は、誰にも予想できない!
  • 菜の花の彼―ナノカノカレ― 10
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    菜乃花の中には自分の欠片すら残っていない。絶望した鷹人の心に忍びこむ桜治。 「…とり戻せばいいじゃない 君だけのものにすればいいんだよ」 隼太が菜乃花と過ごす最後の文化祭できっと何か起きる。

レビュー

菜の花の彼―ナノカノカレ―のレビュー

平均評価:3.7 649件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) オリジナリティがある
    Kayoさん 投稿日:2021/9/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 端的にレビューすれば、まぁまぁ面白かったけど読み返したりはしないかも。です。 一つの作品にいくつかの要素が詰まってます。 過去の経験で傷ついた主人公が恋愛を通して色々学んでいくのとか、三角関係だったりとか前半は少女漫画的展開ですが無理な感じはなく人物一人一人が丁寧にブレずに描かれているので面白く読めました。後半、元カレ含めてメンヘラな人が増えてくると展開がサスペンスになってきてちょっと重いです。 全体を通しての話は個人的にはまぁまぁって感じでしたが、好みは分かれるかもしれません。でも、ひどく浅いものや同じような作品が多い中、しっかりプロットが組まれている感じはします。ストーリーが進む中でそれぞれ登場人物が変化していきますが、きちんと変化の経緯が描かれているので作品としての完成度はとても高いと思います。 作品の前半で描かれていたように丁寧に話を進めるには、後半は要素を少し詰めすぎたのかもしれません。でも最後なんとか着地してます。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 表現力が素晴らしい
    ダフらぶさん 投稿日:2020/9/29
    【このレビューはネタバレを含みます】 主人公の菜乃花が初めて好きになったのは、ひまわりみたいに明るくて優しい隼太くん。 そして中学時代にいつもイライラしていた元彼の鷹人の三角関係の話し。 3人の好きの表現力や、選ぶ言葉や、絵も好きとゆう言葉の重みが伝わってきて凄く好きです。 そして、ドロドロした嫉妬や黒い気持ちの表し方や絵での表現が凄く伝わってきて泣けます。 菜乃花は思った言や気持ちを隼太くんに真っ直ぐに伝え、隼太くんを1番に考えて、好きな気持ちや傷つけてしまった事をメンタルが崩壊するくらい大好きな相手。 隼太くんは今までは好きって軽い物だと思っていた事が菜乃花と出会い、真っ直ぐな菜乃花を見て好きって気持ちがどれだけ尊くて、それと同時に嫉妬とゆうものが、どれだけ自分に自信を無くしたり、真っ黒いものになるかを知る。 鷹人はプライドと不器用な性格と粘着質で菜乃花が好きで好きでたまらないのに、上手く言葉に出来ず、不器用な愛し方しかできないタイプ 隼太と菜乃花が付き合い出してから、え?ってくらい中身がドロドロ化していく上に菜乃花は記憶喪失になるし、、 でも、最終的には鷹人も本当に大切にしなきゃいけない気持ちや想いも自覚していき、最終的にはハッピーエンドになるんだけど、ちょっとあっさりな感じがするような、、物足りなさがあったかな? でも、何回見ても好きの尊さや愛しさが伝わる漫画なので、素敵な作品でした。 続きを読む▼
  • (5.0) よかった
    ひいいちごさん 投稿日:2019/6/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 最初は、隼太と菜乃花の可愛くて切なて、お互いに惹かれ合っていくラブストーリーに胸をきゅんきゅんさせながら読んでいましたが、、途中から、あまりの内容の重さと深さに、苦しくなってしまいました、、涙が止まりませんでした。 でもどんどんはまり、夜中に一気に読んでしまいました。 一回読んだだけでは理解できなくて、何度も読み返してようやく理解できたという感じです。 鷹人派の方が多いのかなと思いますが、私は明るく優しく照らしてくれる隼太が大好きです。 ついさっきまで、愛し合っていた人が記憶喪失になり、自分のことを忘れしまっているなんて、計り知れない苦痛悲しみです。ましてや、遠く離れてしまうのに。 隼太がアメリカに行っていた2年、どんな気持ちだったのかと考えるだけで、とても苦しいですが、戻って来た隼太が優しさだけでなく、強くたくましくなっていたし、菜乃花と鷹人の2年、鷹人にとっても大切な時間だったと思うから。辛いですが必要な2年だったんだなと思います。 それを経て最後鷹人が身を引き、隼太と菜乃花があの頃の2人のように…愛し合っている2人に戻ってくれたことが本当に嬉しくて…涙が溢れました。 本当に本当によかった。 幸せな結末をありがとぅございました。 できれば、もう少し菜乃花と隼太のその後を見たかったのが本音ですが、、 ステキな作品に出会えてよかったです。 続きを読む▼
  • (5.0) これは漫画ですか?
    ななこさん 投稿日:2019/3/28
    【このレビューはネタバレを含みます】 第1部1〜7巻は菜の花と隼太がくっつくまでの胸キュン少女漫画、第2部8〜14巻は鷹人が人間的に転落してから本当の愛を悟るまでを描いており、ドロドロした昼ドラのようになってます。絵や言葉の表現力が巧みで伏線も上手く回収されています。心理描写が深すぎるので精神状態が不安定な人は第2部は読まない方がいいかも。読み手がこれほどしんどくなるのだから書き手の精神的疲労はいかばかりか。 記憶喪失設定は必要だったと思います。 それがなければ菜の花と鷹人が両思いにならなかったし、両思いにならなければ鷹人が正しい愛し方に気づくこともなかったでしょう。 つまり最低のストーカー無理心中未遂野郎で終わらずに済んだのです。 私は最初から鷹人派だったので最後は辛かったですが… でも…彼らのこれからの人生はまだ長い。 大学入学あたりで完結したので社会人になってからもう一波乱起きて菜の花と鷹人がくっつくのを見たい。 菜の花に鷹人への好きの気持ちがまだ残ってそうな終わり方だったので続編をつい期待してしまいます。 鷹人派としてはやはり最後が不憫でなりません… 続きを読む▼
  • (5.0) 男の子全員の気持ちが切ない
    そらまめさん 投稿日:2019/12/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 軽い気持ちで無料の2巻を読んだらハマってしまい、全巻一気読みしました。 はじめに思っていた感じから後半は想像もできないようなドロドロ劇でびっくりしましたがそれはそれで読み応えがありました。 始めは特に、男の子の表情1つで胸を鷲掴みにされるようなきゅーんとくる話です。 主人公は菜乃花で女の子なんですが、菜乃花が告白した隼太くん、元彼の鷹人の2人の心理描写がたくさんあり、それぞれ切なくて胸が苦しくなり泣いてしまいます。 それに絵が綺麗で、特にセリフなしの表情にグッとくるところが多かったです。 告白された隼太の表情がもうたまらなくて、それだけで読んだ価値あるっていうくらいに良かったです。 鷹人の切ない顔にもかなり泣かされました。 菜乃花を抱き寄せる鷹人も隼太もかっこよすぎて涙が…。笑 後半烏丸が出てきてからドロドロすごくて記憶喪失にもなるしどう終わるのかと思っていましたが、最後は収まるところに収まりハッピーエンドに。 最後だけ無理やり感が否めませんでしたが、途中思う存分キュンキュン楽しませてもらったので星4.5で。 続きを読む▼
  • (5.0) 感情を描くのがすごくうまい
    oomasaさん 投稿日:2018/11/26
    最後まで飽きさせない漫画でした。 胸にぐっとくるシーンをつくるのが上手で、表情やセリフ、モノローグ、演出など感情を揺さぶるのがすごくうまいなあと思いました。 それだけこっちが感情をもっていかれるから、なんだかんだ言いたくなるし泣けるし一 緒に腹もたってしまう。スルーできないんです。 ストーリー自体はものすごく王道なんですけど、これだけ今までにないように感じさせるのは、ひとえに感情の機微表現のうまさだと思いました。 キャラも人間くさいです。誰も人形じゃない、友達も。一人一人別の考え方をしている。 でも考え方がみんな高校生にしては大人びているので、もっと大人向けの、学生じゃない話をこの絵で読んでみたいとも思いました。 とにかく最後まですごく気持ちをもっていかれて夢中で読みました。そこはそうくるか!という意外性も多分にあり、面白かったです。 キャラが一人一人独立していて、多様性をちゃんと描けているので、学生だけで小さい世界でちまちまやるような話ではなく、この作家の職業ものや専門的なものを読んでみたいですね。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • こんな恋がしたい!
    中学時代の恋愛のトラウマにより、未だに悩みを抱えている綾瀬菜乃花。あの時どうすればよかったのか答えが出せずにいます。そんな菜乃花の心の傷を塞いでくれた、中学3年生である年下の桐山隼太との洗練されたラブストーリー。真っ直ぐで相手を気遣える隼太が最高にかっこいいです。人を想う気持ち、恋する喜びも甘さも、苦しみも切なさも、全ての感情が丁寧に描かれていて、読み手にダイレクトに伝わってきて心に響きます!二人の関係は焦れったくてもどかしいけれど、それが切なく、なんとも続きが気になって仕方なくなります。過去の恋の傷さえも愛おしくなる程のピュアな恋。イチオシです!作家・桃森ミヨシ/鉄骨サロ。他作品に「桃骨 -桃森ミヨシ×鉄骨サロ短編集-」があります。
    営業:カレー王子
▲ページTOPへ